駿河湾、沼津港から伊豆半島の西海岸を望むと約6キロ先に淡島と言う小島があります。(写真左)

                    

ここに「あわしまマリンパ−ク」と「淡島ホテル」があり、海岸沿いに遊歩道が設けられています。

淡島の南西部に「イエスタ−ディ 若き頃」の石碑が建っています。この石碑を見てみましょう。(写真右)

イエスタ−ディ 若き頃

イエスタ−ディ 若き頃   人生を楽しく甘く味わった

舌に感じる雨のように   人生をばかばかしいゲ−ムとからかうなど

ちょうど夜風が蝋燭の炎をからかうように

無数に見た夢も   華麗な計りごとも

すべて崩れやすい砂の上で   長持ちするように築きあげていた

私は太陽と共に生きた   昼間の明かりと共に

今になって   やっと歳月がすぎていったのに気付いた

 

イエスタ−ディ 若き頃   沢山の楽しい歌がうたわれるのを待っていた

喜びへと   いざなってくれたあらゆる道が   私を迎えていた

私の目は眩んで   苦しみなど見ようともしなかった

あまりにも早く走り過ぎて   青春の時間はついに   つかい果たしてしまった

人生は何なのか   と立ち止って   考えたこともなかった

そして今   思い出せる会話は   すべて自分のことについてだけ

 

イエスタ−ディ   月も青く見えた

そして忙しい毎日には   何か新しいことがあった

青春を魔法の杖のように使い

将来の無駄や虚しさをを感じることはなかった

うぬぼれ   横柄な態度で   恋もしたが

燃やした炎は   あまりにも早く消えてしまった

 

友達も皆なぜか遠ざかってしまい

幕を降ろすとき   ステ−ジに立っているのは自分だけになってしまった

私の中には   うたってもらえぬ歌が沢山あり   苦い涙を舌に感じる

ついに   自分の若き頃のおかえしをしなければならない時がきた

 

 この石碑の厚さは15a位で、Oと言う財界人の説明があります。それによると、「原曲は1964年 フランスのシャンソン歌手 シャルル・アズナブ−ルが自ら作詞作曲して唄ったシャンソン曲の有名な詩であります。1993・3 」と彫られています。なお、未だこのシャンソンを聴いたことはありません。

 この石碑の詩を良く読みますと、考えさせられる事が多くあります。貴重な青春を知らぬ間に使い果たしてしまった。自分本位でウハウハと過ごし、気が付いたら友達も去り、舞台には自分だけ残っていた。後悔先に立たずと。悔悟の情だけが残った。

 振り返って自分のことを省みるに、この詩のように「青春」の有り難味を、さほど意識せず、気が付いたらもう人生の最終楽章に突入していた。「悔やまれる」の一語だけです。

 以前「マネ−ジャパン」と言う経済誌に2年契約で「年金」の解説を担当したことありました。私は毎月1頁のスペ−スでしたが、 永漢さんは4頁を受け持ち、次のようなことを書かれていました。

 「百金あれば良馬を買い、千金あれば良妻を求め、万金あれば地位を求める」との古代中国のことを書いていました。さんの解説では、今風に言えば、良馬は外車(この時はアルファロメオと具体的に指摘)を、妻をお金で買うのは問題だが、昔の中国のことであり、ギリシャの大富豪のオナシスさんが、ジャックリ−ヌ・ケネディさんと夫婦になったことを挙げていました。今時、地位、名誉をお金で求めることは問題です。しかし、古代では地方長官など手に入れたかもと述べていました。要するに百、千、万の単位で求める対象は違う。「落ち」は次のことでした。【では、「青春」の値はいかほどか?】

 さすが、さん、「青春はお金で買えないもの」を言いたかったのでした。

 百歳クラブの一員が「吾が青春に悔いあり」と後悔して、しょげていただけでは救われません。過ぎたことは仕方が無い。前向きに考えましょう。健康、身体の状態など悪くなっても、戻ることはありえません。

現在のほどほどの健康を感謝し、次なる人生設計を練り直したいが、さんが述べた「青春」の値はいかほどかを若いときから知っていたらと、やはり、愚痴が出て来ます。

淡島の石碑の「詩」は若いときの特権をミスミス流してしまった、自分の「ふがいなさ」を教えているように感じました。

■この文章は市川孝二が会員である「元気に百歳」クラブのホ−ムペ−ジ、「リレ−ト−ク」
No.157(03.03.08)に投稿したものです。シャルル・アズナブ−ル CHARLES AZNAVOUR
は1924年5月22日 パリのサンジェルマン・デ・プレで生まれました。両親はアルメリア
移民です。
 淡島ホテルに置いたあった「セブンシ−ズ」と言う雑誌に、彼がサンレモ音楽祭で審査委員
長を務めたとの記事がありました。

先に新聞を眺めていたら,このアズセナブールの最後の日本公演(東京)の広告がありました。
私よりも先に生まれているのに,元気で公演活動をしている事が判りました。
未だお元気なのですね。公演にはマイクを使うからかもしれません。
 好奇心の強い私は関心はあるが,下のほうに出ている「CD」を聞くことで我慢します。

△知人にこの石碑のことを話しましたら、次の情報を貰いました。⇒日本語で「検索」し、ス
ペルを調べて、Yahoo USで名前とYesterdayで「検索」したそうです。
淡島の石碑の英語の歌詞を知りました。
 市川にとっては、この「詩」は大変気になるアイテムです。私だけなのでしようか?

