ルーブル美術館について

 天皇誕生日の12月23日にNHKは「年末恒例の美術館スペシャル【夢の美術館】」を行いました。今回のテーマは『ルーブル美術館』でした。事前のお知らせでは、”ルーブルの名作から 100点を厳選! 西洋美術の傑作を ハイビジョンで!”と大々的にPRしていました。この番組をご覧になった方も多くおられると思います。私はこの日を楽しみにして、時間を空けてTVの前に居座りました。 
結論から言うと、大満足でした。午前10:00から11:54まで。午後1:00から5:00までのおよそ6時間もの「長丁場」の番組でした。第1部「これがルーブルだ! 名作中の名作大集合」 第2部「ルーブル発!時空の旅」 第3部「王と民衆の夢 ルーブルコレクション物語」の「3部構成」になっていました。
 ハイビジョンを観ると同時に「録画」もしました。デジタル-VHSの360テープを使用して、STDで6時間録画しました。午後の3時ごろには、内容が良いのに「つかれ」て横になりたいと思ったほどです。しかし、頑張って全て観ました。我ながら良くやったと甘い点を自分に与えました。
 ルーブルには何回も行きました。私の最初は1972年ですので32年前のことです。夫婦でルーブルに入ったのは、1986年ですから18年前のことです。仕事・私用でのヨーロッパでのルーブルは勘定していませんが、かなり訪れたはずです。
美術好きの私はこの美術館に思い出が沢山有ります。23日の番組観て順不同にその時に感じたことを書くことにします。なお、一番新しい訪問は04年の1月でウィーンからの帰りです。年齢からしてツァーの参加が楽ですが、同じ都市でゆっくりしたいので夫婦だけの個人旅行となってしまいます。「ロワール川めぐり」(日本語バスツァー参加)を入れて、パリ滞在は5泊でした。パリ市内で実質的に動ける日は3日なので、今回初めて「カルト・ミュゼ・モニュマン」【パリの美術館・博物館の共通の入場パス】の3日用(30ユーロ)を買いました。行列せずに入館できることとオルセー・カルナバレ博物館・ピカソ中世博物館・モロー美術館その他も3日間ならフリーパスです。ルーブルには3日間とも行く積りでした。
 さて、ルーブルです。この番組を観て、「エーそんナのあったの?」というもの
幾つかありました。100点のベスト作品の中で、ブラックの天井画、オリエントの大理石像、「赤エイのある静物」ある宗教画などを見つけました。正確には未だ計算していませんが、15ヶ位はあったかと思います。家内も時々はTVの前に居たのですが、ナニが私達の最高のものか、後で紙に書いてお互いに「好きなもの」を提示しあおうと話しました。いずれこの番組に触発されて実行したいものです。
 しかし、始めて教わったことも数々あって、「ためになる」番組でした。
ただ、驚いたことがありました。ソレは家内の私のルーブル訪問時の「対応」についてです。以前は私を連れまわして、イタリア絵画だ、ギリシャ・ローマ彫刻だ、古代エジプト美術に行く。また、オランダ、フランドル、ドイツ北方絵画で「フェルメール」の2点を探すなど元気があった。今年の正月は疲れたのでもうホテルに帰る。以前と違いましたね!と指摘されてしまいました。最初はドノン翼だけでしたが、大蔵省も抜けてリシュリー翼とシュリー翼も完成して「名画」を探すのにかなり歩きます。折角来たのだから、「アレも コレも」と欲張ったのは確かです。「ラトゥール」の「大工の聖ヨセフ」を君に見せたい。アレキサンダ大王の4つの大作も見せたいとか、美術館の中を駆けずり回りました。しかし、だんだんと歩みが遅くなったことは事実です。この正月もオルセやコンシェルジェリ・サントシャペルなどにも行き、ルーブルへは2回の入場だけでした。この指摘には参りました。これも、今回のNHKのおまけの事柄でした。
