◎いつもバタバタしている人の気持ち張り替え術 バルバラ・ベルクハン 著
               瀬野文教 〔訳〕草思社 1300円(税別)

 この本の帯には多くの人が『飛びつくキャッチフレ−ズ』が目立つように出ています。それは、やることが多すぎ
てお困りのあなたに
と。なんと言う魅力ある「言葉」か。かく言う市川もこの言葉に惹かれて、買いました。
 著者は1957年生まれのドイツ人の女性です。ハンブルグ大学で教育学と心理学を専攻した。ざまざまなカウンセリン
グの研究、実践活動を経て現在はコミュニケ−ショントレ−ナ−として活躍しています。
 2000年に邦訳された「アタマにくる一言へのとっさの対応術」は我が国とドイツでベストセラ−になりました。
この本は《無駄を省き、パワ−をたくわえ、才能に磨きをかけ「強い自分」をつくりましょう》と実践的な指導書です。
 泥沼のままの世界的な不況の中で、「生き残るため」には、著者は「強い自分」を作るしかない。
「勤勉のみが成功を生む」と言う神話は崩れ去った。新しい時代には、自分の長所だけを徹底的に伸ばすことを薦めて
ています。この土壌作りには、
【何もしない時間】を持つことが大切言う。
 時間の配分で重大な間違いを犯していると指摘しています。完璧主義はやめる。「仕事の背負い込み」は良くない。
上手に断る手立てを実行しなさい。自分の時間とエネルギ−を奪う「パワ−泥棒」に如何に対処すべきか。「やらなくて
もいいことは山ほどある」「些細なことに振り回わされていないか?」
 楽な気持ちで「ノ−」と言いなさい。このためのお勧めの「お断りフレ−ズ集」も66頁にありました。
自分からわざわざ骨をおることはありません---と「お人よし」を諌めています。要は、気持ちよく仕事して、苦しみの少
ない人生を送るのには、自分が行動すること。スマ−トに怠けるコツを覚える。ちょっとだけ「世捨て人」になったら?
 「何もしないことの素晴らしさ」を知ること。気分転換をしてリフレッシュしよう。仕事=自分と考えない---など、マン
ネリ状態の自分を見直しをしなさいと説いています。ごもっともです。
 この機会に「豊かさとは人生を楽しむこと。楽しむだけでいいのです」と割り切る。
自分の仕事・日常生活の「やり方」のスィッチを切り替えるのは「読者の貴方です」と言い切ります。一日の持ち時間
は誰でも24時間です。今迄、「バタバタしていた」そして、これからも「バタバタのパタ−ン」状態から離脱するの
は、全て「自分の考え・行動」です。
 人生の残りの時間が僅かな人は、過去を振り返り「悔やまれる」の一言だけです。しかし、知らずに今までと同様に
行動したら後悔の連続したままです。市川は今「過ぎ去った時間」を後悔しています。この気持ちが、「イエスタ−ディ
の石碑」を見て「しまった」と大反省した次第です。このホ−ムぺ−ジのTOP<メニュ−>の中の「コラム欄」の
「淡
島の石碑」
ここをクリック)に詳しく載せてあります。宜しければご覧下さい。
 また、まだまだ人生の残り時間を多くお持ちの方は、この本を参考に「この世の中の幸せ」を勝ち取って下さい。
いろいろなヒントがあります。良い忠告もあります。だが、「生かすのは自分の意思」なのですね。
 忙しい時代を生き抜くための「心の常備薬」として、手許に置いておきたい1冊です。

       TOP「メニュ−」に戻る             今月の本・リストに戻る