市川 孝二の紹介
1931年、東京都出身、早稲田大学 第一政経学部 卒
1954年、味の素(株)に入社し、労務・人事部門を主に担当
    三工(株に取締役として出向
1981年 味の素厚生年金基金の常務理事に就任
1989年、退職

在職中より企業並びに官公庁等における
生涯生活設計の講義、指導等にあたっている。

読売新聞社、保健同人社、日経事業出版社、社会保険広報社、
SSコミュニケ−ションズ社他に執筆。
読売家庭経済新聞、読売新聞全国紙(月曜日)の年金欄「YEN」を
平成10年3月まで、10年6ケ月間担当する。

現在、社団法人 中高年齢者雇用福祉協会【PREP】主任講師。
市川ライフプランニング・オフィス代表  年金評論家

なお、日本生産性本部(現在は社会経済生産性本部)の
「ライフプラン実践講座」の「基調講演」、2日目の「ディスカッション」を
平成元年から平成12年迄13回担当した。

●主な著作物の紹介−−−読売新聞社より
・これでOK! サラリ−マンの年金(1992年12月6日発売)
・改定新版 これでOK!サラリ−マンの年金(1994年10月13日発売)
・最新版  これでOK!サラリ−マンの年金(1997年9月11日発売)

               老後の生活設計を考えるうえでの必携の書。
    寿命が尽きるか、貯金が尽きるか・・・
    世界一長寿になった私たちのそんな不安を解消して
    くれるのが公的年金
    そのすべてを、最近の数字と豊富な実例をあげて
    わかりやすく解説。
    老後の生活設計に必読の一冊!
      
このPRのコビ−は 読売新聞社・出版局の岡本氏が市川
        の本の帯に書いてくれたものです。市川は恥ずかしいので
        すが、そのまま使いました。「年金の貰い忘れ」など、
        掲載中に多くの読者から強い反応があったことは事実てす。

          TOP「メニュ−」に戻る