15.  MET美術館の想いで その@ クロイスター

 この「旅の記録」のNo.11に【諸外国での「美術館」など】があります.
また,【TOP頁のメニュー】に【市川の想い】という「項目」もあります.ここの
No.11には,『ルーブル美術館』について,04年度のNHKの「夢の美術館」が
ハイビジョンで,6時間もの長きにわたり放映されたことを書きました.
 今回はニューヨークの「メトロポリタン美術館」での,変わった「体験」について
書こうと思います.

 ソレはこんなことでした.私の始めてのメトロポリタン美術館入場でのことです.
憧れの美術館に初めて入ったのは,昭和59年10月31日の午後でした.
 いろいろな展示品のあることは,充分に知っていました.あれも,これもは,到底ムリ
とは熟知していました.はやる気持ちを抑えてイタリア絵画・ネーデルランド絵画から
眺めることに決めました.

 しかし,何度見ても目標だった「ある絵画」が見つかりません.初めての入館だし
@私が見落とした. A他の美術館に貸し出して展示はしてない.の二つが
考えられました.

 係員に質問する前に,何度も何度も歩き回り探しました.しかし,見つけることは
出来ませんでした.
 私のこの行動が異常だつたのか,ある人から呼びかけられました.私は少し
「かまえ」ました.ラフな服装の男性でした.
 このえたいの判らない人はこう言いました.
「私はこんな格好をしていますが,この美術館の絵画部門のスタッフです」と.
「何か探しているみたいですが,お手伝いしたい.私の仕事場に画集があるので
見ませんか?」
 私はその時,素直に彼に従いました.驚いたことに,「壁」みたいな所を押すと,
別の場所で,そこは彼の仕事場でした.吃驚している私に『貴方の探している絵画
はコレではありませんか?』

 そうです.分厚い本をめくり,彼が示した「絵画」が私の「探していたもの」です.
思わず日本語で「そうです この絵画です」と大きな声を出してしまいました.
と,同時にお礼の言葉を言いました.
 彼はこう言いました.この絵画は「此処には無い」「別館に展示してある」と.

 この絵の正式な名前は【受胎告知の祭壇画(メローデの祭壇画)】です.
作者はロベール・カンパンです.1424年〜30年頃の作と教えてくれました.

 メトロポリタン美術館に「別館」があるとは知りませんでした.このスタッフは
別館の【クロイスター】へ行く道順も教えてくれました.
 狭い彼の部屋の窓際に立ち,バスなどの乗り換えなどを教えてくれました.
時計を見て,今から行っても「どうなるか」と心配していました.
クロイスターに到着しても閉館時間に近いだろいから,明日にしたらとも言って
くれました.感謝して彼の仕事場を離れ再び私好みの絵画を見て,この「美の殿堂」
を駆け巡りました.声をかけられた時,「怪しんだこと」あったが,助かりました.

 翌日,タクシーで行きました.予想以上に離れたところにクロイスターはありました.
小高い丘の上です.もしここでタクシーを手放したら車を捕まえることは難しい
と判断しました.運転手にここで待ってくれないかと頼んだら,OKでした.

 ここ「カンパンの部屋」で《受胎告知》に対面しました.メロード家の所有だったので
「メロードの祭壇画」と言われている事は後日に知りました.
 ここの「一角獣の7枚のタピストリー」も早足で見て,カンパンの絵葉書を記念に
買い,待たせてあったタクシーで,次の見たい場所(エンパイヤービルデング)に
行きました.満足感で一杯でした.

 なお,余談ながら,このビルから出たらすごい人ごみでした.7番街通りは選挙演説で
車はストップしていました.アメリカの大統領選挙の「レーガン対モンディール」の最中
でした.好奇心の強い私はここの選挙演説を少しばかり眺めたのでした.
 ここでは,後で駐日大使となった,「モンディール候補」が間もなく来るという
ご当地の市会議員(と思う)の選挙立会い会場の群集の中にいたのでした.
 選挙権の無い日本人の私にも運動員は「布製の星条旗の小旗」を呉れました.
初めてアメリカを訪れたのに,人種の坩堝のニューヨークだからこそ,旗を呉れた
と,一人解釈して呉れるものは頂きました.上等な旗を3本も頂きました.
 「間もなく来る もう少しで来る」の連呼で,モンディールはなかなか来ません.
旗貰っただけで人ごみを抜けてやっとホテルに帰りました.満足な日でした.

