ライフプランニング・コ−ナ−

     人生80年時代です。
 一時代前は人生50年と言われていました。最近は人生80年の時代です。
ここ、50年ほどで、
寿命が30歳も延長したのです。50歳から80歳に伸びたことは、20歳から50歳までの「働き盛りの
30年間」に相当する期間を「手にした」ことです。
 「長生きのリスク」も考える時代となりました。生活にはお金も必要ですし、「健康」も気がかりです。
それにもまして、ご夫婦の場合はお互いに「ハ゜−トナ−」がいます。
 長年サラリ−マンだった夫が定年で「家」にブラブラすることで「妻は困る・・・」と言う統計もあります。
「濡れ落ち葉」・「粗大ごみ」などと さげすむ 言葉もあります。 妻は夫の定年後の家にいることで、
自分の生活が乱れて困ると言うのです。人生80年時代、各人のライフプランニングは大切です。

   ライフプランニングのすすめ
 ご夫婦の場合、そう簡単には作れません。人生の闘いで連れ添ったパ−トナ−がいて、
子育ても終え、地域に根を下ろしたその妻も自己主張し始めています。
 自分(たち)の長い老後の生活を逃げずに考えましょう。
(予想以上に難しいのです)  ・・・脅かすつもりはサラサラありませんが・・・

 会社の仕事このことはできても、自分や夫婦のこととなると逃げ腰になってしまう人が多いのです。
だから あえて挑戦して下さい。初めから100点満点の計画案を作ろうとしない。
 少しずつ軌道修正し、自分(たち)のプランとしましょう。
=====================================
 ここで、私の体験など少しお話します。
市川は味の素(株)に35年間も勤めておりました。この会社で最後の勤務は「味の素厚生年金基金」の
常務理事の仕事でした。
 ここで昭和62年に同基金の「年金ライフプラン」セミナ−を立ち上げました。
長年の企業戦士が退職後に軟着陸してもらうための研修です。しかし、新しい試みのため最初は「会社の
肩たたき」に年金基金が協力していると疑われました。
 ●セミナ−の趣旨●
 50歳代の半ばにもなれば、既に老後の人生設計が出来上がっていらっしゃる方もいると思います。
 しかし、毎日の仕事に追われて、まだはっきりと設計が出来ていない方もいると思われます。

 世間一般では老後のことを考えることそのものが怖い、いや怖いとまではいかなくても、逃げ腰に
なっている方も意外に多いようです。

 60歳からの人生が平均でさえ20年と言われる今日、老後が不安でない人などいないのではないで
しようか。老後の設計がある方は、「果たしてその設計でいいだろうか?」と言う不安は残るでしょう。
まして、未だ設計がなされていない方は文字通り不安なことと思います。

 そこで、今アメリカや日本をはじめとする先進国では、一流企業や労働組合等が「自分達夫婦の老後を
真っ正面から考える」ためのセミナ−を開催しています。
========================================
 このようなPRの文章を作り配布しました。
●単身の方はご自分の、ご夫婦なら自分たちの「本当にやりたいことは何か?」を探すことは
大切です。しかし、そぅ簡単にはいきません。
「自分のこと」はやさしくないのです。ライフプランセミナ−などで、努力して作成し、その後5年
10年経過して、見直しして下さい。
 結構良い線を歩んでいたと「判ります」。私の場合喧嘩しそうになつたが、お互いに我慢して
やっと作成しました。私事ですが 恥ずかしながら 1987年11月に作った市川夫婦のライフ
プランの実物をここに公開します。⇒こちらをクリック
=========================================
●今日の日本のありようは、不況で閉塞感が重くのしかかっています。経済も財政も重症です。
以前のような「ハッピ−・リタイヤメント」の時代ではありません。
 会社の倒産、合併、吸収とかの大変な時代です。
自分の定年の前に、勤めた会社そのものが あるかどうか・・・・と言う心配もあるのが現状です。
=========================================
●私は平成元年から12年間、社会経済生産性本部(JPC)にて「ライフプランニング実践講座」の
第1日の「基調講演」と第2日の「まとめ---ディスカッション」を担当しライフブラン作りの「お手伝い」
をしました。PREP、厚生年金基金、会社、労働組合、井上企画、その他の各実施機関の取り組み
を紹介しました。人事、労務担当者が自分たちの組織は「どのように」セミナ−を立ち上げるかの講
習会です。そこでも話したし、いろいろな場所でもお話していますが、「定年後の心配ごと」は、次の
「三つ」です。


              

                       
TOP頁「メニュ−」に戻る