26 腕一本 巴里の横顔 藤田嗣治 近藤史人 編 講談社文芸文庫 1300円

 東京国立近代美術館で「生誕120年 藤田嗣治展」が開かれ,連日満員の盛況でした.
藤田(1886-1968)の展覧会は没後も開かれてきたが,画業の全体像を示すまでには至らなかった.
今回は学生時代の自画像から晩年の聖母子像まで,約百点で構成されており,全体の歩みを
伝えている.
 この本は混雑していた展覧会の会場にて求めたものです.独特の風貌と奇抜な行動などにより
パリで時代の寵児となった,画家・藤田嗣治の「エッセイ集」です.
画家,藤田の昭和4年刊の「巴里の横顔」と改定復刻版の「腕一本」などを定本とした
近藤人史・編の文庫本です.時代に翻弄された画家・藤田嗣冶の光と影の人生を写す,貴重な
資料です.目次には T「 エコール・ド・パリ1917〜1929」U彷徨の日々 V文化と芸術
W私の生い立ち・夢の中に生きる−未発表ノートより の4部構成になっています.
 20世紀初頭のパリ,モンパルナス地区でのピカソやモディニアリ,ドンゲン,パスキン
ウリトロ(私たちはユリトロの名で知っているが)などとの交流や芸術家の生き様など
極めて面白く読み応えのあるエピソードなどもあのます.
 当時のパリでの一人立ちするまでの苦労と画業の研鑽や第一次世界大戦でのパリでの
空襲の記述などは,読むのに値します.そんなこともあったのかと外国で生き抜く苦労話
もあり,天才画家の苦心のありようも判ります.
 偶々06年4月16日放映のNHK新・日曜美術館「ベールを脱いだ伝説の画家」にて
45分間番組を観ました.23日にチケットを並んで買う間に前に並んだ人もこのTVを観て
展覧会を観ることにしたようです.
 改めてエコール・ド・パリ時代,日本で戦争記録画(これが後で問題になった)を描いた
時代,日本を離れフランスに帰化した晩年などを予習して展覧会に出かけたが,【光と影】の
人生を送ったこと《人生の浮き沈みの落差の大きいこと》が理解できました.
この番組に出た評論家の立花隆氏はパリで代表作である「寝室の裸婦キキ」を観たそうです.
乳白色の透明な「肌」を作る工夫が功を奏したのでした.日本画の手法を加えたようです.
 「世界の女」「画室で拾った話」なとを読むと「キキー」とモデルの彼女のことを知る
ことが出来ます.
成功の影にはいろいろな苦労があることも判ります.また,画家としてのさまざまな精進
もこの本から伝わりますが,パリに溶け込んだ一流の文化人でもあります.
 NHKのテレビを見たことから展覧会に行き,この文庫本を求めました.少しだが
伝説の画家に近ずけたのでした.
この本では,藤田の戦争画については余り触れられていないが,「日本を捨てた」のではない
「日本に捨てられた」との言葉も,帰化とクリスチャンになったことに関係あるのでしょうか.
晩年の子供の絵や礼拝堂のフレスコ画など,彼の人生を想いました.
この意味でこの文庫本は貴重なものと想います. 



      TOP頁「メニュー」に戻る            今月の本・リストに戻る