 この晩にニューヨークに駐在中の友人とオペラを観ました.私のメトロポリタン歌劇場
の初体験でした.オペラは「ホフマン物語」でした.
 美術に詳しい友人は《私のクロイスター行きとカンパンの祭壇画》の話を聞いて,
「凄いね.1枚のフレミッシュ絵画を観るために,あそこまで行ったとは」と感心されました.

 実態は,そんなに感心されるものではありません.
ただ,見当たらない画に「ウロウロ」し,親切に教えて頂いたので頑張って出かけただけです.

 このために「カンパンの絵画」は想いでの絵画になりました.

 ◎二度目のクロイスター訪問
 1996年12月19日に夫婦で恒例のウィーンでの越年の前にニューヨークのケネディ
空港に着きました.この時,弟はニューヨークに駐在中でした.
 弟は親切にも空港まで出迎えてくれてホテルまで送ってくれました.
 「甘えて悪いが,こちらに来て半年経つのに,一度もメトロポリタン美術館に行ってない
とは問題だ.ホテルに荷物置いて直ぐに美術館に行こう」と提案しました.
 初めて美術館の地下駐車場から美術館に入りました.その上,弟の車で
「クロイスター」に連れて行ってくれとせがみました.

 成田からの疲れも厭わずに,到着した日に「はからずも」クロイスター再訪は
実現しました.幸運なことでした.
 今度はタクシーを待たせてあるなんて考えなくて,ゆっくりとクロイターに堪能しました.
家内はカンパンよりもタピストリーに強い関心を持ったようでした.

 ◎クロイスターズ(The Cloisters)について.
 今まで「クロイスター」と書きましたが,どうやら正式には「クロイスターズ」のようです.
クロイスターズは,メトロポリタン美術館の別館として1938年に建てられました.
工期は10年間だったそうです.大富豪のジョン・ロックフェラーJrが,マンハッタン
北部の緑に囲まれた静かな丘(フォートライオンパーク)に中世の教会建築をそのまま
移築し,彼の持つ中世ヨーロッパ美術のコレクションを寄贈し「別館」としたものです.
 展示品の中で有名なのが,一角獣(ユニコーン)が狩人に追い詰められて殺され
城に運び込まれるが,後で蘇るストーリーです.
 2階にはタピストリーの他にカンパンの祭壇画もあります.

 05年11月15日にNHKハイビジョンで「メトロポリタン美術館A」を放映しました.
「華麗なるコレクター群像−アメリカ富豪の寄付 」の中で”ロックフェラーJr”の
クロイスターズ寄付のエヒソードを紹介していました.

 なお,小学館の世界美術大全集の14巻(北方ルネッサンス) 370〜376頁の
あたりに,カンパンの3連の祭壇画が出ています.The Cloisters Collectionと明記
してありました.
 また,(株)ボルテックスが出している「メトロポリタン美術館」と言うDVDがあります.
メトロポリタン美術館が世界に誇る珠玉の絵画コレクション512作品をDVDで
鮮やかに綴る貴重な映像美術全集です.
 このDisc 5 の第14章ネーデルランド美術パート1の二番目にも見ることが出来ました.

 私は特別に「カンパンの祭壇画」に拘っていません.ただ,見たい画が無くて困り
あちらこちらと探し回っていた時に,親切なスタッフのお陰でクロイスタ−ズに行った.
 しかも二回も行ったことになります.これは忘れられない想い出です.

 もしできることなら,三度目のクロイスタース訪問を実行したいと思います.

 04年1月にウィーンでの越年の後にパリで数日過ごしました.この時,ルーブル以外に
クリニュー美術館(フランス国立中世美術館)にも行きました.
 ここでの「一角獣のタピストリー」も素晴らしいものでした.私たちは歳とりましたが,
もし可能ならば夫婦で「クリニュー美術館」に再び行き,このタピストリーの前で静かな
時間を過ごしたいと話し合っています.そう.クロイスターズへも行ってみたいです.


    TOP「メニュー」に戻る          市川の旅の記録に戻る