  パソコンを習い始めて2年半の私ですが、知人の情報にならい、Googleで「検索」しました。
 そうしたら どうでしよう 彼の生年月日とは別に、何と 私の「リレ−ト−ク」の「淡島の石碑」
も検索されました。あらためて パソコンの機能の大きさに びっくり しました。
◎市川に この英文の歌詞を教えてくれたのは、中野稲門会「知の技術研究会」の伊藤さん です。

 ここに、歌詞を転記します。
Yesterday when I was young,
The taste of life was sweet as rain upon my tongue,
I teased at life as if it were a foolish game,
The way the evening breeze may tease a candle flame;
The thousand dreams I dreamed,
The splendid things I planned I always built, alas,
on weak and shifting sand;

I lived by night and shunned the naked light of day
And only now I see how the years ran away.

Yesterday
When I was young, So many drinking songs were waiting to be sung,
So many wayward pleasures lay in store for me
And so much pain my dazzled eyes refused to see,
I ran so fast that time and youth at last ran out,
I never stopped to think what life was all about
And every conversation I can now recall concerned itself with me,
and nothing else at all.

Yesterday the moon was blue,
and every crazy day brought something new to do,
I used my magic age as if it were a wand,
and never saw the waste and emptiness beyond;

The game of love I played with arrogance and pride
and every flame I lit too quickly, quickly died;

The friends I made all seemed somehow to drift away
And only I am left on stage to end the play.
There are so many songs in me that won't be sung,
I feel the bitter taste of tears upon my tongue,
The time has come for me to pay
for Yesterday When I was Young.


 市川は何か、この歌に こだわって いるみたいです。別の友人にアズナブ−ルの詩を話しました。
このHPの前半で、未だにシャンソンを聴いたことが無いと書きました。聴きたいとの意向をこの友人が、嬉しい事に
実現してくれました。本人があきらめていたのに、銀座のヤマハに行き調べてくれた上に、求めて送ってくれました。
 JAZZNAVOURと言うCDで、彼の写真も出ており、有難く好意を受けました。14曲が入っており、6番目に
YESTERDAY WHEN I WAS YOUNG が【帰り来ぬ青春】と表記してありました。
en duo avec Dianne Reeves とあり、デュオ ではじめて この歌を聴きました。
 真剣に聴きましたが、検索した歌詞の上から11行の”drinking songs”は(lovely songs)と歌っていました。
かって味の素KKの人事部で一緒に仕事をした 古沢さんに 感謝し、 幸運を味わいつつ追記しました。 

 私は淡島ホテルとこの島の海岸線沿いの「散歩道」が大好きです。月に1回ぐらい この淡島に行きます。
この石碑には特別な想いがあることは,この文章からお判り頂けるともいます。
この石碑を始めて見た時からもう12年以上経ちました。最近は長年の風雪などから石碑の「文字」のペンキが
剥げている箇所が見え出しました。ホテルのスタッフに「塗りなおすように」進言しましたら,その箇所のペンキを
塗りな直してくれました。
 さて,この石碑はこの島の遊歩道の海際に建っています。石碑の反対側は駿河湾の海です。
対岸には,(元)豪華客船 スカンジナビア号 が係留されていした。

 この船の近くには何回か行った事があります。ホテルのサービスの一つとして クルーズ船を出す事もあって
時々はコレに乗って近くまでクルーズ船で行くからです。また,このホテルの部屋は全てが駿河湾沿いに建てられて
(つまり 駿河湾越しに 富士山を眺められます。各室のベランダからは 係留されているこの船を観る事が
出来ました。この「おむすび」型の島の山頂には136米の道標があります。この山頂には以前から地元の内浦地区の方々の
神社の「淡島神社」が鎮守されています。私は,元気でこの淡島に来られる事の感謝の気持ちから 必ず海岸際から
徒歩で神社に参詣する習慣にしています。この山頂の淡島神社からも伊豆半島を眺めると対岸に 係留されている,
スカンジナビア号を見ることが出来ました。
 しかし,この船は2006年9月2日の朝日・日経の夕刊紙によると,2日の午前2時ごろ和歌山県串本町・潮岬沖
で沈没しました。1970年に伊豆箱根鉄道が買い取り,36年間駿河湾に係留されていました。
 05年に海上ホテル・レストランの営業をやめて,スエーデンの会社に売却されてました。上海で修理してうえで
故郷に帰る途中の海難事故でした。
 淡島の石碑とスカンジナビア号は 私にとって「ワンセット」 のものでした。

アズナブールの「詩」のように,”時の経過” と 「はかない人生」を想いおこしています。
今年の夏(8月)は散歩の時にも 部屋のベランダからも眺められたのに,船はもう見ることは出来ません。

         最初に戻る            市川の想い に戻る