◎ 9.熟年性革命報告    小林照幸 著  文芸春秋   660円+税


 この文春新書(095)の題名から、私のHPで 取り上げることに、実は、躊躇いがありました。
年金の問題とライフプランの「2本建てのHP」です。どうして「SEX」が出て来るのか?
 こんな訳で少し弁解します。直接のキッカケは この前の本。渡辺淳一さんの『エ・アロ−ル』です。
この前のNo.8の後半に渡辺さんは「参考文献」を6件、巻末に表示したと書きました。その最初の本
がNo.9で(この項)ためらいながら書いている、小林氏のこの本です。
 時系列的に言いますと、03年6月4日の朝日新聞の24頁に『小林氏のリポ−トは読み応えがある』と
朝日新聞社が刊行している「論座」7月号の内容を取り上げていました。ここが最初の注目点で、次に
「論座」を買いました。三番目が前回の「エ・アロ−ル」の購入です。
 ある年齢になると人は、恋愛・性から遠ざかります。遠ざかるを得ぬ身体機能になります。人様々です
が、「もう良い避けよう」と試みます。又逆に昔の青春時代を思い起こして、「積み残し分」ありと、若かった時
より「激しくタッチしよう」ともします。「論座」の「医学の現場から」で、次の言葉を見つけました。
 ”【生は性なり】といわれる様に、我々は男か女かの性を生きていると思ってよい。(中略)性はやはり基
本的には生殖のためのものであり、かっての人生50年時代は、性に付属した諸問題を抱えていたとはいえ、
生と「生殖の性」はかなり連動していたといえる。ところが、今や人生80年時代に突入しており、生殖を終え
たあとも生殖年代(20〜50歳)に匹敵する新たな30年の生を獲得した。”
 ここが、この前に紹介した 渡辺さん の 本 に関係ありと思います。
 平成9年版の厚生白書の中で「高齢化をめぐる課題」として、老人をめぐる誤った神話として6つをあげています。
@老化しているかどうかは、年齢で決まる。A高齢者のほとんどは、健康を害している。B高齢者は非生産的で
ある。C高齢者の頭脳は、若者のように明敏でない。
D高齢者は、恋愛や性に無縁であるE高齢者は、誰
も同じようなものである。小林氏は30代ですが「今日の自分は先行する世代の後を追う」ので、この点に強い
関心を持っています。【第二章 老人ホ−ムにおける「生」と「性」】の中で九州地方の「特養」の80歳の実例
をあげています。細かい内容は省きますが、底流には、前にも記しましたが
「人生80年時代を迎えて、生殖年齢期
の20歳から50歳までの30年に匹敵する、もう一つの30年を獲得してしまった」現実に どのように 対処して行
くか
です。『高齢者が心豊かな老後の生活を送る上で、恋愛ゃ性は大きな要素である』と指摘しています。
 若者に向けた性情報が多いが、新しいこの事態に対応していないと論じています。身体機能、健康と共にこの種の
心理的な側面もこれからの大きな事柄です。新しい実験は始まったばかりです。一読に値するものと思います。 


        TOP頁「メニュ−」に戻る          今月の本・リストに戻る