友への手紙B

 おおの さん。後二日で弥生の3月も終わります。いよいよペイオフ実施の4月ですし、皆さんお待ちかねの【桜】です。ところで、おおの さん お元気?
ついつい、桜が気になって挨拶も遅れて失礼。こっちも まあまあです。
昨日の夜のTVみたら、靖国神社と思うが気象庁の係官が携帯電話で連絡していて、「開花」は ナシ と話していました。昨年などは暖かくて桜の開花が早くて、「桜まつりの行事」の時は、葉桜で各地の自治体・商店会などは困ったようでしたね。
今年は04年、02年のように、番狂わせ(?)なしの「普通」みたいです。
 3月9日の朝日新聞の夕刊に「桜の開花」の予想は難しいこと、出ていました。ピタリ的中は至難の業とか。地球の温暖化も一因と書いてありました。
 大阪の方では、造幣局の「通り抜け」などの桜の名所があるそうですね。(コレ 一寸記憶怪しいのですが) おおの さん 行きましたか。
 先ほどフランスのシラク大統領が日本に来ました。宮中の午餐会で天皇陛下が「以前は 花 と言うと梅だったがその後、桜になった」と日本の文化のこと話された様子を新聞報道で見ました。万葉集と古今集の間に何があったのかなぁ。
 桜となると「血がさわぐ」という人が多いですね。日本人のDNAですかね。「花」と言えば「桜」を連想するくらい桜が好きなのは日本人だけなのか?
アメリカ産の「さくらんぼ」も輸入されています。私が以前にバイロイト音楽祭で宿泊したその都市の高校の校長先生のお宅でも庭に桜の木があって、その「さくらんぼ」を食べたこともあります。
 有名なワシントンのポトマック河畔の桜祭りは、上野の山の満開の花の下での「飲めやや歌え」の宴ではなくて、パレードのあるお祭りとか。
私もお花見は大好きです。花の下での各グループの宴会を眺めることも大好きです。
 桜関係の本も幾つか持っています。「桜の精神史」「桜と日本人ノート」「桜の文学史」などです。歩いて3、4分の所に哲学動公園がありこの辺りは東京の隠れた桜の名所です。上野や千鳥が淵みたいな名所でなくて、地味な桜見物の場所です。
 私の桜見物と言えば、数年前に弘前城の満開の桜と角館の武家屋敷などです。2年前には、福島県の「三春の滝桜」にも行きました。
家内は桜見物が大好きです。自分で友達と滝桜を見に行き、是非見なさいとの強い勧誘で、郡山駅から半日かけて三春周辺の「しだれ桜」巡りをしました。地蔵桜その他を地元のタクシーの運転手さんが丁寧に案内してくれたのでした。凄い桜でした。
 桜を特集したレーザーティスク・DVDも持っております。中には全部が花びらの散るものだけと言う変わったものもあります。
 大阪方面にも桜の名所も多いでしょう。そうそう!来月上旬には吉野に行きます。
御存知、四日市に5年もいたのに、吉野には行っていません。車を持たない主義だったせいです。近鉄など使って行くべきでした。あの時代、休みは疲れて社宅にいたのでした。大反省です。
 ある百貨店のレディース・クラブが企画した旅行に、家内の用心棒として付いていくだけですが。(女性の会ですから、男性の参加は極く少なくておまけの参加です)大宇陀町にある「又兵衛桜」とか言う名物桜と吉野山(下千本と中千本)がメインです。これなどは遠出のものですが、近場の桜を見ようと誘われ、歩くだけの花見をします。二人で歩くだけで、花の下のお酒は無い味気の無いものです。
 しかし、まあ元気で桜を眺めること出来るのはあと何年かと、これからのこと考えてしまいます。歳とって寝たきりになるとか、入院して介護を受けるなどの状況では花見は出来ません。ブツブツお互いに「あんた!物忘れ進んだね!」なんて、文句言えるうちが「幸せ」なのかもしれません。
 おおの さん。貴方が褒めてくれた「ライフプラン」が出ている、私のホームページの
「メニュー欄」に「コラム」があります。ここに『イエスタディーの石碑』の前に桜のこと書いてあります。しめっぽいこと嫌いです。しかし、後、何年間「桜」を眺められるか。そこが問題です。元気で「お花見」を出来ることを感謝しないといけないのですね。
 最後に少し自慢話を。私が「元気に百歳クラブ」に入っていること知っていますよね。ここで、俳句の講習会がありました。私は第一回のみ出席したのです。その時に提出したものがあります。
 『題』は《桜》でした。私の作ったものは“花びらはうずをまきつつ車追う”でした。

 今年のお花見はどんなことになるか。一つは吉野山。あとは近場の桜見物。
 おおの さんの 大阪の花見を教えてください。お元気で。

   TOP頁に戻る     市川の想い に戻る