友への手紙A

おおの さん。久しぶりの手紙です。最近、朝日新聞で【男の「一人時間楽しんで」 30〜50代ねらいサービス充実】という記事読みました。ワインやオードブル付のホテル宿泊プランです。女性向けが中心だったサービスが、男性にも広がっていると伝えていました。慌ただしい日常から離れて、くつろぎや自分磨きのために一人の時間を大切にしたい。こんな思いは男性も女性も同じようだ….と伝えていました。ホテルでは男性向けプランに力をいれたとのことです。
「自分見つめ直す空間」を売り物に未開拓だったホテルの作戦のようです。
こんなこと話しても、おおの さんは無関係と言うでしょう。そう、私も「自分のための時間に投資する…」といった平成大不況の「現役世代」から乖離しているのですから。
 会社人間だったが、もう仕事を離れてから、かなりの時間が経ちました。入社の年次から見て、あなたも60代後半ですね。大阪で老親介護や自治会活動度などで、第二の人生を過ごしていますね。現役世代でなくて、ホテルに行かなくても自分の時間は充分に持てますしね。
 さて、お互いに年齢重ねてきましたが、こんなこと考えているのです。それは、@このごろ『物忘れ』が多いということです。加齢の為に「記憶力」の低下は知ってはいました。
困ったことです。ももの本によると、記憶の「引き出し」が満杯のために、新しいものは受け付けないとのことです。あるものを他に運ぼうとして、一寸どこかに置いたところ、どこに置いたか忘れるケースが多くなりました。欲しい資料が本当に必要なときに見当たりません。イライラします。ならばと、バックアップのためにコピーしたが、二つとも見当たらないなんてこと、よく発生します。
講師仲間も「必要な資料は、肝心のとき、出てこない」と同じ悩みを言っています。私だけではなく市川夫人も「アレどこに置いたのか?」と部屋の中で行ったり来たりしています。私は家内も同じようなことしていると、同情とともに年取ったことを深く考えています。おおの さん。あなたはどうですか?友人との会う約束をスッポカシたこと、幸いにありません。しかし、危ないのです。私の手帳に「なぜ書いたのか不明な」項目を見つけました。恥ずかしいことですがその友人に電話したら、ある宴会でK君の外国生活の終わりを記念して3人で一杯やろうとの私の提案でした。「アレ!覚えていない?今彼と日にちを調整している」とのこと。この程度のこと時々あります。
お酒の席の約束は「しっかり」しないと、信用問題となります。朝日や日経の広告に《記憶術》がありました。しかし、受験勉強の「暗記」を目的としているので、ちと違うみたいです。
できるだけメモにすぐさま書き込むようにしていますが、そのメモが見当たらない場合もあるのです。イライラしてメモを探している私を想像してください。ストレスそのものです。
物覚えを良くする方法。おおの さん。知っていますか?

 また、【イラツキ】も我ながら嫌になります。これがAの事柄です。〔記憶の減退と関連している〕
書斎で書き物しているときに、肝心要(かなめ)のときに「欲しいもの」見当たらずに「イライラ」します。この無駄の時間はかんとかならないものか。最近は自分の整理整頓が下手のために、探し物に時間を取られて「ほかのものに」当りたいこともよくあります。家内に当たったらその反動もあるしで、自制しますが。
 これなど、年取った人は すぐにカッカすると 他人を論評する資格はありません。街中でよく怒っているお年寄り見ます。あんなことには「私はなりたくない」と思うももの、イライラの気持ちは最近多いのが実態です。
 私は「後ろ向きの事」好きではありません。前向きな・建設的な事柄を目標としています。しかしです。ここで言った二つの事――これは加齢から来ることですが、仕方がないものなのでしょうか。
 まあ、お互いに同じ会社で「業務一途」に頑張った時代と今の世界は違っています。 
特にバブルが弾けた今のご時世を見るにつけ(リストラや合理化など)世の中は激変したと思います。
 「職場で目先の数字や人間関係に追われている」働き盛りの男性をターゲットとしたホテルの新し
い戦略の新聞記事を見て、おおの さん に書きました。
「物忘れ」「イライラ」は素直に受け入れなけれはいけない事なのでしょうね。

ところで、最近、中野孝次の【足るを知る】(これは@の手紙で伝えたもの)から新しい本を読んでいます。加島祥造の著作です。「タオにつながる」「タオ」「老子と暮らす」などです。老荘思想の「老子」なんて、今までは私の「目」に入らなかったものです。心境の変化です。
ぜひ読みなさいなんて、言いません。年取ったからでしょう。「君子は豹変」なんて、言葉がありますよね。面白いので言うので、私が君子だなんて自認していないこと。貴方は知っているから私の心境の変化を伝えただけです。
 寒さの中、ご自愛の程を。では。

   TOP頁に戻る      市川の想い に戻る