14. 夫よ!あなたがいちばんストレスです 村松克子 著 河出書房新社 1200円(税別)

                               

 新聞でこの本の広告を見ました。面白いイラストで直ぐに書店に行き買いました。奥さんは風呂に行く夫の姿に最大の拒絶
反応を示しています。手前に眼鏡、二つの靴下、ズボンと上着、左手にタオルを抱え、右足の「くるぶし」にはパンツをが脱
ぎかけ。愛くるしい行動と嬉しがる妻はいないでしよう。
 数年ほど前に 《主人在宅ストレス症候群》と言う「言葉」を新聞で見かけました。
夫の定年で家の中に居座る「御主人」の存在で、奥さんがストレスがたまり「困る」というのです。
 いや、困る以上に「うっとおしくて」イライラし、ストレスが溜まる症状です。
現役時代の働き蜂の男性は、週休2日でした。奥さんは土曜日と日曜日だけは、お相手をし調子をあわせました。
 つまり、月曜日から金曜日までの5日間は「お休みの日」でした。しかし、定年で家の中に ブラブラ する夫のため、この
週休5日が「消えて」しまったのです。定年後の夫婦のギクシャクの原因は、ここにあります。
 新婚時代を別にして、長い結婚生活で相手の「アラ」も目につき、お互いの真実を見つけてしまいます。家のロ−ン、子供の
教育など、夫婦の協力する項目は、かってはありました。
 子育ても一段落し、激しい会社員生活もやっと終わった夫は、家の中に「居場所」を求めます。が、奥様はたまりません。
「夫をストレスに感じる」ことになります。いろいろな夫婦があって、各人各様でしよう。
在職中の我慢の連続から「開放された」夫は我慢の「たが」が外れます。頑固にもなり、我侭にもなります。
 癒してくれると期待した「妻」との、すれ違い劇がここから発生します。
男だけの飲み会などでは、妻の「疲れた戦士 つまり 夫」への待遇に対し〔不満〕が爆発します。おそらく、妻族はこの
反対のことを、女同士で語り合っていることでしょう。
 お金ストレス、子育てストレス、住まいストレスなどのうち、「夫ストレス」が最大だと言っていますが、定年後の老夫婦では
子育て、住まいの項目は外しても良いでしょう。「夫ストレス」だけは慎重に対処すべきです。
 この本は、意外や意外!定年以前の結婚暦20年位の夫婦の「行き違い」の実態と、その対処法です。
長年、女性雑誌で活躍する著者が、ミセスたちの声をもとに纏めた「家庭内ストレス」の実態です。
 いつ、どんな理由で「愛」は「ストレス」に変わるのか? そのストレスを「どうすれば解消できる」のか?を親切に書いてい
ます。市川のホ−ムペ−ジは「年金」「ライフプラン」の2本建てです。老後の長い生活===ライフプランの経済問題の一つとし
て、公的年金がある。この路線から見ると、この興味津々の「この本」は30〜40歳台の夫婦が多く、27歳と52歳の女性の
ケ−スもあります。〔結婚前のマメ亭主が変身〕〔一緒に暮らして初めて判った、彼のたまらなくストレスなくせ〕〔家事のこと
まで口を出す細かすぎる夫〕などなど。
 この本の3章に あなたと夫のストレス体質をチェックしてみましょう があります。五つのタイプに分類してあります。
 自分、自分達のタイプを見つける、どのようにしたら、ストレスを無くす、或いは軽減するかなと試してみては?
加齢と共に遠慮がなくなりますが、相手の嫌がることは避けるべきでしよう。相手はこんなこを「ストレス」と見るかを知り、その
ような事をしない注意・配慮が必要でしょう。「終わりよければすべてよし」を目指して、相手に【ストレス】を与えないよう
長年の相棒を尊敬し、配慮しましよう。
      TOP頁「メニ−」に戻る         今月の本・リストに戻る