年金コ−ナ−A
 私はライフプランセミナ−て゛、各人の夫婦の公的年金
(企業年金あればコレも)
大胆に推計し、年金の総額がどれくらいになるかなどをお手伝いしています。
しかし、時間はかなりかかります。
  夫婦の年金の集計・退職金又は企業年金+(あれば個人年金)+その他の
    個人の資産(住んでいる家屋)
などを全て集めますと、かなりの金額になります。老後のことは体験してなくて、皆さん
不安です。この不安解消のセミナ−に参加して良かったとの感想を多く聞きました。
==========================================
 しかし、なのです。厚生年金などの公的年金は 年金法の改正 の度に、ますます
複雑になってしまいました。特に、総報酬制の実施で、極端に難解なものになりました。

■従前保障額=給付適正化前の年金額を保障
平成12年改正で5%給付適正化された計算式となりました。しかし、総報酬制実施後も
従前保証は引き続き行われるため、適正化前の旧計算式で計算した額と比較して多いほう
の額が保障されます。
 ▼従前額保障の計算方法
 
老齢厚生年金  = 総報酬制実施前の期間分 + 総報酬制実施後の期間分
 (報酬比例部分)   (平成15年3月まで)    (平成15年4月から)
      平均標準報酬月額×7.5/1000×平成15年3月までの被保険者月数×1.031

          平均標準報酬額×5.769/1000×平成15年4月以降の被保険者月数×1.031
◎この場合の計算例
  
夫:昭和23年10月生まれ 厚生年金加入期間 450月平均標準月額35万円、平均標準報酬額46万円
   妻:昭和26年10月生まれ 国民年金保険料納付済み期間 360月
夫の年金
 (60歳から63歳の年金) @=1.208.800円
  @報酬比例部分=350.000円×7.5/1000×384月+460.000円×5.769/1000×66月×1.031×0.991
                                =1.208.800円
 (64歳の年金)     @+A+B=2.344.800円
  @報酬比例部分  =1.208.846円
  A定額部分    =1.676円(定額単価)×444月×0.991(平成15年スライド率)=737.447円
  B配偶者加給年金額=398.500円

 (65歳から67歳の年金) B+C+D+E=2.354.500円
  B配偶者加給年金額=398.500円
  C老齢厚生年金  =1.208.800円(端数処理)= (報酬比例部分)
  D経過的加算   =0円(A定額部分<E老齢基礎年金 のため)
  E老齢基礎年金  =797.000円(平成15年度満額)×450月/480月=747.200円(端数処理)

 (68歳以降の年金)   C+D+E=1.956.000円
  配偶者の65歳到達でBの配偶者加給年金額が0になる。

妻の65歳以降の年金    F妻の老齢基礎年金+G妻の振替加算額=674.200円
  F妻の老齢基礎年金 =797.000円×360月(保険料納付月数)/480月=597.800円(端数処理)
  G妻の振替加算額  =76.400円

  
市川のホ−ムペ−ジの(TOP頁)の中ほどに ●年金経過措置一覧表(こちらをクリック)があります。
   平成15年度価格の新しいものです。
  
  年金の計算は益々面倒になってしまいました。この年金経過措置一覧表を使って各人の「基礎の数字」
  を この計算例にならって 入れて 計算して下さい。

■年金について 判らないことありましたら、社会保険事務所などに出向き 聞いてください。
 勤め先の人事担当者、知人で年金問題に詳しい方に質問する方法もあります。

この計算例の夫婦の生涯の年間の額は どれくらい になるでしょうか? (大胆な推計です
 夫は82歳まで、妻は87歳まで生きていると仮定します
(平均余命の通りに生存すると仮定)
  夫は60歳から82歳までの合計=43.583.500円
  妻は65歳から87歳までの合計=24.563.300円  
妻の遺族厚生年金=1.006.300円
         二人の累計 =68.146.800円  
 夫の報酬比例部分(1.208.846円×3/4)+99.700円(経過的寡婦加算)も計算した。
  
▲この計算はJADAの「ないすらいふ情報」の79頁の「計算例1」を使いました。これを基に生涯の年金を計算したものです。
  しかし、年金法の改正もあり、生涯の年金額は異なることもあります。あくまでも、参考として下さい。
  特に、遺族厚生年金を改正しようとの動きもあり(HP 年金Q&A 14 の 【老齢転びの遺族への支給】
  を廃止したいとの動きがあり この部分も見て下さい)

 
 将来のことは予測できません。天変地異とか隣の国からミサイルが飛び込んでくるかも知れません。ただ、
不確定の要素があっても、とりあえず 夫婦の(今現在てすが)年金の合計は6000万円を超えるので、その他
の退職金、家屋などの不動産や「へそくり」など、あらゆるものをかき集めて 自分のライフプランを考えて見て
は如何でしようかと提案します。
 夫が再就職するとかで、この試算は変わります。(賃金は殖え、このために在職老齢年金などでかなり変わり
ます。また、加入期間の増加もありえます)

    年金コ−ナ−@に戻る        年金コ−ナ−Bへ行く