「ライフプランニングへようこそ」市川の「コラム」 

 

●「週間現代02年7月13日号 渡辺淳一氏の連載エッセイ「風のように」からたまたま
買った上記の週刊誌の紹介です。このことについて私の考えをお伝えします。

渡辺氏の「タイトル」は【別れた理由】で、簡単に内容を言うと、「ある編集者の夫婦ケンカ」
の話です。彼は講演会で「男と女」という演題の時には次のように話すそうです。

    今朝、渡辺氏担当の編集者は妻と大喧嘩した。原因は毎朝の歯磨きチュ−ブの扱い。夫は押して
中身が少なくなる分お尻からチュ−ブを巻く。妻は押したまま。彼は気に入らず巻いていたが、
ついにシビレを切らして妻に文句を言った。ただ、それだけ。

しかし、妻は貴方が嫌いなことでと、夫の3倍も妻は自分の不満を喚いたとか。
渡辺は感動したそうだ。この話はすぐ小説になると。題名は「朝のいさかい」とする。

男と女の小説では、「理」でないもの,理屈や論理では説明できないもの――感性、情念の世界が
ある。結婚して14、5年経った夫婦の倦怠と言うか、惰性のままの生き方があるという。

もし、新婚当時なら愛くるしい行為とし、今は許せなくイライラしている。渡辺氏は愛の
ボルテ−ジが落ちて相手への許容度が下がったと見る、夫の深刻な浮気ではない、理屈では説明
できない感性の世界だと言う。「A」にとってどうでもいいことが、「B」にとっては
許せないことになる。実際、こんなことが積もりに積もって、仲違いし極端な場合、
別れることもあると言う、以上が講演の「歯磨きチュ−ブの段」の内容だそうだ。

もともと違う親兄弟のもとで育ち,考え方、習慣、感性その他の違う世界の二人が年頃で,
なんとなく結ばれた。

子供が小さく教育のこととか、家のロ−ンの返済とか二人に共通の,協力する対象があるうちは
OKだ。これらの対象物が無い時は、夫婦はお互い[理解しあう関係]を上手に構築する、
お互いの真摯な努力が要ると私は考える。しかし、惰性もあって「あばたも笑窪」から
乖離してしまう。逆に「許せない・イライラする」と言った感情がどちらかの心の中に
住みつくと、この関係は修復しようも無いかも、これが、異性としての二人の危ない
状況ではないだろうか。

この渡辺淳一氏の講演内容(私は週刊誌を見ただけ)から、判っているようで判らないのが
「夫婦の関係」ではないだろうか?
夫が定年で家の中でブラブラしている。妻はイライラ状態となって、不満たらたらである
ことを「夫在宅ストレス症候群」と表現した、この方面の婦人のカウンセラ−がいました。
(日経新聞の記事)別れないももの夫とは同じ墓には入りたくない、と新聞に書いたある婦人の
ことを以前に読んだ記憶があります。「このようにしたら良い」と私は断言しにくいのですが、
決定的にぶつかる前に、「対話」=理解しあう。夫婦が努力して話し合いをうまく始めるのは、
どうであろうか?
日野原重明さん(90歳を超えた医師)は、「歳とってからも若い者に尊敬される老人になれ」
と言っています。縁あって夫婦となったのです。言いたい事はいろいろ有るでしょう。
夫の定年後の平均寿命は20年程あります。他人でなく、夫婦ですから人生の最終楽章を、
言いたい事が多少あっても、対話=理解しあう二人の努力に期待せざるをえないですね。
以上がライフプランニングを何時も気にしている市川の考えです。 以上

最初に戻る    市川の想い に戻る