 録画したので何時でも繰り返して観ること可能です。もう一度、ビデオをチェックして、「見逃しのもの」・「再確認したいもの」など、元気のこるうちに もう一度パリに行かなくてはいけない。コレが今回の夫婦の結論でした。
 いままで、展示室18にある「ルーベンス」の連作の「マリー・ド・メジシスの生涯」を何度も観たのに、「マリー」と「カトリーヌ」(王妃マルゴの母親)の区別があやふやでしたが、今回のTVにより、よく判りました。今回の放映は「こんな利点」もありました。現地で求めたDVD、書籍などの他に10年以上前に買った【ルヘブル美術館の絵画】(高階秀璽・監訳)と言う重たい「本」も書棚にあります。
思い出の「ルーブル美術館」関係で、今回は6時間もののビデオも追加されました。
世界の宝物をこれからも新しい視点で見直して見たいと、老夫婦は話し合いました。この意味で、観るのに「苦労した」などと贅沢はいえないのです。ハイビジョンの鮮明な画は我が家にふって沸いたクリスマスプレゼントでした。そして、もう一度パリに行く積りです。
 なお、余計なことですが、この入館に時間かかること時々ありました。あのビラミッドから入ると「行列」です。しかし、メトロの「パレロワイヤル・ミュゼ・テュ・ルーブルで降りて地下から入場すると (並ばなくて入れます)」このことはNHKなどのTV局でまえにみたことが有ります。3日有効のパスを買いましたが、1回だけの入場でも、ピラミッドと言う正式の玄関から出なくて、地下の商店街に行くとメトロと同じです。これから行かれる方、御参考までお知らせします。
 なお、この後に用事で東京の銀座に行きました。銀座7丁目あたりに【美術館共通有効パス】を販売している所を偶然に見つけました。名前は「ミュゼ・ド・フランス・インフォーメーション・センター」です。私がパリの地下鉄(メトロ)で買ったものを東京で販売しているのです。もし、3日間有効のものなら、美術館に入る時に先方の係員が入った日を書きます。ここは、各美術館の情報を知ることが出来る施設です。版画・ネクタイ・向こうの美術館の売店で売っているお土産も売っています。
棚にはルーブル美術館で貰う「館内見取り図と館内案内」の日本語版もありました。
ただし、閲覧用です。棚に1部しか置いてないのて、現地で手に入れて下さい。(その後に復習としてここに行きました.その時は「館内案内」は置いてありました.
 置いてある時もあり,無い場合もあるのでしょう.ここを目的に行くのなら事前に予習として行かれて予習をすることを切にお勧めします.「現地で手に入れて」情報を訂正します.
 こんな便利な所があるとは知りませんでした。NHKの番組から「ルーブルずいている」のに吃驚しました。ここに来た記念に【ルーブル美術館の秘密】というDVDを買いました。85分です。職員の舞台裏の各種の出来事など(消防訓練・展示の検査・ブロンズ像を持ってオタオタ運搬する様子・ガードマンの巡回などなど)で素晴らしいものと思います。しかし、お値段は5670円で安くはありません。
 私の好きなシャルル・ル・ブランの巨大な絵画「アレキサンドロス大王とポルス」を展示する様子が出ていました。学芸員のために映像を記録したもののDVDです。
なお、これは劇場公開作品てすので、ご覧になった方もおられるかも。時々見直して楽しみたいと思います。


