◎ 7 国民年金の空洞化について
 自営業者や学生たちが加入する国民年金の保険料納付率が2002年度に前年よりも
8.1ポイント低い62.8%となってしまいました。「国民年金の空洞化」に歯止めをか
けるべく、お役所はいろいろと「対策」を練っています。
 しかし、若者の年金離れは着実に進行しています。ここで、新しい問題が発生しました。
それは、社会保険庁がTVなどでの「PR」とポスタ−のことです。
 ご存知、「将来、泣いてもいいわけ?」「誰が言ったの 年金制度が危ないって!」です。
「ショムニの女」江角マキコさんが、TVでポスタ−で国民年金の保険料の支払いを迫ります。
 だが、週刊誌や新聞などによると、そのご本人が保険料の未納者だつた。
これは、「事件」です。福田官房長官が「面白い話というか、深刻な話ですよね」と言い
ました。その通りです。世間では社会保険庁の「調査のずさん」と言いますが、私は何より
も 当の本人の「自覚」の無さと思います。
 問題が発覚してから所定の2年間分を追納したそうです。この機会に「未払い」について
良く考えてみたいと思います。
 国民の多くが「国民年金」に不信感を持っています。ここに、メスを入れなくて本人や
社会保険庁のチェックの甘さに云々しても、本質を解決できません。
 未納の人の増加傾向を考えないといけません。とくに20歳代は半分を超えています。
03年8月の内閣府の「国民生活に関する世論調査」でも半数が「老後の生活設計」の不安
をあげております。最近のTV、週刊誌などのマスコミの「年金フィ−バ−」をどう見るか。
 生命保険文化センタ−の調査でも、公的年金に不安で、若い世代−30歳代は「あきらめ」
と報じていました。
 04年2月の与党年金制度改革協議会の「合意」の「7 国民年金保険料の徴収対策の強化」
の中にも、【未納問題は制度の信頼を損なうもの】として、他段階免除の創設とか口座振替
の新しい方法の他に、所得の情報の入手などが書かれていました。
 国会でも未納率37.2%が問題として、審議されています。厚生年金・共済年金にも「しわ
寄せ」が来ています。基礎年金の給付に必要な保険料収入が不足し、将来の給付に備える
厚生年金・共済年金の積立金から補填しているのが現状です。
 ここにきて、社会保険庁は税当局と連携して悪質な未納者には、強制徴収するそうです。
手始めに、沖縄地区から行うと報じられています。
 国民の義務と言っても「逃げ切りの自営業者」のあぶり出しは必要なことです。
国民年金の未納者で、個人保険には入るとかの悪質な人に、バスポ−トの発給を制限するとか
または、確定申告時に国民年金の支払い証明を添付するとか、方法はいくつかあるはずです。
 これらを怠ったのは社会保険庁です。
 いつそのこと、税務署と社会保険庁とか合体したら どうでしようか? 事業者には請求の
「もと」は同じなのですから。


    TOP頁に戻る             市川の想い 戻る