13.ロ−マ人が歩いた地中海 人類史上初のツァ−旅行体験記 トニ−・ペロット 著 光文社 2900円

 549頁の本で活字はビッシリ埋まっています。写真などは少なくて読み終えるのには努力が要ります。
このような訳で是非ともお読みくださいとは、言いかねます。しかし、好奇心の強い方には「お勧めもの」
と思いました。著者はオ−ストラリアの生まれです。ニュ−ヨ−ク在住の旅行作家です。
 著者はニュ−ヨ−クの図書館で、「古代ロ−マ人のための旅行ガイド」を見つけました。ギリシャ・ロ−マ
の古典が大好きな著者は大いに興奮し、ロ−マからエジプトまで、ロ−マ人の足跡の通りに旅してみようと思
いたったのでした。
 あと一度だけしか長い旅行ができないとしたら、何処に行くでしょうか?著者の選んだ行き先はこの本に書か
れている、「地中海ツァ−」でした。
 団体旅行のパイオニア、古代ロ−マ人たちがその当時のガイドブックを手にして、各地を歩いたのと、同じ
体験をする---と言う、時空を越えた「本当に変わった遺跡巡り」が内容です。
 パウサニアスの『ギリシャ記』、ストラボンの『ギリシャ・ロ−マ世界地誌』などを頼りに各地の遺跡に感激
する一方で現代の都市の混雑・公害問題などにも触れています。妊娠しているパ−トナ−との宿探し、昔と変わ
らぬ悪徳商法に出会うとか、この紀行文に魅せられます。著者と彼女が悪戦苦闘するが、古代の旅人達も同じ
思いをしたと考えると、人間の好奇心・行動など2000年の時間を超えて、目に浮かびます。
 2900円と言う高価な値段ですが、読んでみますと「雑学」の宝庫と判ります。有名な人の行動などです。
知っている皇帝ではアウグストゥス、ティベリウス、カリギュラ、ネロが書かれています。
 また、オリンピックを観戦したストア派の哲学者エピクテトス(紀元55年頃〜135年頃)がオリンヒア旅行の
楽しさについて、『うだるような炎天下に一日いられるだろうか?混雑にも耐えるられるか?風呂に入らなくても
つらくないか?いろいろな不快でも気が狂わないか?けれど、もちろんそんなこともすべて、忘れられない光景
を見るためなら、耐えられるだろう』と興奮した言葉を残している そうです。
 知っている有名な人もマンマと悪徳業者にだまされてそうです。ロ−マの記述で現在の公害問題の「はしり」
とか、ナポリ、カプリ、アテナ、オリンヒア、スパルタ、ミコノス、ロ−ドス、エフェソス、トロイ。さらに、アレ
キサンドリアとギザやテ−ベなど、著者が古代の人は、こんな旅をしたのだろうと、想像を豊かな擬似体験に
引き込まれてしまいます。世界の七不思議の内、バビロンの空中庭園以外はこの本に出ています。
 ホメロスの「イ−リアス」は神々も同時に参戦したような変わった「叙事詩」ですが、古代ロ−マ人は関心が
強かったようてす。神秘主義者のアポロニュウスがアキレウスの墓前で彼に話なしかけたら、地震の後彼が現れ
たとか--好奇心の坩堝に引き入れてくれます。塩野七生さんの「「ロ−マ人の物語T〜]」や「オディシュウス」
さらに、ギリシャ・ロ−マ神話などとオ−バ−ラップしていて、興味は尽きません。好奇心旺盛の方にお勧めです。
 本の献辞として次があります。【レスリ−(市川注・著者の彼女)とユノ−、最高位の女神たちへ】
いゃ− 時間を忘れ 読みました。総ての人向きか・特殊の人向きかは別として、変わった図書です。

          TOP頁「メニュ−」に戻る      今月の本・リストに戻る