ここで,【メゾン・デ・ミュゼ・ド・フランス】の住所と電話番号などお知らせします.住所は東京都中央区銀座7−7−4 です.銀座通りの銀座松屋に近く,「すずらん通り」と交詢社通りの交わる場所に【交詢ビル】があります.
 この交詢ビルの隣の建物です.TEL:03-3574-2382  FAX:03-3574-2383 私の自宅にここから月に1回Mail(MMF News)が来ます.アドレスを申告したからです.届いたmailのアドレスは次です.
必要なら 連絡されては如何ですか. news@museesdefrance.org が届いたmailのプロパティからの転記です.念のため確認してMMF News を受信されること お勧めします.

私は家内と二人で近くパリを訪れて ルーブル美術館を中心に クリニュー中世美術館(タヒストリーを見たい)ロダン・モロー ギメ美術館などの再訪を計画しています.

  修正です。 ⇒ 2006年5月 確認したら【カルテの販売は 止めました】 また,有効期間の日数も 変更があったみたいです。

  再び修正します。市川の家に MMFから2006年8月1日18:02 受信で 次のmailがありました。
      
      1.MMFにて「パリ・ミュージアム・パス」の販売を再開しました!-- パリとパリ近郊の美術館・博物館などの便利なフリーパスです。

    
お騒がせしてしまいました。しかし,良い知らせなので 【再修正します】 再度の修正です』  MMFの市川宛のMailは,よく読みますと 「2日間」だけのパスでした。注意のこと
この機会に 2006年7月下旬の 市川夫妻の 新しくなった PARIS  MUSEUM  PASS の初めての行使について記します。(旅そのものについては 【メニュー】の市川の旅の記録に いずれ載せるつもりですが) 
 今回はイタリーの10日間(JTBに経由の・グローバルと言う会社が行う団体旅行に参加した) 何時ものように最後に団体と別れて,2人だけの「パリの休日」としてオテル・ド・クリヨンに6日間宿泊する事にした。
 銀座でこのパスを簡単に買えると 軽く思っていたが「あてはずれ」になって困った。電話の問い合わせでは,パリのメトロでも 売らなくなったと聞き 慌てました。
名前の変わる以前の「古いカルテ」は在庫のあるうちは売るが 無い とのこと。《出国前に時間があれば 別の団体に申し込み・支払い》すれば,日本でも購入できるようです。
このことは知ってはいましたが,旅の準備などで忙しくて もう間にあいません。カード会社のJCBのパリ支店(バンドーム広場にある)ても売っているですが,ミラノからパリに2人の移動の日は土曜日のために休日で買う事が出来ません。
では, どうしたのか。クリヨンにMailして ホテルに到着したその日から使いたいと 依頼しました。(市川の希望の6日間有効バス。 60€/人を2人分 14:00到着時に 渡すとの 有り難い返事は 「嬉しい知らせ」 でした。
なお,JCBでは「6日間のパス」は 置いていないと 後で聞きました。6日間有効を求める人は少ないのかも。

・ホテル到着時に受け取ったのは カードサイズのモナリザの顔(上の半分)と 「6」 の ロゴ入りの折りたたみ式の パス でした。フランス語・英語など5ヶ国ごの使用説明・60ヶ所以上の 使える場所などの説明が細かく書かれています。
・インターネットで調べると,施設によっては,欲しい日数のものが無い。最初の入館時に 『入館日』を記入するが,日本人の「数字」とフランス人の書き方の差のため モメ て 問題になったとか。「7」と「1」など。
 このために,最初の使い始めの国立中世博物館(クリニュー美術館とも言う)に入る時には,係員に a partir valid from つまり 有効期間の開始日 を 書いてもらった。
・使ったところは 国立中世博物館,サント・シャペル,ルーブル美術館,オルセー,ロダン 改装後のオランジュリー美術館など。ルーブルは迷宮ですので複数回行きました。ギメ・モローなどは疲れて止めました。行使できないマルモッタン美術館へも行きました。
・ルーブルの入り方はここで書いたとおりです。夏の暑い中 リボリ通り沿いの 広場ののピラミットからの入場は 並ぶし疲れます。健康にも悪いと思います。地下の商店街 つまり 地下鉄のこと。 リボリ通りから降りると 直ぐに 「自動発売機」あります。
・クリニューの後,今 はやりの「ダ・ヴィンチ・コード」に私もあやかって サン・シュルピス教会に入り 子午線の ローズ・ラインを見てきました。この後に近くのサント・シヤペルに 並ばずに 入場できました。夏日のスティンド・グラスを螺旋階段で昇りますが,
 内部は広くない為か 入場の制限もしていたみたいでした。暑い中を並んで待つのは 大変です。「パス」 さまさまと 感謝しました。

私は今回。奮発して6日間のパスを買いました。思ったよりも入場の回数が少ないのは,体が 昔と違い ルーブルなど駈けずり廻りの連続で 「疲れ果てた」のが実態でした。パスを求めた事は 良かったと 総括しています。する

  
 市川は このパスのを 使う事を お勧めしたいと思い書きました。有効期間の間で ランス,モンサンミッシェル,ロワール川巡りなど 中断する場合もあることでしょう。
   有効の期間は 継続する期間だからです。しかし,便利です。

       お断り 美術館のHPなのに PARIS  MUSEUM  PASS について 「再修正」など ”書き足し”など 混乱させてしまいました。ごめんなさい。
       近く PARIS  MUSEUM  PASS について 独立したHPに 再構築します。パリに行き美術館巡りをされる方には 便利ですので是非お伝えしたいのです。

       TOP頁「メニュー」に戻る               市川の想い に戻る