◎市川の「記録の取り方」・(手帳などの取り扱い)について

年齢重ねて間もなく満74歳になります。考えたくないけど「記憶力」は衰えています。昨日は「何を
したか・昼食に何食べたか」などのことなどを,
時には忘れることもあります。

そこで頼りになるのは、「メモや手帳」です。後でと思っても軽く書いたメモは失くすこともあって、
手帳に簡潔にその日の主な出来事を書くことに
しています。

朝起きたときに体重計に乗りますが、体重とともに昨日の出来事を簡単に書くことにしています。
銀行とか知り合いの会社の方などから貰った手帳に
走り書きし、二日ほどたってから「本来の外出時に」
持参する小型の手帳(縦
13a横9aのパイロット社)に転記します。

2年前からはパイロット社の手帳ですが、昭和42年(1967年)から2003年まで同一の会社製の手帳
を使用していました。
そして、その会社製の手帳の全部を保管しています。
 こんなことがありました。1984年の写真が一枚出てきました。ジャンボ機の中でのスナップ写真です。
完全に忘れていたものです。

40年前に四日市の工場でご一緒したFさんと,アメリカ帰りに同じ飛行機に偶然に乗り合わせていて、
記念に撮影したものです。

40冊近い以前の手帳を出して、調べたら、彼とロスアンゼルスからの帰国便に乗り合わせたのでした。
お互いに違う出向会社に在籍していて、
米国出張の帰りに彼が撮影して送ってくれたものでした。
この手帳が忘れていたことを思い起こすキッカケになりました。

このように、普段使いの手帳は昔のことのチェックに役に立ちます。

05年8月29日ニューオーリンズはハリケーン「カテリーナ」で大被害を受けました。ある会で、
この地を訪問した人が「想い出」を書きました。

 私も行ったことがあり「何時出かけたか・ホテルの名前」などを保管していた手帳から、調べることが
出来ました。10年ほど前でなくて、20年前
のことでしたし、ロイヤル・ソネスタ・ホテルの記録も
見つけました。T・ウイリアムズの「欲望という名の電車」の舞台であることも知らずに
ニューオーリンズ
に行っていたのでした。
土曜日の午後に到着し月曜日にデンバー経由フェニックスに行ったことも、この時の手帳は示していました。

 こうなると、手帳は「記憶の補い」に有効と判ります。

 さて、現在はもう一つの「石原・10年日記」も幸いに続けて記入しています。

1992年から2001年が1冊目です。現在の2冊目は2002年から2011年までです.「10分の4」となる
2005年を書いているところです。

 この10年連用の日記帳は「すぐれもの」です。石原さんは、【記録は後々必ずお役に立ちます】
と言っています.その通りです。

 私の記憶は「あやしく」なっており、1冊目の「効用」は顕著です。「普段使いの手帳」は保管
してありますが、「いざ」の時、調査には不便です。
どの年を調べるか・365日をしらみつぶしに
調査しなくてはダメです。

 ところが、石原の10年日記を調べる場合、例えば2月16日では下の欄の1992年から2001年までの
項目(下の欄は縦・横1.5
aでその日の主なもの書いてある)を見ると主な項目を容易に見つけ
られます。確定申告の提出日は9
6年は2月15日だつた。97年の提出は16日と判明します。

私の読売新聞社から出した年金の本の出版記念パーティは1993年の3月25日と調べられます。

 このように、石原の10年日記を大変便利に使用中です。
この1冊目の裏表皮に私は,朝日新聞の「声」欄の投書を一つ張りました。それ(平成12年11月
29日付)
は、70歳の横浜の主婦の方の投書でした。92年暮れにご主人が10年日記を買ってくれた。
その夫が他界し、日記から「二人の犬連れの
散歩など想いだしている」と。
投書の「題」は「生きるあかし私の十年日記」でした。

 私も初めに書いたように、そろそろ 「危険な水域に突入」したようなもので、他人事ではありません。

 そこで、この件の続きです。現在は2冊目ですが、石原さんに直接に電話して、今使っている分と
“同じ仕様で「年号の白紙」のものが無いか“と。
答えは「ナシ」でした。

 私は2冊目(2011年)までは「生きていられるだろう」と、考えています。

過去の「普段使いの手帳」を昭和42年分から持っているので、過去に遡り「1冊目のように」簡単に
主な項目【海外旅行のメモ・何時・何処に転勤した
か・出講の記録その他】を書いておきたい
と考えました。石原社長は「毎年の10年間のものは売っいる、自分で年号をふり、自由に使えるその人用の

10年日記は発売していない」とのことでした。そこでこれに近いものを探しました。

 銀座の伊東屋で「同じスタイル」の10年日記をやっと見つけて購入しました。
石原ものと比較すると、記入欄はやや少ないようですが、「私の目的」

には合います。

 だだ、石原と違い、一番下の「欄」は有りません。少し不本意ですが、探しても「無い」ならここで
妥協します。東京・墨田区の「株式会社・ミドリ」
の発行です。
「自由日記」として、丸の内オアゾの丸善・4階の文具売り場でも売っていました。

 すでに、1冊は持っており(伊東屋)過去の普段使いの手帳の「転記」をしたくて、思い切って2冊
購入しました。

 次のように考えています。@は1982年から1991年まで.Aは1972年から1981年まで.Bは1962年
から
1971年までの30年分の主な「出来事」を遡って記録してみたいと計画しています。

 先に書いた日航ジャンボ機の中でのFさんとの偶然の乗り合わせも、記録があるので簡単に判りました。
容易な作業ではないことでしょう。しかし、
記憶もあやふやになり、この手の「資料」は有益と思います。
 果たしてそんな時間があるか? やりとおせるのか 判らないが、兆戦に値すると思います。

昭和25年から28年まで、の私の早稲田の学生時代の古い手帳も出てきましたし、「海外の旅だけ」の手帳
も残ってあります。学生時代のことなどは,完全でなくても良い。
判る資料の範囲で昔のことなどを
思い起こして観る積もりです。

 とにかく,「やってみたい」が今の心境です。

 今月の22日に「丸善」にて1冊4200円のものを、二つ買いました。東京駅周辺のある会合の前に求めた
のです。重い2冊の日記見てSさんが
ソレ「何ですか」と 聞くので、正直に10年日記(自由日記)の2冊と
答えました。

 Sさんはこう言いました。市川さん「そんなに長生きするのですか」と。ほかの人が来たので二人の対話は
そこで終わりました。

 私は「過去の記録の記入」とは言いませんでした。

 Sさんは、日記を「これからの20年のこと」と判断したのでした。自宅にすでにもう1冊保有していると
言ったら、私が今後30年も生きるための
「日記」とは考えなかったかも。

 過去のことを「記録としたい」とは、贅沢なことかもしれません。

 Sさんとの話で「人との話は難しい」と思いました。過去の記録に憧れるのではなくて、済んだことの
(普段使いの手帳の寄せ集め)簡単な記録を【自分史】として、出来れば作成してみます。
これも、私の加齢のせいかも。

                          以上

          TOP頁「メニュー」に戻る                 市川の想い に戻る