◎描かれたエルダ− 日本経済新聞社・編 集英社 1400円(税別)

 この本は日本経済新聞の毎週日曜日の「加齢社会の頁」に連載中のコラムです。2000年の4月から連載され
ました。2003年2月現在も好評で連載は継続中です。この内の92本が集英社から出版されました。
いずれ、この後の分は世に出る事でしょう。
 以前、「高齢化社会」と言いましたが、今は「少子・高齢社会」との名称が普通となっています。
世界に先駆けて長寿の世界に突入し、高齢者の人口は増えました。その一方で年金財政にも大きな影響を与
える、少産・少子化の傾向は歯止めが掛らず、高齢者人口は増えています。
 「年よりは死んでください、国のため」と高齢者のいこごちは、悪くなりました。では、エルダ−とは何か。
「どのように歳を重ねていくか」に世の中の関心は集中して来ました。
 65歳以上の人を「高齢者」と決めたのは、昔のことです。現在は75歳以上と言う人も増えて来ています。
 この本は小説・映画・テレビドラマ・漫画などの文芸作品の中で、高齢者がどのような役割を演じているのか?
日本国内に限らず、いろいろな高齢者(主役・脇役・端役を問わない)に登場させて、作家の意図を測り、この観察
から、【現代に通じる「ヒント」が得られるか】を目指したのでした。
 この連載の担当者は新聞社外の6人のその道のペテランです。「海外の作品を含めて、名作の中から
選んで欲しい」と言う条件だけで始めたようです。
 回想記 『岡本太郎が、いる』岡本敏子 ⇒ 著者は太郎の「秘書」として50年連れ添った人です。
「秘書」は「養女」にもなり岡本の口述筆記などをし、「太郎巫女」としての存在感があった。秘書がいる
老後。これぞ、「生涯現役」の証拠そのものです。このような秘書のもとで芸術の「爆発」を持続できた
のでした。このコラムの筆者は「人はどのような同伴者を持つかで、多彩なエルダ−エイジを過ごすか」と
結んでします。太郎の名言「老いることは、衰える事ではない。年とともにますますひらき、ひらききった
ところでドゥと倒れるのが死なんだ」。このとおり、こう生ききれたのは、秘書の彼女あつてのこと。
この他、ト−マス・マンの「
ヴェニスに死す」 有吉佐和子の「開幕ベルは華やかに」 ヘミングウエイの「老人
と海」 川端康成の「眠れる美女」 桃谷方子の「百合祭」 などの作品とエルダ−達。
 映画ではヘンリ−・フォンダとキャサリン・ヘプバ−ンが老夫婦を演じた「黄昏」 小津安二郎の「東京物語」 新藤
兼人の「午後の遺言状」 チャツプリンの「ライムライト」などなど 盛り沢山の「エルダ−達の登場」です。
 私達が日ごろ見ている、また、見てきた「文芸作品」を通じて、「elderとは何か」を問いかけています。
何度か観た映画の「ライムライト」は、チャプリンの最も自伝的な作品と言われています。老いた道化師は薄倖の踊り
子を自殺から救い、プリマ・バレリ−ナとしてライムライト(脚光)を浴びるまで、人生の師となり、最後は彼女の求愛
を若い作曲家に譲る。
 自分はどのような老後の生活を送りたいか。人様々な思いがあるでしょう。
 尊敬される高齢者か、生ける屍のような「厄介者としての」後半を過ごすかは、各人の胸三寸に掛っています。
この本を参考として、これからのことを考えることは大切です。毎日曜日が楽しみです。是非、この続きを待ちたい。
             最初に戻る        前に戻る