友への手紙 D           市川 孝二    07/3/23

 

 おおのさん。貴方は私が以前に作ったライフプランを褒めてくれましたね。参考にしたいのでその続きを作成して欲しいとのこと。しかし,作っていません。言い訳と今の考えを伝えたくて書きました。私は簡単に作れると思っていました。これは間違いでした。作成が「面倒になった」のです。正しくは作り難いです。

前は56歳時に作りました。平均余命から60歳から凡そ20年は生きると考えたのでした。時間の経過は早くてアッと言う間に満75歳となり,残りは短く「何時死ぬのか」と言う究極のことに直面したからです。

私はライフプランの講演で,「人間,最後の10年間の半分は寝たきりか入院している」などと話していました。その問題の期間に居るのです。誰でも老いますので上手に老いたいと願っています。

しかし,本当に私が惚けたなら(今は認知症などゴマカシテいますが)「どうしようか」と心配です。

年齢と共に身体機能は低下しており,診察券は内科,耳鼻咽喉科,眼科,歯科,泌尿器科を持っております。友人など腰痛などで悩んでいる方も多くいます。高血圧の薬は服用していますが,人間ドック検査では糖尿・肝機能など問題が無く,主治医から高血圧の他は「何故良いのか」と不思議がられています。

 身体の衰えを強く感じますが,この程度の状況は「幸運」の部類でしょう。何時ガタリと落ち込むか心配です。人はいつの日にかは、生命が尽きます。「生計」「死計」と言う言葉があります。

 前の計画は60歳の男性の平均余命から漠然と20年は生きると,軽く考えていたのでした。最新の平均余命をGoogleで検索しますと,75歳男性は11.23年です。なんと,86歳まで生きられそうです。

地元のパソコンの仲間や知人などと「ライフプランがらみ」の話をしますが,大体は嫌がられますので話さないようにしています。「明るい話でない」からでしょう。40歳ほどの人(男女ともに)でも「触れて欲しくない」項目のようです。その通りでしょう。私が30歳後半か40歳頃には考えたこともありません。

他人の触れて欲しくない「話題はしないこと」にしています。個人差もありましょう。私の加齢で気にしただけかも。しかし,今の私には「避けるだけ」と言う訳にはいきません。【出口がそんなに遠くない】からです。

そこで,@厚生労働省の「平均余命」を一つのよりどころとします。また,後々後悔しないように,A向こう「1年間は「なんとか」生きているだろう!」との 二つの考え方を採用するようにしました。

海外旅行では05年のスペインが最後の旅のつもりでした。幸いに元気が残っていて,06年はイタリーに行きました。私達夫婦は駆け足旅行の団体の旅はイヤです。一つ都市に最低5泊位していました。当然に夫婦だけの個人の旅です。年とると夫婦だけの旅も面倒になりました。10日位の団体旅行に参加して帰りにロンドンやパリで過ごしました。昨年夏のバリ6日間滞在の後に,テロ対策で機内に「水もの」禁止を帰国の後に聞きました。5年前のアメリカの時は靴の下まで検査され,海外旅行も面倒になりました。

市川夫人は私のボケ対策として「緊張・刺激のある海外への旅」を薦めますが,面倒で消極的です。

昔,良く行った事だと、過去を懐かしんでいます。TVなどで以前に行った世界遺産の風景を見ることは楽しいことです。その当時の事を思い起こしています。

 さて,Aで向こう1年間は身体が大丈夫だらう・・・の考えは,「取り敢えず」の暫定思考です。何時「死に神」に方を捕まえられても後悔しない為,例えば医者から予測の生存期間を宣告されたようなものです。覚悟の持ち方です。

 定例の忘年会やある行事に行く場合に「今度がラストかも」と競技の最終日として、「気をしき締めて」出掛けると言うこと。

こんな体験がありました。50歳代の時です。桜の開花のあとに寒波が来て(通勤時の朝)プルブルと震えました。しかし,こんなことも考えました。「寒いが,この桜の花を何時迄眺められるのか」と。

