◎オフィスのゴミは知っている  鈴木将夫 著 日本教文社 1200円(税込み)

 
本の名前が変わっているいや、本のネ−ミングだけではない。全てがユニ−クだ。著者は大手の
広告会社(聞くところによると会社は博報堂らしい)を60歳で定年退職し、全く畑違いの「ビルの清掃員」
つまり、ビルのクリ−ンクル−になった。定年後にカルチャ−センタ−で「似顔絵入門講座」に通い、なん
と似顔絵作家にもなりました。その上、早朝のビル清掃の仕事に挑戦しました。
 今の日本は少子・高齢化の社会です。著者は【100歳人生、3期説】を第1章 ビル清掃員は見た
---ビルクリ豆鈴木、誕生!で 自らの自立奮戦記を述べています。これは、私の二本立てのホ−ムペ
−ジ(年金とライフプランが二本柱です)から見ますと、完全に「ライフプランニング」の事項です。
 さらに、豆鈴木の「ビル掃除のおじさん」体験記 ビル現場で著者が見たものは?と言う本のウラ帯六つ
のタイトルを見ますと、整理整頓が出来ている会社は元気な優良会社である。(⇒経営学) 元気な会社は
「環境」に対する意識が高い。膨大なゴミの排出、と電力問題。これが今問題となっている、ヒ−トアイラン
ド現象、温暖化現象に繋がると言う。これは社会現象学の問題でもありまた【環境問題】そのものです。
 ビルの清掃員としての仕事のヤリカタの体験記から、日ごろ余り見ていない「裏の事情」も判ります。
その上、現役時代の管理職としての経験から、クル−の対人関係などヒュ−マンな事柄も知る事が出来
ます。これは人間関係論そのものです。
 健康維持のための「生きがい」としての仕事で、掃除は身も心も清めると「すべて前向き」に捉えて著者
の明るい人生観も伺うことができ、「生きがい論」としても秀逸です。
 3年間この仕事をやり通し、部外者としての新鮮な「ナゼ」と言う好奇心から、この業界を冷静に観察して
います。恵比寿tガ−デンプレイスタワ−での「仕事の方法」の他に、「ギョ−カイ【豆知識】」なるコラムと
言うか解説があって、この本を読む上での手助けをしてくれる親切さも見事です。これはGまであって、建物、
ビルの管理、生ゴミ、オフィスの環境意識、森を守れ、などなど、いろいろと教えてくれます。
 地球はこのままでよいのか?環境問題とは何か?など、ビルの清掃問題を通して「問題の提起」を著者
は強く訴えています。特別編として業界トップへのインタ−ビュもある親切さです。
 推薦のことばは日野原重明先生です。地球環境の保全、ゴミ問題についての最前線からの警告レポ−ト
として推薦しています。著者はシニアの団体「元気に百歳」クラブを立ち上げました。
 第11章「共生」への思い --「グリ−ンセンタ−構想」--の中で、「自分の元気は自分でつくり、自立して生
きよう」「高齢者は、元気でいることが、最高のボランティア」と言う。鈴木氏の唱える「グリ−ンセンタ−構想」
は、元気に百歳クラブが目指している、「明るく、快適、安心して暮らせる高齢社会づくり」そのものです。
 日ごろ見慣れすぎている「ゴミ問題」を改めて見直す良い著書です。(本のカットは著者の作成です)
          最初に戻る            前に戻る