25 ダ・ヴィンチ・コード ダン・ブラウン 著 越前敏弥 訳 角川文庫(上・中・下とも552円 税別)

 この本は 「紹介」「推薦」のたぐいではなくて,私の【読んだときの感想】を書きます.
 この訳は,欧米で大変な評判を取り売れに売れている本ですし,映画も全世界同時公開として日本でも
大変に評判になっている本です.正直に言うと,一気呵成に読み終えました.
 私はクリスチャンではないので,キリスト教の難しい教義は知りません.泰西絵画が好きですので「神話」と
キリスト教の初歩の知識は一応は判っている積りでした.
 この本の批評を避けて「読後感」としたのは,2003年の刊行以来44ヶ国語に翻訳され,全世界で4900万
部も売れた大ベストセラーですが,ヴァチカンの総本山から問題視される(と,クリスチャンでない素人が思う)
ような内容を含んでいるからです.どこかで「禁書」になりそうだとの記事を見たような気がします.
 2006年5月号の「ナショナル ジオグラフィク・日本版」に【ユダの福音書を追う】が掲載され,定期購読し
ているので読みました.エジプトの砂漠で発見された1700年前ほどのパピルス文書です.そこには「裏切り者」
ユダとイエスの,驚くべき物語が記されていたのでした.
 非クリスチャンがこの種の宗教の本質に「入り込むこと」は 避けるべきことと考えます.
キリストは結婚しており妻はマクダラのマリアで娼婦ではない.理由あって「隠し事」をしている.
 ダビンチが絵画の中に恐るべき「暗号」を隠していた.キリスト教の本元は「隠蔽工作」をしたいた.
 どうやらこの面白い本は「禁じられている【謎解き】」がメインのテーマのようです.
先にも述べたように,西洋絵画は大好きです.ルーブル美術館には昭和47年が初回で延べ20回以上も訪れました.
この本の最初はこのルーブル美術館の内部での殺人事件の場面から始まります.
 ロンドンのナショナルギャラリー,ウエストミンスターなど「謎解き」に関連して観光案内と言っても良いくらい
にブローニュの杜,ホテル・ド・クリヨン(ここ2〜3回アメリカ大使館隣のホテルを定宿にしている)など,パリ
の知っている場所などが出てきます.パリ・ロンドンの思い出と「独自の解釈と大胆な想像力」で超一級の物語(エン
ターテイメント)に仕上がっています.
 レオナルド・ダ・ヴンチの「ウィトルウィウス的人体図」「モナリザ」「岩窟の聖母」「最後の晩餐」など
知っている有名絵画や言葉がポンポンと出て来ます.
 これだけでも興味が持てるのに,何か「隠されたもの」がある見たいで知的好奇心をかき立てられます.
人間は真実を求めるものです.ルーブル美術館の館長が有名絵画のある一室で暗殺者に殺されると言った幕開けから
吃驚ものです.ハーパード大学の教授と殺された館長の孫娘(暗号の解読官)がスリラーそのもののドタバタ劇で
ハラハラさせつつ,パリからロンドンまでも,更に行った事は無いがスコットランドまでも,数多くを尋ねる.
 この全ては実在の建物であり,これらの建物に【謎】の回答を詮索しながら,ハラハラ・ドキドキの旅を繰り返す.
登場人物の博学にも驚き,引き込まれてしまいます.
 秘密の結社とは何か.幻想物語みたいだし,スイスの銀行の貸し金庫の有様.官憲の追跡など,良くここまで
書けたものと感心するばかりです.

 私ごとを少し.最初に本屋の店頭で本体でなくて,「ダ・ヴィンチ・コードの謎を解く」サイモン・コックス・著
東本貢司・訳 副題は「世界的ベストセラーの知的冒険ガイド」を買ってしまいました.
 私の娘が「本」を先に読むか,「映画」を先に見るかを考えていると話していました.先日本屋の店頭でこの本の
文庫本が平積みされていました.手にとってそろそろと思って取り上げた時に後ろにいた20才位の女性が私の娘と
同じことを友達と話し合っていました.そこで直ぐに文庫本を買い,一気に読み終えたところです.

 ミラノには何回か行きましたが.「最後の晩餐」は最初は昭和48年に,二回目の夫婦の旅行でも幸運なことに
この壁画をみました.ウィーンにはニューイヤーコンサートで何回か行きました.この帰りとかバイロイト音楽祭
の帰路にはロンドンにも数回行き,ナショナル・ギャラリーにも毎回行って名画を堪能しました.「岩窟の聖母」も
あの暗い小部屋で眺めました.もちろんルーブルには上記のように良く通いました.
 たまたま,映画の公開の大きな新聞広告もあったり,幾つかのTV局で「ダ・ヴィンチ・コード」の特集を組んで
放映しています.
 本の新聞広告ですが,『「ダ・ヴィンチ・コード」謎を解く旅への招待』とか『ダ・ヴィンチ・タロット』なども
見受けられます.今は物凄いブームになっています.
 今は,読み返しと少し急ぎ読みの反省です.映画はどのようになっているのか,楽しみです.これが感想です.
  

       TOP頁「メニュー」に戻る        今月の本リストに戻る