友への手紙 その➆ おおの さん    2012年12月22日

 

その後ご無沙汰したままです。前の手紙からもう2年近く時間が経過しました。いかがお過ごしですか? 

こちらこの12月で「なんと81歳」です。我ながら 文字通り「老いた」ことを実感しています。

「生老病死」とよく言われますが、正直に言って【老い】ました。

前に医者にかかる「診察券」を何枚も、持っていると言いましたが 「身体機能」は歳なりに大幅に低下しました。

元気な頃を知る私は「診察券」よりも、「身体の老い」の方が 困った事と思います。

➀歯 A目 Bまら・・・・と言われますが、その通りです。

「小便」がキレも悪く、トイレが近くなりました。数年まえから専門の「泌尿器」科に通院しています。三年前には家内と近くを歩きました。寒い冬場はトイレも近くなります。人通りの少ない場所ならは立ち小便で当座を過ごし早足で家内を追いかけます。

男だけでなく女性もトイレが近くなっている人もあるみたい。もう、外国旅行は無理です。若いうちに出かけて良かったと思います。

もう一つ。足腰弱くなりました。

実は貴方の庭である、京都に「紅葉」を見に行きました。今年の京都の紅葉は例年比格別に良いと寺の関係者たちも言っています。

毎年の紅葉ですが、確かに今年は最高でした。

ただ、以前と異なり同じ善峰寺でも今回は「杖」持参でした。幸いに旅先で「転倒などの事故」はありません。

よせば良いのに、南禅寺の「三門」が特別公開で登りました。私は二回目です。上からの眺めは格別です。ただ、下りる時に皆を心配させました。「靴」は家内が持って呉れまして荷物は「杖」だけです。「下り専用の階段」で慎重にゆっくりと下りました。ツアー同行の人にいろいろとアドバイスを受けながらの「下り階段」でした。

 文字通りの『ボトルネック』そのものでした。事故もなく他人様の心配の中で旅行を継続できたが、万一転倒した転んだら体重もあるから、「病院行き」です。

歳をとると「旅行」も考え物との声もありますが、その通りです。

ゼミの友達や同じ会社の先輩たちも鬼籍にはいりつつあります。そのうちにこちらの番かも。

 私は「ライフフランニング」のコンサルタントとして 皆様に人生設計を教えてきました。

以前は 凡そ 80歳まで生きる・・・と想定してきました。なんとそのラインを超えてしまったのです。

そこで、毎年 「1年きざみ」のコレカラを考える事にしました。

 もしかしたら、『生』への「執着」かも知れません。

とにかく、「あの世」に出かけて、帰った人は皆無です。いずれ来る「死」をどのように対処するかが、今の課題です。

今現在、「ブッダ」【真理のことば】をひもときブッダを勉強し始めたところです。

 

 

 

    TOP頁に戻る       市川の思いに戻る