人生の午後の時間
 旅に出かけて見知らぬ土地を歩くことは大好きです。講演先などブラリと一人で歩くこともありますが、外国の街を夫婦で
地図を頼りに訪ね歩くのが好きなのは、二人とも好奇心があるからだと思います。勤め人生活36年、58歳で脱サラして、
執筆と講演活動の生活に入って12年になりました。以前の「宮仕え」と違って「自由業」で何時でも旅行ができるかというと、
そうではありません。雑多な用事もあるし、コマギレに仕事を引き受けてしまうと旅には出られません。
 日経産業消費研究所の調査では、シルバ−世代の消費意欲は非常に高く、生活を楽しむためにお金を使いたい(旅行やレ
ジャ−など)とのこと、フルム−ン旅行を楽しんでいる夫婦もいますが、妻は夫とは別の余暇を求めている−−「海外旅行など
夫より友人と行きたいと思う主婦の方が多い」との調査(余暇開発センタ−)もあります。
 女性誌などでは「やりたいことの1位は気のおけない友達との旅」で、旅に出てまで夫の世話ができますか?との捨てセリフも
ありました。会社人間だった夫が定年を契機に妻に接近しても、妻の反応はいまひとつとボヤく人もいます。また、二人の旅の
最中に些細な事でケンカをしてしまったと話す友達もいました。
 人生80年時代、定年後夫婦はおよそ20年間生活を共にします。長く生きることがあたりまえの世の中になり、逆に長い老後の
不安がでてきます。生きていくためには、@健康 A経済 B生きがい などが気になります。
 夫が定年で家にいることが多くなり、急に身体の不調を訴える妻が増え、これを「主人在宅ストレス症候群」と言うそうです。
企業の中で奮闘し会社人間だった夫。子育てが終わり家事や地域とのつながり、友達との付き合いをもっぱらにしていた妻との心
の葛藤です。子供の育ち盛りの場合、進学とか、家のロ−ン返済など「協力する」ことがありました。協力する対象がなくなった
定年後はお互いが「理解し助け合う」夫婦の関係へと変えることが肝要となります。今の年金受給者は、ほどほどの年金を貰って
いるようです。退職した後の生活の態様は、各人様々ですが、実りのある生活を送りたいものです。お金あっても、粗大ゴミ、濡れ
落ち葉などと言われぬよう、夫族の奮起、反省も必要です。
 人生にとっての幸せとは、「自分の好きなこと」ができることではないでしょうか。夫婦の年金や貯蓄を活用して二人の好きなこと
ができるよう「対話」が重要です。定年後の長い生活期間をどのように過ごすか、「ライフプランニング」のセミナ−が各方面で実施 
されています。40歳から50歳台の方も受講しています。年配者は今から、在職の方は若いうちから自分達の計画を考えましょう。
 「では、お前さん、上手くいっているのか?」と問われると、困るのです。なにせ、相棒がおります。「終わりよければすべて良し」
とするため、二人で努力中です。夫婦合作で「人生の午後の自由時間」を有意義に過ごしたいと努めています。「元気に百歳」クラブ
の皆様方は、人生の練達の方々です。機関紙を拝見して驚きました。皆様素晴らしい人たちです。また会合に出席して、エネルギ−を
貰いました。二人のこれからの参考にさせてもらいます。「人生の後半こそ、輝きなさい」を目標に。

 
この文章は94年5月早稲田学報の「ずいひつ」欄に出稿したものを「元気に百歳クラブ」会報@に一部修正して寄稿しました。会報@の編集長の熊谷 真さん が私の
 文章の余白に ユング の言葉 として 引用しました。転記の許可をえたので、載せます。
 
「人生の時間について」⇒人生に午前と午後がある。人生の午前の時間に、人間は子孫を生み育て、金をもうけ社会的地位得るという仕事をする。これが第一の目的、自
 然の目的である。人生の午後の時間に人間は多くの問題を自己の内部に見出さければならない。ここから第二の目的、文化的目的が生まれる。もし、自分の人生の設計が、
 午前だけだと思う人は、人生80年の後半は、いきるというより、ただ生のびているにすぎない。 ユング 「無意識の心理」から 

          最初に戻る           市川の想い に戻る