27 貴婦人と一角獣 トレイシー・シュヴァリエ 木下哲夫【訳】 白水社 2200円

 《貴婦人と一角獣》は6枚のタピスリー(フランス語)=英語ではタピストリーという=(綴れ織り)から
なる,中世美術の最高傑作です。
 15世紀末にル・ヴィスト家の注文でフリュッセルの工房で織られたと推定されている。6枚の
タピストリーは,それぞれ(嗅覚)(聴覚)(視覚)(味覚)(触覚)(欲望)を主題にしている。
この《貴婦人と一角獣》の6枚連のタピストリーはル・ヴィスト家から離れた後,1882年にフランス政府
で購入されました。修復の後,パリにあるクリニュー美術館(現在の国立中世美術館)の特別展示室に
飾られています。
 この本の作者は英国人の女性で,以前に「真珠の耳飾りの少女」=あのフェルメールの同名の絵画を
モデルとした「本」を書いています。映画化されDVDも売っています。
 その作者が世界的に「超」有名な《貴婦人と一角獣》をベースに,この「注文から制作過程と披露」
まで,彼女の想像力豊かに「つむいで」くれた。
 時は1490年から1492年まで。中世の「しがらみ」の中で注文者の家族,絵師,工房の親方一家,
などの織りなす人間模様は,私たちを中世に運んでくれる。
 まず,私なりに【あらすじ】を説明します。

 1490年 パリ 青年絵師ニコラ・デジノサンはフランス国王の廷臣の貴族ジャン・ヴィストの館に
呼びつけられる。お祝いに飾るタピストリーの注文です。ここから物語は始まります。
 図案はナンシーの会戦という血生臭いものでしたが,ヴイストの奥方ジュヌヴィエーヴの要望で
会戦でなくて,神秘的な一角獣の図案に変更されました。もともとこの絵師は細密画が専門であり,
絵師の指定はジャン・ヴィストではなくて,奥方の推薦でした。
奥方のジュヌヴィエーヴは3人の女の子を産みますが,貴族の世継ぎの男子を産めなくて,夫婦仲も
最悪の状態でした。夫との対話もなく教会にお参りすることで,この世の「はかなさ」を紛らわしています。
 よその館でニコラの細密画を見て,夫にニコラを推薦したのでした。しかし,自分からは図案の変更は
夫に言えなくて,絵師から「上手く図案の変更を話しなさい」と頼まれます。
 自分の館に飾る6枚のタビストリーなのですが,国王にのみ忠誠を尽くし,妻・子には関心のない
・・・閨も共にしない貴族の「夫」には「この変更」も絵師に言わせるのでした。
 侍女の進言もあり,変更はスンナリと成功しました。男子のいない貴族ジャン・ヴィスト家では,
タピストリーは将来,長女のクロードのものとなります。
 絵師のニコラはこのクロードに惚れ,クロードもまた絵師に惹かれてしまいます。
ニコラは女たらしです。前にこの館の女中に手をつけ子供も産ませていますが,知らん顔しています。
 母親に反抗的なクロード
は将来の有望な貴族に嫁ぐ大切な「身」です。このために奥方の
ジュヌヴィエーヴはクロードとニコラを引き離します。
 タビストリー制作は当時,世界的な水準であった,ブリッセルの織り方の工房,ジョルジヨ親方に
任されます。絵師は図案を描けば織師の手に任されるのですが,ニコラは自分の絵に他人の手が加わる
ことが嫌だと工房にも出かけます。
 ここで,ブリッセルの工房での物語になります。親方と同じ名前の息子のジョルショ。母親であり女将
のクリスティーヌ,盲目の娘のアリエノール。ここの絵師と徒弟。娘のアリエノールを嫁にほしい
染め糸の職人(アリエノールは彼を嫌って嫁に行きたくないが,両親はOKを与えている)その他の
人間模様が重なり合っています。
 この小説はタピストリーの注文から出来上がるまでの物語です。織り上がるのに3年近くかかりました。
フリツセルの工房の中身は中世のギルドの世界です。なにか中世に飛び込んだ気分になります。
 タピストリーに織り込まれた貴婦人には4人の女性がモデルになっています。
想いの通りに生きていけない人たち。
@貴族の娘として生まれたために,生涯を共にする男性さえも選べないクロード。
A愛してもくれず,尊敬も出来ない夫とも暮さなければいけないクロードの母親のジュヌヴィエーヴ。
(本心は修道院に入りたいが夫はそれを許さない・・・宮廷では夫婦の参加が建前・・・なので)

