友への手紙E        市川 孝二

おおの さん。久しく手紙が途絶えました。久しぶりの手紙です。この前からもう2年近くも経過しました。

この2年間は 大きいです。私も80歳です。それだけ年齢はアップしたと言うことです。

つまり『加齢』が進みました。

同期生が集まり「近況報告」をすると大変に暗い話題になります。@何処で倒れたか。救急車での体験談。A「墓地」を何処にするか・・・。調べた墓地の業者と(墓地の経営は誰か)B「杖・ステッキ」を買いたいが何が良いのか。

C家内が亡くなり、残された男は大変だ。D配偶者は居るだけ良い。E妻はいるが「惚け状態」で介護●級だ。

➆《介護保険の等級審査のポイントは何か》

G【脳梗塞になった体験】などなど。全く「暗い」話題ばかりです。

順番に近況報告するのですが、自分は幸い元気で国内旅行に夫婦で出かてている・・・・などは『話しにくい雰囲気』です。

 それでも、たった1年の時間の経過で集まる人数は半減するし、予定の人が来ていない・・・幹事がその会場にて携帯電話をかけると、来ない友は「約束を忘れて」自宅に居る・・で欠席に。冴えない話です。

 叉、1年前には元気だった仲間の【脳梗塞】で倒れた話題。今まで元気印だったから、「倒れた事」はショックだったみたい・・・とのこと。この人に詳しく仲のよい友が電話を掛けると、奥方が「今、散歩中です」と嘘を言うとか。

「電話の取次ぎ」を避けている。=夫の倒れた事を隠すようで、友達に「お前、元気か・・」と気安く、電話も掛けられない・・・と嘆いていました。

 電話も気楽に掛けられない。妻は夫の『病気』を隠すようで、皆さん「くれぐれも注意」だよとの忠告も。

これらが、以前と大幅に変わった話です。『暗い話ですね!』

 要は、私達はそれ相応に『歳』を重ねたと言うことです。

私ごとですが、わが妻は「私は貴方より先に死ねない」貴方、長生きしてね・・・と常日頃言っています。正直に言うと、『分からないぞ!』です。

人の一生は判らないものです。妻は私より5歳の年下です。お前の方が先に死ぬかも(?)と言いたいが不吉なことで話さなかった。しかし、今は少し考えが変わった。

ムリせずに、歳の順に。私も妻も「ボケ」無しとして、私が先に亡くなっても良し・・・とも思っている。

【自分の骨は自分で拾えない】と言う本があつた。その通りです。

おおの さん。以前の手紙との大きな「差」は、私もかなり『歳を重ねた』と言う事を強く感じています。

 

 

   Top頁に戻る       市川の想いに戻る