12.老いの思想 古人に学ぶ老境の生きかた 安西篤子 著 草思社 1500円(税別)

 市川のホ−ムペ−ジ(ライフプランニング)にふさわしい良い著書です。心して推薦の紹介をします。是非お読
み下さい。
 著者は1927年生まれの閨秀作家です。昭和40年に直木賞を受けています。本の裏表紙に「ああいう年寄りに
なりたくない」と思っているあなたに とあります。著者は【順境であれ逆境であれ、老いも闘いである 人生の
達人はいかに老境を乗り切ったか】を日ごろの愛読書を頼りに、古今東西の12名の老年の生きかたを集めて紹介
しています。江戸時代以前の日本から3人(吉田兼好、世阿弥、宮本武蔵)中国から3人(孔子、則天武后、李
白)ヨ−ロッパから3人(ラ・ロシュフコ−、ゲ−テ、アンドレ・モロア)江戸期以後の日本から3人(新井白石、
根岸鎮衛、宮本常一)です。それぞれの方の書物・評伝などから、著者のフィルタ−を通じて「どのように老年
期を迎え、過ごしたのか?---を知ることが出来ます。
 老年になっていた著者は親を失っみて、自分がいつの間にか老年の仲間入りをしていたことに、気がついたそう
です。著者以外にもそのような人が殖えているのではないか。明確な自覚もないままに、老人と成り果てて狼狽し
たそうです。
 この本は「老年期を過ごす心構え」が出来ていなかったことへの反省として、著者の選んだ古人が、いかに「老
い」「過ごしたか?」を知りたいと思ったそうです。「先達に導かれて老いの森に入るか」を考えたとのことです。
 
 人生設計は簡単には出来ません。自分なりに作成したとしても、世間は甘くなくて思ったようには行かないのか゛
現実です。まして「どのように作成するか」の段階の方もいるはずです。
 未知の世界は体験が無いから不安です。しかし、先人の足跡をたどることは可能です。どのような老後を送るか
は、各人各様でしょう。若い時は体力はあるも金はなし。老いては 金と閑・時間があっても、体が言うことを利
かないといった矛盾が大有りです。
 人生の黄昏となり「もう時間ナシ」と悔やむか、いや、今は「人生の午後の自由時間」と考えるかは、各人の考
え方次第です。
 この本の幾つかの事柄をみて、老後でも明るいこと(時間持ち・知恵持ち・多少の金ありなど)ありと、前向きに
生きたいものです。世阿弥、李白の晩年を知り運命に同情します。学生時代の教科書だけの「徒然草」の老境の上
手な過ごし方、ゲ−テの「年を取るとは新しい仕事につくこと」という言葉と死ぬまで衰えなかった頭脳と感性は惹か
れます。根岸鎮衛と「耳袋」は初めてこの本で知りました。宮本常一のことも新鮮に受け取りました。
 新井白石を少しは知った積もりですが、この本で改めて「折りたく柴の記」も読みたくなりました。
この他、ラ・ロシュフコ−の「箴言集」を断片として知る程度でしたが、老人に向けられた言葉は辛らつです。自分
に向かっての事でしょう。「引退について」などは私・市川への言葉とも思えます。時間作って是非お読み下さい。
 人は老いをどのように過ごすこと可能なのでしょうか?
       TOP「メニュ−」に戻る          今月の本・リストに戻る