22. シルクロード お遍路の旅  増山栄太郎 著 出窓社 1470円(税込み)

 著者は時事通信社に入社し,政治部の「番記者」・海外特派員などの要職の経歴を持ち
ます.その後,関連会社勤務のあと「政治評論家」として活躍しています.
 政治記者の時からの憧れであったシルクロードに65才から「尺取り虫」のように歴訪しま
した.
 あたかも「お遍路さん」のように,9年の歳月を使って青年時代の「夢の実現」に取り組み
ました.
 何故 シルクロードに惹かれたのかなど・・・【第一部 憧れの「絹の道」への旅立ち】と
【第二部シルクロード,取っておきのスポット】(幻の湖のイシククル,サマルカンドの丘,
河西回廊から敦厚への道,カスヒ海,古代都市ペルセポリスなど)の,二本立てになってい
ます.素晴らしいことは,文学指向の学生時代からの「夢」をサラリーマン時代から持ち続け
て,関連図書をあさり勉学していたことです.
 この本はシルクロードを中心としながら著者なりの『自分史』でもあります.
著者のようにこれからシルクロードに行きたい人のため(行きたい気持ちあっても,いろいろ
な事情のために行けない人のため)に書いたと「あとがき」で述べています.
 憧れの「みなもと」となる西遊記や漢詩(王維・李白その他)史記・スタインやヘイデン
の文書などが引用されています.
現役時代は行けなくてバーチャル旅行を頭の中で育んでいたこと,良くわかります.
 また,これから行く人のために「アドバイス」しています.
時,NHK番組でも以前のシルクロードと最新のハイビジョンの映像ものなど,第二のブーム
到来の様子を見せています.関連の類書などがが数多くあります.
 しかし,旅の専門家・学者(研究者)の著書と一肌違って,若い時からの「憧れ・夢」の
実現と言う一人の人間の心の底からの体験・見聞記として捉えること出来ます.
 地図や写真もあって読みやすいものになっています.

 ウェブサイト〈「新・増さんの政治教室」〉を持つ,政治評論家としての活動のほかに,
シロクロードの探検家として, カルチャー・センターなどで講座を受け持っているそうで
す.『出窓社のホームページ』による.

 歳とりますと後向き指向の人も見受けられますが,著者の活動・バイタリティは
「希望の星」とも言え.あえて紹介する次第です.