16.こんにちは母さん      永井 愛 著 白水社 1900円+税

 新国立劇場にて04年3月に再演された「こんにちは母さん」の本。3年前に数々の
「賞」を獲得した話題作です。
 あらすじは、下町の商店街、その一角にある実家に息子が久しぶりに帰る。会社の中でも
家庭でも人間関係の上手くいかない息子にとって、生まれ育つた浅草の家は最後の拠り所。
職人だつた父亡き後、一人暮らしの母は迷惑そう。趣味、勉強(源氏物語など)ボランティア
で忙しい。髪の毛も染め昔の母の面影もない。その上、好きな人(古典を教える元大学教授)
もいる。
 高齢社会、地域活動、ボランティア活動、外国人留学生とのかかわり、「老いらくの恋」と
元教授とその子供の思惑。息子のリストラのために首になった、息子の同僚との葛藤。
 この本の帯には、大きく【知っているはずの人間と あらためて出会う】---読売文学賞作家
による、味わいぶかい擬似家庭劇---と書いてあります。
 「一番身近にいる人のことを、本当に理解できているのだろうか?今まで本音で語り合うことを
避けてきた人間同士が、真正面から向き合って話すことを始めたら?」
 没コミュニケ−ションへの警鐘を笑いとペ−ソスを交えて書かれています。
 私は好評で再演されたこの劇を観ました。この幕間に、作者で演出も担当した、永井 愛さん
の本を買いました。劇作者・演出家で二兎社主宰の永井さんのサインもその場で頂きました。
 劇作者の頭の中はどのようになっているのか? 普通の人と違うなと、感心しました。
現在の日本の縮図。戦争のこと、親子の難しい関係、息子の家庭崩壊と「拠り所としての母港」
の様変わり。更には首切り役がリストラの対象になど、考えさせられることのオンパレ−ド。
 本の名前。芝居の中で息子はこういっています。「いきなり台所に顔を出して「こんにちは、
母さん」なんて言ってみたかったの」と。
 156頁のこの本は内容の濃いものです。いろいろと考えさせられる本です。



    TOP「メニュ−」に戻る        今月の本・リストに戻る