21. 死の壁    養老 孟司 著 新潮社    714円(税込み)

 ベストセラ−「バカの壁」の売り上げ部数をさらに凌駕したとのニュ−スを聞き買い求めました。
本文の中で『現在は多くの人が、死を考えたくないと思っている。生を受けた人は100%死ぬ。
結論は判り切っている。でも、たまにはその種のこと「考えておく」と案外安心して生きられる
かも知れない』と養老さんは言い切っています。本人は「安心して生きいいる」とハッキリ述べ
ています。
 TVや著作・講演などで売れっ子の解剖学の専門家です。専門の解剖学だけでなく、科学哲学
から社会評論まで広く活躍されています。
 『バカの壁』の向う側。なぜ人を殺してはいけないのか。不死の病。生死の境目。死体の人称。
死体は仲間はずれ。脳死と村八分。テロ・戦争・大学紛争。安楽死とエリ−ト。死と人事異動。
などの「章建て」になったいます。
 私があれこれと言うよりも、お読みになることをお勧めします。
「逃げず、怖れず、考えた【最終解答】と本の帯に書かれています。私の推測ですが、これは
「新潮新書 創刊1周年!」とPRしてあり、新潮社の方がこのコピ−を考えたのでしょう。
 普通は余り考えたくない、逃げていた「死」にまつわる問題をいろいろな形で取り上げて
います。しかし、それは生きていくうえでは決して避けられない問題です。
 葬式、「生の定義」「死の定義」「脳死臨調のもめたこと」「安楽死」深沢七郎さんの
『みちのくの人形たち』と言う小説から「まびき」のこと。また、「蘭学事始」の杉田玄白の
くだりでは、さすが解剖学者と感心しました。
 イラクの戦争とブッシュ大統領、小泉純一郎と鈴木宗雄。楢山節考と老醜その他、この本の
成立は養老さんの「口述」を新潮社の方が文章にしたそうです。
 養老さんは「人間科学」と言う本に書かれていることを「やさしく」したものと解説していました。

『バカの壁に続く第二弾です』


     TOP頁「メニュ−」に戻る          今月の本・リストに戻る