◎エ・アロ−ル それがどうしたの 渡辺淳一 著 角川書店 1600円(税別)


 店頭に大きく積み上げげられている、渡辺さんの新しい本です。イャァ驚きました。本当に。
まず、変わった名前です。9頁に「
エ・アロ−ルとは、かってフランスのミッテラン大統領が、新聞
記者の質問を受けていたときに答えた言葉です」と説明があります。当時、大統領には妻以外の女
性とのあいだに子供がいて、そのことを知った記者たちが、その真偽について尋ねました。
それに対して大統領は「エ・アロ−ル (
et alors)それがどうしたの?」と一言つぶやいただけ
で、記者たちはそれ以上、追及しませんでした。
 東京の銀座の明るい高齢者のための施設(私には高そうに見えますが コレ 小説ですが)

「ヴィラ・エ・アロ−ル」にての 華麗な、スキャンダラスな 物語
です。
ここの経営者で医師の主人公はこの施設を「仕事や世間から開放された高齢者たちに、楽しく、気ま
まに”エ・アロ−ル精神”で暮らしてほしい」という経営方針から設立した。この理念のもと、この施
設では以前のお偉いさんやその妻。夫を亡くした方とか単身の女性たちの「それがどうした精神」か
ら、自由で闊達な雰囲気のもと、高齢者の恋愛から「性」のドタバタなどが、発生するのです。

 この本の「帯」には、
『年甲斐の無い人になりたい より華麗に、よりスキャンダラスに。 
これまでの日本人の生き方を根本から覆す、衝撃の話題作。』と PRしています。

 経営者は医師でもあり、医師が出身で売れっ子作家の渡辺さん そのもの が大活躍します。
高齢社会となりました。今、年金などの問題で「高齢者は一概に弱者ではない」「恵まれた高齢者もいる」
と『高齢者包囲網』が進行中です。この本はこれからの高齢社会の問題点を先取りした画期的なものです。

 以前に北海道の女性作家か゛
「百合祭」という本を出し高齢者の「性」・「恋愛」を提起しました。
 渡辺さんのこの本は、施設に入る方のレベルがかなり高く、「終の棲家」としての施設内での生々し
い人間関係をコレでもかコレでもか と 「老後」に対する我々の既成の考えを粉々にする、つまり、
新しい 生き方を提示しています>

 この本は東京新聞などで2002年4月16日から12月31日まで連載されていたものです。単行本となり
本屋の店頭にうず高く並べてあったので求めました。
私のホ−ムペ−ジは「年金問題」と「ライフプランニング」の二本立てです。
「60歳以後の人生を、どのように生きたらいいのか判らない---」「男が勤めを辞めたあとどう生きるか--」
 このような悩みを持つ人が多く居ます。そうかもしれません。

 なにしろ、かっての人生50年時代から、人類始まって以来の80歳時代になったのですから。こ
の50年位で寿命が30歳も延長したのです。会社に全てを捧げた【
会社人間】が定年を契機に急
に【
社会人間】に転換しろと言われても、簡単に「生活の舵」を切り替えにくいのです。
 そこで、「ちから」のある会社は在職中に”ライフプランセミナ−”を行ったりして、軟着陸のお
手伝いをしています。
 どうにか生きてはいる「長命者」と矍鑠たる活動的な「長寿者」の二種類があります。
 この本の中の人々は「恋愛」「嫉妬」「反感」「喧嘩」「誘惑」「食欲」「性欲」「親子関係」「財産処分」
などなど、これからますます本格化する「高齢社会」の先取りとして 問題の提起 をしています。
 10の区分けになっており、そのタイトルは横文字です。施設内で若い子を呼び入れて心筋梗塞で死ん
だ「アクシデント」。高齢男女のなまめかしい「恋の駆け引き」の「プレイポ−イ」と「プレイガ−ル」。
「ポルノグラフィ」は若さを保つため(?)か、日活ロマンポルノ--「四畳半の襖の裏張り」を皆が鑑賞する
 「失楽園」の作者だからこそ、今までタブ−視されていた
「老いらくの性」にも堂々と踏み込んでいます。
これに関連する内容ですが、『論座』7月号で小林照幸氏が「高齢社会の性と孤独」を取り上げています。
標題は 〈高齢者の恋愛と生の現場から〉 【「クオリティ・オブ・ライフ」の充実と「クオリティオブ・ラブ」】
です。「年甲斐も無く」「こんな言葉は恋愛や性に関する限り、死語になりつつある。小林氏は老人ホ−ムなど
でこの問題を見つめ続けてきた。高齢者の生と愛のありかたとは−−−とこのノンフィクション作家は 
【九州の特別養護老人ホ−ムでの、80歳すぎの三角関係と当事者の「決闘」】【恋愛や性に勝る元気の源
はない】
を報告していました。

 渡辺氏の本の終わりに、参考文献が6件あると書かれていました。「老人の決闘事件」をレポ−トした小林照幸氏
の本や厚生白書などです。渡辺氏は「これからの社会、こんなことあり得るよ」と時代の先を読んだことでしよう。
 224頁には昔、私が旧制中学の時に新聞で見た、「老いらくの恋」の 川田 順(66)と駆け落ちした大学教授夫
人(39)のことも、「ラプソディ」の中(340頁)に高齢男性の元気さも 親切に 出ています。
 チャプリンは生涯4回結婚し11人の子供に恵まれたこと、蓮如上人は84歳の時に27番目の子供を五番目の妻に
生ませていたことなどは、初めてこの本で知りました。天才ピカソの華麗な女性関係は知っていましたが、改めて
確認できる便利さです。

とにかく、話題になる「本」と思います。市川も講演のときにこの本の紹介と「これからの高齢者の生き様」として、
利用させて貰う積もりです。
  

        TOP頁「メニュ−」に戻る         今月の本・リストに戻る