友への手紙C ダ・ヴィンチ・コードについて

 おおの さん その後も元気?先月早稲田の「金城庵」で仲間たちと会った時,老親の介護も終わって
お隣の中国(瀋陽)に行ったとかの「うわさ」を聞きました.東京都と関西で退職の後住まいも離れて会う機会
まことに少なくなってしまいましたね.海外旅行できることは元気の証拠です.旅の話,聞きたいですね.

 さて,今回は珍しく「映画」を観たので,その話をしたくて書きました.今話題の映画です.
珍しくと言いました.この前は「タイタニック」を老夫婦出見たのですから,かなりの時間が経過しています.
【修正します.物忘れも多くなりました.今年,「男たちの大和」を観たことを忘れていました】
 余り映画館には行きません.しかし,今回はTVでも前宣伝も大々的に行っており,見に行く予定でした.
その前に,どんな「事前の予習をしたのか」からお話します.
 こんなに映画を見る前から調べたのは,初めてでしょう.買った「本」のことからにします. 
@タ゜・ヴンチ・コードの謎を解く サイモン.コックス 著 PHP研究所 1400円(税別)
 これを昨年秋に 11月頃買いました.表紙には「世界的なベストセラーの知的冒険ガイド」と書いてあり
【キーワードで66の驚愕の真実に迫る】が私の目にとまったのでした.ただし,この隣の「本体」は買い
ませんでした.テンプル騎士団とか最後の晩餐や聖杯などの項目を「拾い読み」しただけでした.
私がワーグナーの楽劇を好きなことを貴方は知っているはずです.彼の最後の楽劇「パルシファル」に
関係ありと 本屋で考えて,まず買ったのでした.拾い読み程度で,あまり深入りはしなかったのが,実情
でした.
Aそのうちに映画の世界同時公開などの新聞記事が朝日新聞にて,「関連ビジネスで溢れる人気」など
大きく取り上げられました.(5月17日)また,19日にはフジTVの「土曜プレミアム特別企画」として,
1時間54分もの「ミステリースペシャル」も放映されました.翌日に迫った世界同時公開の前宣伝です.

私が「ダ・ヴィンチ・コード」本体を買って急いで読み終えたのは,新聞.TVで取り上げられる
少し前のことでした.このことは市川のホームページの「メニュー」の【今月の本】のNo25に 本の
紹介と言うよりも《読後感》として,紹介している通りです.
 さすが,世界的ベストセラー小説と感心し一気呵成に読み終えました.面白かった.
これがAです.【ダ・ヴインチ・コード】ダン.ブラウン著「上・中・下」です.おのおの552円です.
 映画の公開が近くなり,@の予習から本体を熟読することになった次第です.
読み始めて直ぐに,本屋の店頭で次ぎの本BとCを見つけて,直ぐに買いました.
B「ダ・ヴィンチ・コードの謎と真実」DAKKEN MOOK 税込み 1000円 ヴィジュアル版 謎シリーズ
C(オール図解 30分でわかる)「ダ・ヴインチの暗号と謎」は42の項目にて,名画に隠された秘密を
完全解読する! と 絵画を好きな私をとりこにしました.
 こうなると,関連のもの「なんでも良し」の状態に突入です.
おおの さん.ご存知のように,私は四日市の新しい工場の新設要員で数年間四日市に勤務していました.
たまたま,その時に採用された要員が,定年を迎えて退職しました.退職者達がOB会を現地で開催しよう
とのことで,新幹線で畑先輩と行きました.社中から昔の話を二人でしようとの先輩の意向に乗ったのです.
 この時に地下の本屋で(この時は映画の公開の翌日)またまた,関連の本を見つけました.
湯の山で百人余の大宴会の翌日に,その本屋で 更に次ぎの本3冊も購入し帰宅したしだいです.
「チット嵌まり過ぎ」と言われる可能性大です.なんと言われてもOKです.好奇心満たせて呉れるので.
四日市からの帰りの日に求めてのが3冊です.DからFの図書です.
D「映画 ダ・ヴィンチ・コード オフィシャル・ムービー・ブック」角川書店 2286円(税別)は,
この映画を観る上で最良の資料です.なぜなら,「映画の”シナリオ”を完全収録されており,監督の
語る映画化までの(うら話)とか,映画の画面も多くあり,さらにイラストなども入っています.
 Illustrated Screenplay とあるように,紫檀で作られた,クリブテツクスの写真と「解剖学的作業」との
解説も105頁にあます.小説を読むだけでは想像するだけですが,視覚的に判りやすいのです.
さらに,パリ市内でのラングトンとソフィのふたりと警察の車とのカーチェイスの場面は写真とイラスト
(84頁〜85頁)で示されている.プローニュの森の中でラングトンがソフィに説明する テンプル騎士団
の場面は【史実のフラッシュバック】が90〜94頁に出ています.
 話題の小説の中では,現在と過去がダイナミックに連動しています.映画を観ると本を読むだけと
違って,その手法から良く理解できます.(同じようなことは,ロンドンのウエストミンスター寺院での
アイザック・ニュートンの葬儀の場面でも観る事が出来ます)
 何を言いたいかと言えば,小説から映画化(台本=せりふ)への「架け橋」として,この分厚い本は
私にとって有益そのものでした.
 小説を読んでも「判りにくいこと」ありました.ムーピー・ブツクを丹念に読んで映画館に出かけても
まだ判らない事柄も幾つか有りました.この「台本」を読み直すことで疑問は氷解出来ました.

