◎ いのち、生きる 日野原重明 瀬戸内寂聴 著  光文社  1200円(税別)

 今、出版の世界で超有名お二人の対談の本です。対談は読みやすく、すんなりと
理解できる特徴があります。キリスト教徒と仏教徒、現役の医師で経営・理事者と
僧侶(寂庵の主) 91歳と80歳 また、超多忙と好奇心の塊 たゆまぬ向上心。
「聴き上手」と「思いやりの心」などの共通点をお持ちです。
「前書き」の日野原さん、「あとがき」の瀬戸内さんを読みますと、この本の成立
の背景が判ります。京都と東京での心温まる対談です。
日野原「75歳を過ぎても新しいことに挑戦し続けたら絶対にできるようになる。ど
んどん始めてみることが大切。それまで使う機会がなかつた遺伝子のスイッチがオ
ンになるのです」
瀬戸内「私も自分が80歳なんて思えなくて、知らないものは何でも見たい、聞きた
い、体験したいとわくわくしています。それが若さの泉です。でも、先生の好奇心
と実践力には負けそう」
 このように、お二人の対談はすべて「前向き」です。この本の帯には「元気にな
りたい人、この指とまれ」と大きく印刷されています。
 この通り、対談をよく読み、かみしめますと、体の内面からコンコンと元気の素
が沸いてきます。
@お二人の元気分けてください A「老いのレッスンを創めましょう Bありがと
うで人生をしめくくりたい の 3部構成になっています。
 
お二人の食事談義、人生のタ−ニングポイント、エネルギ−の源泉、ライフワ−ク
友達、出会いの大切さ、健康の秘訣、老人と子供の関係、「死」の問題、最後をど
のように過ごすか、「死を安らかに迎えさせるケア」などなどがいっぱい詰まって
います。何時かは迎える「死」についても、現在の生き様についても、対談をどの
ように生かすかは読者次第です。対する相手の人を想い医者、教育者、宗教家、思
索者、カウンセラ−としてのびのびと心ゆくまでに話されています。
 日野原先生の著書で読んだ事柄の詳しい背景を知りました。日本画家の小倉遊亀
先生の主治医をされ、往診の時にお茶が出るくだりです。血糖値が高いが画伯に甘
い羊羹を許す−−老人用のアバウトな対処など。また、瀬戸内さんのベナレスでの沐
浴のところももウィットにとみ秀逸です。詳しいことは、先ずはこの本をお読み下
さって探しては如何?
 閉塞感の満ちている今日、明るい、プラス思考の 前向きの 良い本です。

                  最初に戻る     前に戻る