B女に生まれたために工房のきりもりを行い,娘の願いも叶えられない母親のクリスティーヌ。
C家業を潰さないために働きもっとも嫌な男と結婚から逃げられない盲目の長女のアリエノール。
 作者はタピストリー図案の女性をいろいろなところで折り込みをしている。
様々な人間模様がある。
 15世紀末の中世と言う中で,女たらしの絵師,仕事にかける職人魂,家族愛,生活。
中でも貴族の立場と庶民の立場など,この「綴り織り」は色々な事柄を示してくれる。
しかし,正確なことは何も判明していない。
 フランス中部,アルシーの領主・
貴族ジャン・ヴィスト家の家紋があるので,彼の注文のようだと
言われている。正確には克く判らないのが本当のところだ。
 ただ,織り方の特徴から見て,ブリツセルで織られたと判断する専門家が多い。一角獣が千花紋の
楽園で貴婦人とともにいるが,この文様はブリツセルのお得意とするものだった。
 私ごとになるが,ニューヨークにある,メトロポリタン美術館の別館のクロイスターズに二回行った
ことがあります。パリのクリニュー美術館に2回行っていますが,クロイスターズはかなり以前のことです。
 この別館はフランスから移築した修道院です。父親から莫大な富を引き継いだロックフェラーJrは,
ここにある7枚の「一角獣」などのタビストリーその他の中世の彫刻などを見て「やすらぎ
を得ていた
そうです。不眠症に悩まされていて,引き継いだ富に対する「毒」の浄化のために眺めて,それらを全て
寄付したとのことです。ここのタビストリーも「一角獣」ですが 狩りでついに射止められ,館に運ばれて
死にますが,後で復活します。(キリストの再生を意味しているとも言われています)血なまぐさいものです

 パリのタビストリーはニューヨークのものとは異なり,背景も赤く見るからに楽園的な雰囲気です。
貴婦人と侍女と一角獣が千花紋の楽園にいます。このタビストリーを,想像力を膨らませて
書ききったトレイシーの力に敬服するばかりです。
 また,510年前に空想を飛ばさせてくれた小説に感謝します。

 この小説は5章建てです。1490年から1492年のジャン・ヴィスト家でのクロードの
婚約発表(完成披露)までですが,「数人の当事者の一人称で語られる」形式になっています。
このために,頁一杯に自分の思いが語られており・読むのに少しですが時間がかかります。
 このタビストリーに関心が強く持ったので,この綴れ織の「しっかりした解説の資料」を
探したことは既に書きました。検索の結果がこの本でした。
 検索の仕方が悪かったのかもしれません。こんな訳で,パリに出かける前に急ぎ読み終え
ました。作者の想像力でかかれています。「これで良し」ではなく,とりあえずの対策でした。
 クリニューの展示室で「実物と」対面し,この部屋にある解説書をコピーしたことは
(市川の旅の記録の19)に書きました。
この本の紹介(私の感想文 でもある)と【関連が強く《国立クリニュー博物館》い行きたい
方は こちらをクリック
してください】
 帰国の後に改めて「この本」を読み返しました。出かける前は「急いだ読み方」だつたので,
再度の「読み」で改めて各自が述べたことが判りました。
それでも,まだ読み切れてないかもしれません。
 「本」は 再読も効用アリと感じました。
 特に,盲目の工房の娘のアリエノールのこと。手先に「目」が付いているみたいとの「女たらし
の絵師」の言葉や,彼女の小さい世界である「庭」の情景,ここでの 色男との「まじわり」
などは,見過ごしていたことでした。
 主人公であるクロードが深窓の少女なのに「性」についての,うずき とか 自己主張をする
ことも改めて知りました。
 中世のことはです。500年も前のことで,想像するだけですが,暗いと言われる
中世ヨーロッパの一面をこの本によって,知り得たことは大きいと思いました。
 文筆家でも,歴史学者でもない私にとって,中世の美術には関心がありましたが(タビストリーも美術品),
宗教の色彩が色濃く”暗黒時代”とだけと考えていたのに,現在のの豊穣な文化の基礎でもある
ようだとも思いました。
 持ち時間も多くはないけれど,「中世について」図書を探して調べてみたいとも思います。
 この意味でトレーシの本はタピストリーを契機に,市川の「好奇心」を誘ったみたいです。

 本利紹介の積もりでしたが,この本の紹介を兼ねて「私の入れ込み」をお知らせした形になりました。
 初めてタピストリーの実物を見た2004年1月から,今回の再訪の2006年7月まで,
「旅の記録19」と「本」の紹介を併せてご覧下さい。

       
      TPO頁「ルニュー」に戻る         今月の本のリストに戻る