 事前の準備を行った上での映画鑑賞でしたが,帰りのエレベーター内での 観客の「判らないこと」が
多く有った.との会話を聞きました.実は私の映画を観た感想(⇔小説の映画化は大変だと思ったが,
良く出来ていた)を聞いた家内が,翌日にある会合でこの映画を観た人の感想を聞いて,話してくれ
ました.家内の友達は「良く判らなかった」と.テンポと言うか,「ストーリーの展開」が早くて
”ついていくのが大変”だったと話していたようです.
角川書店の解説本について多く話しました.次です.
E「ダ・ヴンチ・コードの歩き方」−パリの迷宮と神秘の世界を歩く−普遊舎 1300円(税別)
この本の作者はピーター・ケインは英国生まれ,パリに20年間暮らしており,毎週土曜日に
12ユーロで「ダ・ヴインチ・コード」ツァーを実施しているそうです.
 ダン・ブラウンの「本に出てくる絵画や建築物,それらの場所やシンボルはどこにあるのかとよく
聞かれます」著者はその答えは,この本の中にあります!と 表紙に書いています.
 その通り「観光・案内の書」です.
おおの さん パリには何回も出かけたが,リュクサンブール宮近くにある サン・シュルビス教会には
行ったことは有りません.入らなくても建物を眺めてみたいとも思います.近く実現させます.
 好奇心の強い私は「映画のせりふ」の大冊の他に最後の一つも買ってしまいした.
F「図解 ダ・ヴィンチの謎」宝島社 1000円(税別) ダ・ヴィンチが残した暗号が200%わかる
がこの本の副題です.BとCとも少し違う切り口です.名画に隠されたミステリーの中には,ゴヤや
フェルメールなどの画家のものもあって,面白く読みました.

 角川書店の公式台本の事前の勉強をしたつもりで,映画館の中では映画のパンフレットは買わない
予定でしたが,600円のパンフレットも帰りに求めました.出演者へのインタービュなどもあって,ここまで来た
なら 「徹底的に」となったのでした.
 他の方の この映画についての感想も聞きたいと想います.私は大変に面白く観ました.
 小説のプロット・映像・旅行・私の好きな「美術」など 輻輳して楽しめました.
日経新聞の6月3日の夕刊の文化面の「芸文余話」で内田さんと言う編集委員が【レオナルドがいっぱい】との
記事を書いており,面白く読みました.5月半ばにイタリアを訪ねて彼の展覧会があちこちで開かれていた
そうです.彼は「油絵は寡作」なのに,何でこんなに展覧会が多いのか.映画の影響でしょう.
著名なレオナルド研究者が苦笑していた.「レオナルドの研究会が多くて忙しい,忙しい」
 
 私もこの7月にイタリアに二人で旅行します.確認のための「想いでの旅」です.ミラノで「最後の晩餐」は
一人の時と 夫婦での二回は 見ています.しかし,修復前でした.又,見られるのは楽しみにです.
 パリには6泊する予定なので,ルーブル美術館その他 わくわくして 準備しています.
帰国したら 今年のル旅の報告をしますので 楽しみに して下さい.健康第一ですよ.

 今年の7月に お話ししたようにイタリアに行ってきました。過去2回見た サンタ・マリア・デッレ・
グラツェ教会の食堂にて「最後の晩餐」を 見ました。修復の後は初めてのことです。
 完全予約制です。1回に25人まで。しかも15分間での入れ替えでした。
修復前のことは覚えていません。広い食堂の中で壁画の直ぐ前と後ずさりしながら距離を置いて見るなど
15分間を大切に過ごしました。私の最後の対面となるかなぁなどとの感慨で見ました。
私は重くなるのでパンフレット類や本などを買わない事にしていたが,今回はボルゲーゼ美術館(ローマ)
などとともに多くの資料を買ってしまいました。ミラノのものは薄いものでしたが6ユーロでした。
 あの映画の場面を想い出しなから読みます。
 ツァー参加でしたので旅行会社が入場の予約をアレンジしてくれたものでした。
この映画がらみでは,パリの『サン・シュルピス教会』にも行きました。パリ6区にあります。
 リュクサンブール宮殿傍の中世美術館(クリニュー)に行く事が,パリの6日間滞在の大きな目的
でもありましたが,同じ6区にあり地図を頼りにこの大きな教会にも行きました。「子午線の謎」で有名
になったものです。小説・映画ではローズラインと呼ぶ聖堂の床を走る子午線のある床を壊して,隠された
石版を探し当てる設定になっています。
 予想したよりも大きく大した教会です。「ダ・ヴィンチ・コード」症候群と言われています。
私はその一員となったわけです。子午線とその先にあるオベリスクを入れて夫婦で記念に
写真を撮りました。非常に暑い7月24日のことです。
 当然,ルーブル美術館にもレオナルド関連として行きました。彼が死ぬ時に保有していた3枚の絵と言う
「モナリザ」「聖アンナと聖母子」「洗礼者聖ヨハネ」もここで拝みました。
 ついでながら,フィレンツェのウフィーティ美術館では「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」も行われて
おり見ました。
 なお,ミラノでのガイド女史は「ダ・ヴィンチ・コード」を痛烈に批判していました。私はクリスチャン
でもないし,【知的好奇心】を刺激してくれたので(絵画が好きでもあり)面白く感じていますが。


      TOP頁「メニュー」に戻る        市川の想い に戻る