19.年金が消える   榊原英資 著  中央公論新社  1400円+税

 昔の大蔵省で「ミスタ−円」と言われ著名な財務官だった官僚(現在は慶応義塾大学
教授)が今回の年金の改正で、「緊急書き下ろし」した年金の本です。
 保険料を払っている現役の人たちの多くは、それが自分の持分あり、将来、約束通りに
年金の給付を受けられると思っている。しかし、実態は保険料の支払いは現在、または近
い将来の退職世代の年金給付にあてられているのであって、将来の本人の年金のために積
み立てられ、運用されているのではない---と「警告」している。
 積立金の不良債権比率が40%近くあり、国民年金の未払い率が四割に迫る公的年金は、
財政的に既に破綻していると説く。現在の形の修正積立方式の年金は消えていかざるを得な
い。
 日本は社会保障大国となり、国民負担率も増えています。保険料の徴収が安易に行われ
(増税に比べて)いるが、その資金運用などが他の財政支出に比べて杜撰に行われている
としたら、その規模が膨大になってきているだけに問題は深刻だと言います。
 年金の制度は改定のたび毎に複雑になってきました。
 今回の改正の「目玉」の一つに、夫婦間の年金の分割(離婚時の)があります。
ただでさえ難しい年金問題なのに、改正案が通過しますと、今後は民法の問題---弁護士とも
相談すると言う、社会保険の窓口にて「より複雑な」事柄も出てきます。
 この本は、第1章 静かな反乱 で「財政再計算」政治と行政 第2章 公的年金はインフ
レ時代の遺産 第3章 企業の年金からの撤退---企業年金関係のこと 第4章 厚生官僚達の
野望と誤算 第5章 腐っている年金資産 第6章 年金制度はどこにいくのか 第7章
自己防衛のための七か条 となつています。
 さすが財務官僚だった人ですので、国家財政の観点で「厚生官僚」のやり方を批判しています。
本の内容はかなり難しいものです。しかし、コラムが12ヶあり、年金制度の解説の書でもあります。
 今までの改正の失敗、女性と年金、スウェ−デンの年金改正、今回の2004年改正の概要と
政権与党の合意書の骨子、民主党の年金改革案など、為になる内容です。
 この前の18.「年金を問う」とは一味違った「年金問題の」の本です。経済同友会の抜本的
な年金改革案なども181頁に書かれております。
 最近、年金の本が氾濫しています。この中で読むに値するものと推薦します。
どうしようかと゜迷う」方は、「まえがき」をご覧になって下さい。


    TOP「メニュ−」に戻る       今月の本・リストに戻る