◎元気に百歳B 元気が最高のボランティア 第3号寄稿者62名「元気に百歳」クラブ編集部 1000円(税込み)

 2000年1月
に誕生した市民ボランティアグル−プが、昨年に続き「元気に百歳B」を10月10日に出し
ました。クラブの目標は、個々人にとっては「百まで元気」。全体としては「安心・快適・明るい高齢社会づくり」、
活動のこころは「元気が最高のボランティア」です。[本書の趣意書より]
 日野原重明先生の「巻頭言」、「元気に百歳、誰でもなれる - - 100歳の塩谷さん」 「スキ−にかける情熱
- -98歳の一人暮らしの知恵 三浦さん」など、ゲストの「元気の素」をはじめ、寄稿者の皆様は[元気印そのもの」
です。皆さんはそれぞれ「ボランタリ−活動」「人生観」「介護の体験」「感銘を受けたこと」「旅の感激」「過去の
出来ごと」などを、生き生きと表現されています。
 これらの中に共通のキィ・ワ−ドがあります。それは、「心の持ち方が長寿の秘訣」「感謝の気持ち」「健康の維持
のためのスポ−ツの奨め」「前向きに人生を生きていくこと」「好奇心を持ち、何事にもチャレンジ」「独立・自立の
精神」などなどです。良い友達と付き合い、社会に「貢献」しようとの、前向きの姿勢が満ち満ちています。
 そうです。「プラス思考」に満ちて、「有難う」の感謝の気持ちにあふれています。さすがは百歳クラブの人たちです。
 「グリ−ンセンタ−構想」など高齢社会に向けた提言などもあります。
 不景気で閉塞感のある今、元気を発信する「百歳クラブ」から「明るさ」「元気」をテコに新しい日本を創りたい
ものです。一読に値する良い本です。

                    最初に戻る   前に戻る