17.年金を問う    日本経済新聞社 編  日本経済新聞社 1500円+税

 03年秋の総選挙で「マニフェスト」と言う、今までの選挙公約は「何だったの?」と叫びたくなる
新しい現象が出現した。政党が国民に「こうします」と約束することは大変良いことです。
 その後、いろいろあって2月に政権与党は年金問題について「合意」しました。(巻末に
参考資料あり)
 今現在国会で審議し始めた段階です。小泉首相の「年金一元化」の発言で少し揉めました。
 民主党も政府案に対する「対案」も提出しました。
ご存知、現在、マスコミ(TV、新聞、週刊誌など)では、物凄い「年金フィバ−」です。
多くの本が出版されています。ここで紹介するこの本もその一つです。
 度重なる年金制度の改革のため、日本の年金制度は「複雑怪奇」なものになってしまいました。
この本の「まえがき」で【「不公平のデパ−ト」と化した日本の年金】と大げさに記述しています。
 これだけ年金問題に国民が関心を持ったのは、珍しいことです。「マニフェスト問題」もその原因
でしょうが、大多数の人にとって、年金は最大の関心事となったからでしょう。
 「国民皆年金」の理想は高くても、国民年金に入らない人が40%近くもある(金持ちでも加入せ
ず個人年金に入っている人もいる)現実をどのように見るか。
 5年に一度の改革で国民の不信感が増えつつあるのは、単なる手直しの「改革」でなくて、「根
元」まで考えた本格的な真の改革を先送りにしてきたせいです。単なるリホ−ムでなく「基礎」から
の改革を怠り、小刻みの「改正」を選んだ私たちと政治家の問題でもあります。
 この本は昨年来の日本経済新聞の記事をとりまとめ、紙面に書き得なかったことまで、追加し
たものです。
 一人一人の国民が年金問題を「自分自身の問題」として考えてほしいとの意気込みで書かれて
います。
 第一部 落ちた信頼、 第二部 ちくはぐな改革、 第三部 描けぬ未来、 第四部 改革論議
迷走の40年 の内容です。内味の濃い、類書を寄せ付けないものと思います。
 このほか、巻末に参考資料として ◎国民年金の一部を改正する法律案要綱」と「◎平成16年
年金制度改革に関する与党合意」まであります。
 また、【年金早わかり】や【年金こう変わる】もあり読みやすく、ためになる「本」です。
 厚生年金の将来の保険料率の18.3%が最終的に政治決着した、ドロトロした内幕まで細かく
記述しています。また問題の「先送り」など、国民の誰もが抱く「年金への素朴な疑問」に親切に
解説しています。 


    TOP頁「メニュ−」に戻る         今月の本・リストに戻る