17.中年まっさかり      永井 愛 著  光文社文庫  457円+税

 中年は若い頃より面白い! 中年は守りの季節どころか、最も冒険するにふさわしい。
知識・経験の充実期。中年時代は本当の自分を見つめ直すべきと、著者は言う。
 子供の頃は、遊ぶことなどに忙しくて「時」「年齢」を考えたことがなかった。社会人と
なっても初めは「新人としての」あまやかしもあって、将来のことなど考えたこともなかった。
最近の風潮は社会人一年生が自分の年金のことなどに関心を持つなどとの、話も聞きます。
 「子供笑うな来た道じゃ」「年寄り笑うな行く道じゃ」などとも言われていますが、とかく
若いうちは、青春が何時も何時も永遠に続くものと思っていた体験があります。
 勤め人となり、雨の日の昼休み時間などで先輩たちによく言われました。
「若いうちは 好いよなぁ。若さこそすべてさ」「結婚は墓場だぞ!」と。
これに対して私は「何言っいんの」と反発したものでした。そして意識のあまりないまま、定年
も過ぎて年寄りの部類に突入していました。私の若い頃は「ライフプランニング」など言う人は
ありませんでした。この本は、今はやりの人気の劇作家の痛快エッセイ集です。
 やや否定的に取り扱われがちだつた「中年」を前向きに捉えています。
評判の良い劇作家が、芝居のこと、身辺の出来事、社会の諸現象を女性の立場で書いています。
 初出は「小説宝石」2000年1月号から2001年12月号までの24ヶ月連載したものです。
2002年3月に光文社から出版されました。2004年3月に「文庫版」として出版されたばかりです。
 「おばさん」として、この頃電車の中で見かける「化粧する若い女性」に対し、「よくも人前で」
と眉ひそめながら、冷静に観察者として(劇作家ですから)興味を持っているそうです。
 日本劇作家協会が募集した『優秀新人戯曲集』を「理事」の立場で、「売り込み」をしたこと、
また、16で紹介した「こんにちは母さん」の初演時の「台本」の遅れなど、劇作家なりの悩みも
注意深く読みました。
 この時の主演した(最近の再演も)加藤治子さんの言葉は印象的です。こう言っていたそうです。
「この年になるとね、去年できたとが、もう今年はできない。そういうことがたくさん出てきます
からね。若い人の一年とは違うのよ。ですから、台本は一日も早く---」と何度も念をされたとか。
 時は容赦なく過ぎ去っていきます。「中年まっさかり」からいつの間にかは、老人に。
ライフプランニングの立場から、いろいろと考えさせられる内容です。


   TOP「メニュ−」に戻る         今月の本・リストに戻る