こんな体験を私のホームページの【市川の想い】の「桜が教えてくれた人生計画」に記しました。また,時々に行く淡島という島に「イエスタデー」と言う石碑があります。フランス人のアズナブールの作詞したシャンソンです。コレも関心が強かったので私のHPに載せいすます。彼は帰らぬ青春を後悔する「詩」を作り歌いました。これなどはライフプランそのものです。私が歳を取ったからこの手の詩に惹かれるのでしょう。【コレも同じく、「市川の思い」のNo6に【淡島の石碑 ”イエスタディー 若き頃”】を載せたので 是非とね見てください。
 おおのさん。この手紙。暗いものと受け取ってしまうかも知れませんね。良いですよ。貴方とは数歳の年齢差があります。いずれ誰でも必ず歳をとります。

 貴方に嫌なことを言う積もりはなく,今の私の気持ちをなんとかして伝えたい・・・だけが真意です。

NHKのハイビジョン番組に,「世界遺産100選」と言うものがあります。俳優の江守 徹さんの語りです。

5分間の短い番組です。行ったことのある世界遺産もあり 未だ出掛けたこともない場所もあります。

 言いたいことは,「このタイトル」です。【我々はどこから来たか 我々は何か 我々はどこえ行くのか】の

文字が画面に出てきます。タイトル原画はポール・ゴーギャン(ボストン美術館蔵)とクレジットが出ていますので,このNHKの番組を貴方は見たことがあるかも知れません。

 そう。私達はどこから来て 何処に行くのか。更に私達とは何なのか は 永遠の知りたいことです。

最近,宇宙や地球の進化(又は歴史)に関心を持ち始めました。貴方も事務系,私もそう。専門外のことを言いますので,質問しないでください。受け売りだけです。質問があっても答えられません。

何故こんなことを話すかというと,天体の運行や47億年の地球の歴史から見たら,人類の誕生はその歴史から見ると,さして昔のことではない。

 地球の全休凍結や大陸の移動や地殻の隆起その他。天変地異から見ますと私達人類は【奇跡】の結果であることが判ります。大地震は何時かは発生するでしようし,スマトラ沖大津波もどこかで発生するでしょう。

 もしも,東京にテポドンなどミサイルが襲って来るかもしれない。

大宇宙や地球の歴史から見ると,人間って「小さなもの」と思います。中国のことわざに【杞憂】と言うのがありますよね。杞の国の人が「天が落ちたら・・・・」の「憂い」だそうですが,もしもある天体が地球に衝突したら,宗教・民族の紛争どころではない。人類の滅亡となるでしょう。「杞憂」のことを心配しても始まりません。幸いに「いくつかの奇跡」のうえに私達が居ると思うと 「些細なこと」を気にしてもしょうがない。●こんな言葉を見つけました・・・《世界は人間ナシに始まったし、人間ナシに終わるだろう》と。7500万年前に小天体が地球に衝突し「恐竜」が絶滅した。哺乳類の世界となったのです。地球の温暖化・アフガンのテロ騒ぎ・政権交代など世界は刻々と変化します。地球の歴史とか生命の誕生のことなど「来し方」を振り返り「行く末」を考えましょう。

こんな風にも思います。ご要望のライフプラン作成の未完成の言い訳をいろいろと考えました。

 

ある人はコンナ事を言いました。自分の寝床の中で「休めることは」最高に幸せであると。重い病の体験者の言葉だそうです。病で余儀なく入院中の人は,昼間に寝てしまうと夜は寝付けないかも。考えようで元気で一日を無事に終えて,自分のベッドで寝ることが出来ることは【幸せ】そのものかも知れない。

 

 世の中,いろいろと事件や不愉快なことがあっても,自分の考えようで幸も・不幸もあるのでしょう。


       TOP頁に戻る         市川の想い に戻る