24 花を売らない花売り娘の物語  権八成樹 著 光文社 定価 952円+税

 光文社のペーパーバックス(062)です.副題はハイタッチ・マーケッティング論
と,書いてあります.
 裏の表紙には,”切れば血が出る”生身のマーケッティングとは・・・と書いてあり
ます.この本は普通の感覚の「経営の理論」ではなくて,「モノ」ではなく「感動」を
売るビジネス人生のあり方.と,表紙にも書いてあるように,『人生の書物』です.
 題名に驚きます.横組みの本です.05年8月30日 初版1刷発行 などの
奥付けは本の後ろでなくて,最初に出でいるのもこの社のペーパーバックスの特徴なの
かもしれません.
 「嘘」「間違い」「忘却」こそが人間の素晴らしさ
 ビジネスは「100−1=99」でなく「100−1=0」
 顧客は「集める」のでなく「集まる」
 「できるかできないか」ではなく「やるかやらないか」
「面白半分」ではなく「面白全部」で生きよう
 あなたは「論理の罠」にはまっていませんか?   などなどの「権八節」にみち
みちています.
 読みますと横文字が多く書かれており,著者の作成でしょうか「イラスト」が多いの
も特徴です.
 有名書店で売れ筋が良いと聞いています.その通りだと思います.
【はじめに】と最後にある【おわりに】から読むことをお勧めします.


 実は,05年の夏にJTB主催の16人限定の団体旅行でスペインに行きました.
私たち夫婦は著者ご夫妻とたまたまご一緒でした.こんな訳で権八さんと親しく話す
機会が多くありました.セゴピアの世界遺産の「水道橋」を見た後にここの大聖堂に
4人で入り,その時に帰国したら「本」が出版されると聞きました.

 マーケッティングの図書とのことで,現在の私には「縁が薄い」内容と勝手に想い
「本」の出版,おめでとうございます,と自分の出版記念パーティの体験などをその時
話した記憶があります.

 帰国して直ぐに「図書」の贈呈を受けました.そして,読みました.
読んでみて【はじめに】のように,この本はビジネスの書ではありません.
 ビジネス人生の書です.を実感しました.
 著者は日本IBM社に長く勤めて,定年の後に関連会社の理事を務めたそうです.
在職中に,あるコンピューターセミナーで受講者の1人から真剣な「質問」を受けた
そうです.
このことは,18頁に「人間がコンピューターより優れている点は何か?」と質問
されたとのことの内容が記述されています.最初からこの本に「吸い込まれ」て
しまいました.お読みになることを強くお勧めします.
 海外旅行と言う短い旅行の中で受けた,権八さんの「お人柄」がにじみ出ており,
日本の古典・茶道・歌舞伎.また,西洋絵画など多方面に亘り参考になります.

 文字通りの「人生の本」です.

    TOP頁「メニュー」に戻る     今月の本・リストに戻る