◎新世紀の年金制度 2000年 年金制度改正の軌跡   【編者】矢野朝水 前年金局長
                              社会保険研究所  3500円 (税別)
 この本は平成13年6月に前厚生省年金局長を4年近く勤めた矢野氏が、前の年の年金改正の経緯を
「記録」として残すために作ったものです。厚生省の正式な出版物に「年金白書」があり、既に2回刊行され
ています。厚生省のOBだった、吉原健二さんが、年金白書に書けない改正のエピソ−ドなど本音を記録と
して、残しては如何?との要請に応えたものです。
 第一部2000年改正の背景と進め方。第二部2000年改正の解説。第三部今後の課題。第四部論評。
第五部2000年改正を振り返る。参考資料からなる大部です。
 筆者の記憶違いでなければ、矢野前局長が行った年金に係わる情報公開としての「年金白書」は、2回
だけで、その後は刊行されていない。この意味では行きずまっている、そして、是非とも次の改正に新時代
の「改革案」を苦労して作らざるを得ない現在、この本は貴重な内容を含んでいます。
 若者の年金離れは「年金制度への不信感」が底流にあります。個人事業者が自分では個人年金に入り
ながら、自分は国民年金の保険料を支払わずに逃げ回る。
国民年金は既に空洞化が深刻な状況です。
 この上、厚生年金の空洞化も話題になっている今日です。中小企業の一部には、企業存続のために偽装
倒産し、従業員は厚生年金から離れ、会社はそのまま事業を継続すると言う世紀末的な現象も新聞沙汰に
なつています。
 前回の改正では、「五つの選択肢」を提示し、今まで無かった年金水準の削減を苦労して行いました。
また、5%削減だけでなく、支給開始年齢の引き上げ、年金受給者の賃金スライドの停止など 厳しい 事柄
も取り入れました。60歳台後半の在職老齢年金制度の導入、「総報酬制の導入(平成15年4月から)」その他
ドラスチックな事柄も取り入れました。これらのこまごまとした経緯が書かれています。
 5年に一度の年金制度の見直しの度に、給付の水準を下げる、保険料の引き上げ(据え置きもあり)は、
コレと言った抜本策になっていません。
 近く2004年改正の新しい改革の案が公開されます。新聞報道では、スォ−デンで取り上げられた新方式
・・・「支払う保険料は固定する」「受け取る年金額は、少子化・資金の運用などにより、変動する」・・・ようです。
 今までの「確定給付制度」から「確定拠出制度」への制度の変更です。
若者の年金離れを少しでも食い止めることを目指しています。
 この本で示している事は、それなりの努力の軌跡ですが、それだけでは解決出来なかったこと。即ち今後の
今までに無い厳しい状態(今、新しい改革案を模索している)への一里塚として、読み返し反省する資料と言え
ます。厚生省、年金審議会、与党と野党などの政治の関係などなまなましく書かれています。
 今も続く年金改革の審議とも絡み、「今後の課題」は日本の社会・経済の根の深い諸問題を提示しています。
 前回の改革の「もろもろの事」を検証することが、これからの大改革のために必要で、この本を一読すべきもの
と推奨します。過去を知ることが今後のために肝要と思います。

  

          最初に戻る           前に戻る