◎受給中の年金減額案が浮上した

 Q 私は66歳で厚生年金を受けています。最近新聞などで、受給中

の年金額を減額するとかの暗いニュ−スが出ています。この辺

を説明して欲しいのです。

 A 最近の新聞では2004年に予定している公的年金制度改革の中

で、高齢者が受給中の年金を減額する案が「検討課題」として急

に浮上してきました。

   今までは痛みを伴う改革は現役世代を対象にしていました。また、

少子化が予想以上のペ−スで進んでいます。

過去何回か

@ これからの年金額を5%減らす。(厚生年金)

A 保険料をあげる。

B 年金受給者の数を減らす。(支給開始年齢を遅らせる)などの方

法をとってきました。このままでは世代間の不公平感が広がって

しまいます。

   今年7月2日社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)年金部会で

の「支給中の年金カット案」が報道され、年金局に年金の受給者か

ら電話が相次いだようです。年金局ではまだ決まっていないと答え

たそうです。

   これらは、社会保障審議会の年金部会で、高齢化が進む中で年金制

度を支えるはずの赤ちゃんの出生率が過去最低を更新し、このまま

では年金財政はパンクするとの厳しい見方が大勢を占めたためです。

   国民年金の空洞化(個人のレベル)だけでなく、厚生年金の保険料

を逃れようとする企業も出てき、事態は深刻です。

新聞の社説などでも99、00、01年と3年間連続した年金物価スラ

イドの据え置きに反対の意見を述べています。(3年の累計はマイナ

ス1.7%と推定)

   貴方の言われるように年金受給世代にとって、心もとない,いや、

心配な報道のオンパレ−ドです。

この様な状況の中、現役世代の保険料負担が重くなる一方、豊な高 

齢者まで一律に弱者とみなす必要はないとの考え方が強くなって

きました。高齢者を一律に経済的弱者と見てはいけない。この考え

方から、社会保障審議会の年金部会では、今の65歳以上の年金受

給夫婦は、現役の給与所得者の夫婦と比較して恵まれているとし、

現行の「公的年金控除」を見直して、年金税制を強化すべきとの意

見が大勢を占めています。

   2004年改革では、国庫負担の引き上げ(1/3から1/2)少子化への

対応、パ−ト労働者の問題、国民年金の保険料未納問題など問題は

多いのです。

   このような厳しい情勢ですので、厚生労働省は年金受給者の「既得

権」に手をつけざるを得ないと判断したようです。ただ,「財産権

の侵害」にもつながる可能性もあって、厚生労働省は慎重に検討す

る構えのようです。また、強い反撥があると見ているようです。

米国その他の年金制度を参考に、税制改革と連動して控除の廃止な

ど実質的な年金額の引き下げも政府の内部で検討しているようです。

   厚生労働省は7月2日、改革の論点を審議会に提示し,先の既に受

   けている年金額の削減、保険料は一定水準に固定する「自動調整制

度」の導入も課題としています。

   若者の公的年金制度への不信感を払拭さすため、加入者に対する情

報提供サ−ビスを強化するとのことです。年金受給額を50歳から提

示する。ポイント制とし自分の年金額を知り、老後の経済生活の目

安にするなど、公的年金制度の空洞化に歯止めをかけるような方法

も考えています。

   このような情勢ですので、「既得権」も失う可能性は少なくありませ

ん。「老」と「若」の世代間の争いとならないように高齢受給者も覚

悟をきめ、生活の見直しも必要になると思います。  

 

        最初に戻る     市川の想い 戻る