◎死をどう生きたか 私の心に残る人びと  日野原重明 著  中公新書 660円 (税別)

 ライフブランのことや「平均余命はあと何年か?」などについて、陰気臭くて聞きたくないと
言う人がいます。普通、ある時点から「死とはなにか」を考えるようです。
 この本は人が何時かは迎える「死ぬこと」のレポ−トです。
現在の医学界の最高峰に位する日野原先生が体験した事柄です。
この本は「新薬と治療」に書かれたものが「もと」になっています。
 1993年の初版で、私が買ったのは2002年8月(34版)です。
現在、日野原先生の著書は良く売れています。
その売れ筋の本の傍らにこの新書判がありました。日野原先生の45年の医師生活で、主治医として
臨終を看取った方の内の何例かを書いています。若いときに担当した15歳の女工さん、大使夫人、
有名な宗教家、実業家。これらの方の病み、死にいたる実録です。先生はクリスチャンです。
 先生はクリスチャンになりなさいなどとは一言も言っていません。しかし、本の中で東大から
内務官僚を勤め上げた人が、死の間際にキリスト教に改宗して亡くなったことがありました。
 世間では結婚式は神前で、亡くなるときは仏教と宗教には関心が薄いことが普通のようです。
仏教寺院が葬式仏教になっている様子を見ると、何か考えさせられました。
 先生は死を通じて人間の生き方を教えられたと「はじめに」で記述しています。
最近、「死の臨床」や「末期患者のケア」が、関心を持たれて来ました。「死をどう生きたか」を
ありのままに書いてあります。「ただ一度の人生をあなたらしく生きるためのヒント」として、
読みが甲斐のある本と言えます。
                  最初に戻る     前に戻る