友への手紙 @

 おおの さん。年賀状有難う。昨年は老老介護に明け暮れたとのこと。大阪に移ってから会っていませんね。元気との事、何よりです。
 貴方は「おだて」が上手い。私が1987年に作成した【私たちのライフプラン】を褒めてくれました。その上に70歳以降のプランを作れとそそのかしていますね。
 残念、未だで貴方の期待にそっていません。18年前の11月に会社のセミナーで夫婦がややモメながら作成したあのプランは大まかに言って「良い線」を歩んでいる
と思います。今年こそ「最終部分」のプラン作ってみたいと考えています。
 もし完成したら前と同じように私のホームページに公開します。(恥ずかしながら)

 さて、「おだて」のことでしたね。私たちの生き方を貴方は定年後のBESTだと言い、地域の仲間に話しているとか。他人に褒められると「その気になって」しまう私は、貴方のリクエストの「次のライフプラン」の未完成が気になってしまうのです。
 おおの さん!年金の改革、社会保険庁の不祥事など 憤慨していますね。
その通りです。全く同感です。選挙が終わったらあの公約など、ふっとんでどこかに行ってしまいました。国会議員の特権としての「議員年金」も、手付かずのていたらくです。怒りを超えてあきれてしまいます。
 こんなこともあって、私のホームページは年金関係よりも、ライフプラン関係に比重がシフトしています。ご指摘のようにもっと年金について「ちから」をいれます。

 あれだけの専門家がいろいろと論議しても、日本の年金制度の抜本的な改革はお説のように私も、無理と思っています。貴方は年金改革ではなくて、「改悪」と言っていますね。受給者も「マクロ経済スライド」などの理由で、減額になる傾向です。
 あまりいきり立たずに、気持ちを切り替えるとか、違った対処も必要ではないかと考えます。世間の「おかしなこと」をいちいちいらだっても、健康に良くありません。
 この所ウィーンでお正月を過ごしていますが、もう年齢を考えて自宅で越年しました。
大晦日にこんな本を読みましたので、おすそ分けします。
 その本は昨年夏に亡くなった、中野孝次さん の「ローマの哲人セネカの言葉」です。
102頁から104頁に【自然の要求と世俗の欲望】があります。
 断っておきますが、「セネカ」がこう書いていると、中野さんが解説とているのです。
「受け売り」なので、その積もりで聴いて下さい。『道を行くには終点がある。が、道に迷う者には終りが無い』と。仕事を卒業して稼ぎが無く、生活費も心配と言うが、
『自然に従って生きれば、決して貧しくはならない。世俗の欲望に生きていたら、決して豊かにならない』との「セネカの言葉」に注目しました。
 【足るを知る】(中野孝次著)(朝日文庫)580円も最近買い、少しずつ読み始めた所です。これが頭にあるうちに、書斎の整理が終って、先ほどの「セネカの言葉」を見ました。ほどほどで良い。世俗の欲望にはキリが無い。セネカ=中野さんは生きてゆく上で、自然の要求するところは僅かなのだ。食は飢えを満たせば足るとの考えに徹すれば、年金生活者だつて十分に豊かになれる。こんな含蓄のあること見つけました。
 ローマ時代には新幹線もパソコンも電化製品なども無かったはずです。しかし、彼の考え方に惹かれることが多いのです。私が歳取ったせいかもしれません。
 イライラは禁物です。「足るを知る」ことを念頭に、今年を明るく過ごす方法をお互いに努めましょう。これは、学校・会社の先輩である私が「お説教」するのでなく、私の「見つけた言葉」の紹介。私の受けた印象を伝えるだけですよ。念のため。



   TOP頁に戻る      市川の想い に戻る