20. 夫というもの   渡辺 淳一 著 集英社   1400円+税

 私の推薦の本のNo.8で紹介した、「エ・アロ−ル それがどうしたの」の著者の新しい
本です。「失楽園」「化身」など多くの著作で有名な作家のユニ−クな「著作」です。
 巻末に次の【詩】がありますので最初に紹介します。
          夫は雲である
     空に浮かぶ雲のように
      いつもふわふわとしていて 頼りない (若年)

     空を流れる雲のように
      たえず形を変えて 定まらない (中年)
  
     空をおおう雲のように
      日がな家をおおって くすんでいる (老年)

 この本は「メイプル」2001年10月号から2003年4月号の連載された「エッセイ」をもとに大幅
に加筆訂正したものと、著者は述べています。
 私は「男性」です。人類には「男」と「女」があります。時には、「女類」と言うものがある
のかとも考えることあります。『夫のこと わかっていますか』と 著名な人気作家が男性の妻帯者
を冷静に分析しています。PRの文章には「セックスレス、ED、帰宅拒否症、男の更年期、熟年
離婚なと゜ 新しい夫婦のあり方のバイブル誕生』と書いてありました。
 私のホ−ムペ−ジは「年金問題」と「ライフプランニング」の「二本立て」です。
 判っているようで実は判らないのが、「自分」のことであり、『夫婦』のことです。これは、今に
始まったことではなくて、ギリシヤ悲劇、シェクスビィアの劇その他にも書かれています。
 ライフプランニングを研究し、「長い老後の生活をまっとうするには」など説く、市川はこの本の
広告を見て直ちに書店に行き求めました。第1章から第19章があります。ここに、記します。
 男が夫になるとき、妻とのセツクス・蜜月時代、妻とのセツクス・中年時代、妻とのセックス・
熟年時代、夫の浮気・生理の違い、夫の実家とその両親、妻の実家とその家族、帰宅拒否症、
専業主婦願望、会話が下手な夫たち、妻に言われたくない言葉、夫のEDとその対策、離婚に
踏み切れない夫、マザコン夫とその対策、夫の初老期鬱病、定年という名の逆転劇、定年後を
いかに生きるか、一夫一婦制はどうなるか。
 普段あまり考えなくて、なんとなく「夫婦って」何?と「気になる方」に一読することお勧めです。
 「夫」とは何か、統計から見た男、配偶者や恋人以外とセックスする理由、夫婦の家事の分担
割合、家庭生活の満足度、日本人の年齢別ED有病率、都道府県別離婚率(2002年)年齢層別
にみた離婚件数の割合、離婚の動機別割合、平均寿命の年次推移などの統計資料も多くあります。
 さすが、著名な作家の説く「夫婦の中の【夫】とは」には、説得力があります。
 この本は「ライフプランニング」の根源の事柄を「作家」の「目」から分析し、記述しています。
「なるほど、なるほど こんなことか」と【うなづくこと】多くありました。
 人生のいろいろなステ−ジで、対処すべきことが多くあります。「夫婦のありようは」千差万別。
決まった「理想の教科書」はないでしょう。夫婦の生活設計はそれぞれの夫婦でしか作れません。
 判っていそうで判りにくい「夫婦像」を「定年」をチャンスに考えようか---ではもう遅いのです。
 今回の年金改正で、【夫婦の年金分割】が盛り込まれました。改正のたびに益々判り難くなって
しまう、年金の世界に「夫婦の離婚による年金の分割」もこれから発生します。
 年金の窓口では、年金問題だけでなくて、「弁護士さん」が扱う事柄も発生し、複雑になると
指摘する声もあります。
 年金そのものも【ライフプランニング】ですが、永くなった人生で「夫婦」のあり方も大切です。
この本は、この意味で「お互いを理解する」夫婦の協力をどのようにするかの一助になると思いま
す。


     TOP頁「メニュ−」に戻る        今月の本・リストに戻る