◎夫婦の関係について (働いている時とリタイヤ−後)  020923作
 朝日新聞の9月22日に「行ってきます」と言う名前の投書がありました。【ひとと
き】と言う欄でした。投書した人は名古屋に住む50歳の主婦です。
何年か前は「行っていい?」で始まった一人旅。回数を重ねるに従い、「行かせて
もらいます」に。そして、まだ小声ではあるが「行ってきます」に変わったそうです。
残業続きで休みも取れない夫から見れば、妻の気ままな一人旅は贅沢と思うだろ
う。妻は遠慮がちに出かけるが、土産は夫の好きな地酒と書いてありました。
 多分夫は53歳から55歳位の年頃で、「気ままな一人旅が趣味」の妻に合わせて
いるのでしょう。もし、一人で生活できない夫なら旅に行かせないこともあるでしょう。
また、夫が病気なら妻は贅沢しないでしょう。
ワンマンでなく、妻の希望を「かなえて」あげる度量持ちの夫と思います。
 私なら妻の一人旅に「どのようにするか?」を考えました。
 私事ですが、妻の親しい友達と3人で「京都に行っても良いか」と言われ、マァ、
「仕方がない」としぶしぶOKを出したことを思い起こしました。そういう時に限って
急に気候が変わり「長袖シャツ」が無いと困惑したことありました。
 さて、同じ朝日新聞の家庭欄に「シクスティ−ズの日々」 【仕上げの時 助走の時】
と言うタイトルの3回連続のコラムがありました。
久田 恵さんが書いたものです。(8月21日から9月4日)
 1回目は「私、昼ご飯は作りませんから」 2回目は「今日から別の部屋で寝ますか
らね」そして、3回目は「しばらくの間、旅にでますから」と言う【宣言】のシリ−ズでした。
 これは投書でなくて、ある60歳の妻が夫に抱く反発のプロセスです。このようなこと
にならぬよう、男たるもの「しつかりせよ」とのメッセ−ジなのでしょう。
 定年で夫は会社から開放され自由な時間を得る。でも、その一方で妻はこれまで得て
いた昼間の自由を失う。夫の勤務中は何とか内助の努力をした。夫の定年の日に長い
サラリ−マン生活をねぎらった。
子育ては一人でしたし、二人の子供も私立大学にやれたのも夫のお陰と感謝して
いる。なのに定年の後が良くない。夫は日常の会話をしない。
夫婦の関係を仕切り直したいのに気づいていない。
 このような背景から宣言@昼飯つくりませんから、宣言Aの「夫婦別寝室」に推移する。
子供は家を出たので広くなった。何度か提案したが夫は不機嫌になる
し、「夫婦が仲良くするにはお互いに努力すべきだ」と勝手に締めくくる。これに反発した
結果が、一方的な「宣言」となった。
 定年を境に「妻と仲良くしよう」と勤める夫たちがいる。会社と言う組織を離れて、妻が頼り
とばかり「夫婦の一体感」を強めようとする。妻はこの「一体感」の強制からこそ逃げ出したい。
 ここが判らないのだ。結局妻の「我慢か」「強行突破」の二つの道しかない。
多くの60代妻たちの「苛立ち」でもあり、「あきらめ」でもあると久田さんは言う。
 夫は定年後は毎日が日曜日になっただけで、なにも変える気もない。イライラがつのり、家
を出た子供に電話しても理解して貰えず孤立無援に。よって、宣言Bとなった。
 これからの長い生活を我慢のままではイヤだ。納得出来ない。
だから、世の夫たちよ、パ−トナ−の気持ちを良く考えなさい。
 「夫婦の本当の対話は必要ですよ。」と警鐘を鳴らしているコラムなのでしょう。
また、妻たちにも人生の仕上げの前に「助走の時」を持ち「これからの長い老後のことを真剣
に考えなさい」との助言と見ました。夫婦の仲って微妙なのですよね。本当に。

      ここからは、このコラムの「続き」です。  (02.11.13.追加しました)
 11月5日、朝日新聞の21頁に【夫の停年 その時妻は・・・】と、私が関心を示した「3回シリ
−ズ」への反響が大きく出ていました。妻たちの「賛成」、男性からの「反論」と夫を亡くした方
のコメントなどです。この週の9日(土)日本経済新聞社のNIKKEIプラス1の16頁に「女のもの
さし男の定規」があり、夫婦のお互いの説得のことが話題でした。「血判状作戦いかが」と言う
見出しでした。また、この時発売の「週間現代11/23号」には大特集19頁【男たちは分っていな
い「女」の生態】があって、「妻はあなたに復讐する」「覚悟せよ!定年後は昼メシなし、勃たな
ければ即離婚」・・とカネとSEXの切れ目が縁の切れ目 と言う凄い内容でした。
 難しいですよねえ。夫婦の関係。千組の夫婦がいたら、お互い2000個の解決策が要るかも。
対話 思いやりの気持ち お互いを尊重すること 相手の嫌がることをしない などが基本でコ
レが二人の特効薬と言うのは無く、自分で解決を図る努力が必要です。

 

           最初に戻る             市川の想い に戻る