15. ケ−タイを持ったサル--「人間らしさ」の崩壊   正高信男 著 中公新書 700円(税別)

 朝日新聞に1万8千部も売れているとの記事があった。早速本屋に行く。ベストセラ−の理由が
判った。駅などで見かける「ジベタリアン(地面に座る)」電車の中で化粧を行う、ル−ズソックス
「ウソ−、カワイィ!、ウソ−・マジィ」などを大声で話す。今時の若者たちの諸現象の快刀乱麻の
切れ味。おじさん達の「うっぷん」を晴らす【素晴らしい】書物です。
 そして、著者はサルを研究する科学者です。正面きっては言えないが「ケイタイ」なら連絡できる
若者たちの「ありよう」を心行くままに「解説」してくれます。
 そして「若者たちが嘆かわしいこと」になってしまつたのは、彼らの母親のせいであると言います。
この本の『題名』から判るとおり、「ことばの乱れ」動物の「猿」に近くなった「ケイタイ世代」の
綿密な観察です。現代日本人は年とともに、人間らしさを捨てて「サル化」しつつあるのです。
 「家の外」に出る事を拒む(ひきこもり) 子離れしない妻と居場所のない夫 メル友を持った
ニホンザル 「関係できない症候群」の蔓延 「子供」を作らなくなった訳は? という「年金問題」
にも直結する 興味津々の本です。
しかも、猿の仲間を呼ぶ声と「ケイタイ」の関係を説くなど、動物学、社会学、年金問題その他にも
関連しています。

      TOP「メニュ−」に戻る        今月の本・リストに戻る