◎シェイクスピアに学ぶ 老いの知恵 小田島雄志 著 幻灯舎 1400円(税別)

 
前書きで、著者は最初に次のように言っている。『なにしろ「シェイクスピア」である』と。
これが全てを物語っている。シェクスピアは幼年期には幸運に包まれて育ち、多感な少年期に不幸を知った。そして、
没落した家族を見る世間の目が、かってと一変したことを嫌と言うほど感じたと言う。シェクスピアは難しい哲学や理論
を展開する思想家ではありません。人間に興味をもった座付きの作者だったのです。
 人の幸不幸を操る運命は気まぐれで、本音と建前を使い分ける人間は移り気なものと言う人生観・人間観は著者に
言わせると、シェクスピアの全戯曲の底流に流れる大動脈となっています。
 現在、価値観が多様化し唯一絶対の価値基準などありえない時代に、シェクスピアは良き先輩です。
著者は37編の全訳を行ったシェクスピアの第一人者です。先行き不透明なカオス化の今時、私たちはどのように生きる
か。それらを、さらりと示唆してくれる=シェクスピアの人生観・人間観を作品の中の「対話」「ひとりごと(独白)」
から学んで行こう。示唆してくれる。これを汲み取ろうという本です。
 普通はある特定の戯曲を幾つか知る程度の人が多いと思います。私も著名な戯曲を少しだけは知っていました。
しかし、専門家の著者が各場面について細かく解説してくれます。重要な対話・科白はふと文字で印刷されている、ご
親切です。劇の進行・あらすじだけは知っていたが、その奥に潜む事柄を教えい貰いました。この意味ではシェクスピ
アの優れた解説書でもあるし、著者の72歳の人生の体験からの感想もあって、人生学の優れた本でもあります。
 「老い」「人間観察」」生と死」「親と子」「愛と恋」の各章立てになっています。また、マクベス、ハムレット、
リヤ王、オセロ−、ロミオとジュリエット、から騒ぎ、お気に召すまま、ヴェニスの商人、テンペストの概略も付いています。
 【あとがき】で著者は「いかがでしたか」「シェクスピアの台詞の中に、心に触れる言葉がいくつかありましたか」
と問い、「あったでしょう」と言っています。「もし、なかったと言う人は、生きることに怠惰な人です」とも突き放して
います。
 その通り、よくよく玩味して読めば、いたるところに人生の真実があります。著者は自分の体験を通して判り易くシェ
クスピアの知恵を書いています。例えば、友人の下宿に著者が転がり込んだ時、友達の父親が「金の貸し借りはする
な」と友達に諭した。その時チラと著者を見て、「小田島君には貸してもいいけど」と、とってつけたようなことを言っ
たとのことでした。この時著者は「カチン」ときたことを覚えていると述べています。
その父親は、ハムレットの中のポロ−ニアスと同じことを戯曲の中で述べていたと、後刻判ったそうです。それは、
「ハムレット」の第一幕第三場で、オフィ−リアの父親が息子のレアタィ−ズに様々な「人生訓」を授ける場面です。
(外国へ行く時)このようなことが至る所にちりばめられています。
 「老境」「大人の知恵」「はかなさ」などなどがシェクスピアの戯曲の場面・台詞から湧き出ています。
高齢社会となり、いろいろなことが起きています。冒頭の『なししろ「シェクスヒア」である』とあるように、彼の作品
から学ぶ、いろいろな知恵の宝庫です。時間をかけて、じっくりと味わうべき本です。

      TOP頁「メニュ−」に戻る            今月の本・リストに戻る