○平成三十年 上  何もしなかった日本      堺屋太一 著   朝日新聞社 定価1600円+税
今から16後の暗い未来像に込められた警告
○平成三十年 下  天下分け目の「改革合戦」  堺屋太一 著  朝日新聞社 定価1600円+税
 この本に描かれているのは、16年後の暗い未来の予測です。1ドル300円の円安で、360円まで行くかもしれない。消費税は20%になりそうだ。インフレと不況、高齢化と高失業。貿易収支の大幅な赤字--。
 日本は経済の地盤沈下が進み、財政、貿易、企業赤字の進行など危険海域に入る。
 「油]断」、「団塊の世代」など以前に「警告」のメツセ−ジを発信した著者が、緻密な予測で沈滞した日本の行く末を、描く警告の書。
 「暗い未来像]に込められた警告の数々は、現在の社会に対する提言です。この本は97年6月1日から98年7月26日まで、朝日新聞の小説欄をにぎわしたものです。
 しかし、連載の終わった後に、「本」は出版されませんでした。その訳は連載の終わった後に、小渕内閣の経済企画庁長官になり、景気振興と経済構造の改革の当事者となったからです。修正加筆の時間が無かったためでした。
 この4年の間に、内外の情勢もななり変化したので、今回の出版では大幅な加筆・修正を行いました。
 著者はこの修正・加筆で、新聞連載という枠組みに捉われることなく、長編小説に仕上げることができて満足であったと「あとがき」で言っています。
 織田大臣の香港返還時の出張(1997年)が、2017年(平成29年)の香港返還20周年祝宴に変わったし、主人公の木下和夫は1997年こに郵政省に入って、産業情報省のキャリアになるなど時期は変更しています。
 新聞連載当時の予測に比べて金融などの企業構造の変化と情報産業の発達は予想以上と著者は言います。その一方で、変わらなかったのは官僚主導の体制と安全、平等、ことなかれの思想で、21世紀に入ってからむしろ強化されていると断言しています。
 著者は「団塊の世代」の命名者です。主人公の父親の木下昭夫は団塊の世代で、何度も年金に裏切られた。父が60歳になった年には64歳からに、64歳になった年には66歳に、そして66歳になつた2014年には67歳からに引き上げられていた。息子の和夫は団塊ジュニァの生まれです。(ついでながら、著者は団塊ジュニァの子供を「団塊サ−ド」と言っています) 親子で「昭和」の字を用いています。
 木下和夫と妻、長女との会話、義父母の介護の問題、叔父の過疎地の生活状況などの事柄。中央官庁の仕事振りと政界、財界の関係。異端改革者の織田信長をモデルとしたらしい、織田大臣の体制内改革者のエネルギッシュな大活躍。口では「改革」と叫ぶが、「変化」して欲しくない人たち。陰鬱なム−ドの中で花をそえるのが、「34歳の伸びやかな肢体の持ち主」、自動車課長補佐のキャリァ・ウ−マンの波多初芽という存在。
 暗い予測ですが、改革諦めのム−ドに強い警告を込めています。
 著者の筆力と構想に感心。良く売れている本と聞きますが、心ある多くの人がこの本を求め、わが国が「遅進国」に陥り、「夢」のない近未来とならないように願いたいと思います。「政治家」が悪いと批判するのは簡単です。その「政治家」を選ぶ生活者・主権者としての私たち国民の問題と思います。さて、「官僚組織」はどうすれば良いのか?
 
                最初に戻る