「さよなら コンコルド」【僕はコンコルドに乗ったことがある】2014.5.31  市川 孝二 

「消え去るもの」に愛着があるもの。以前にドイツのニュールンベルグ駅で異様な風景を見ました。SL(蒸気機関車)の行事です。ホームは珍しいSLを撮影する人達がカメラを構えて、列車はSLが牽引する行事に参加する客で一杯です。

日本でも同じです。

今は無い「怪鳥・コンコルド」に私は4回搭乗した体験があります。

「さらば怪鳥 超音速の旅」「超音速コンコルド 27年間の歴史に幕」との新聞報道を以前に見ました。

英仏両国が共同で作り上げ、同じ数の機体を保有する、あの独特な三角翼の「怪鳥」は2003年に引退運行を行い幕をとじました。フランスは先に運行を終了していました。これはバリ空港で離陸時に炎上した惨事です。2001年のことでした。

好奇心の強い私はパリ空港で駐機中のコンコルドを眺めた体験はあります。何時かは乗りたいで、延べ4回も搭乗しました。

 初めての搭乗は「AF001」便でニューヨーク13:00発パリ着22:40でした。出迎えのガイドは「私も乗りたい」「上空は真っ暗になるそうですね」と。私は答えられない。到着は夜だから。

ジャンボ機は高度11000メーター位だがコンコルドは18000メーター位で国際宇宙ステーションよりは低い。確認したくて又乗った訳です。

コンコルドの座席はAB通路を挟みCDの座席です。今は無いYS11の胴体を2、3本伸ばし三角翼を付けたようなものか。座席の上に荷物を格納する棚も無い。荷物は搭乗前に係員に預けます(荷物室に収納)到着時にスチュアーデスが荷物室から持ってきて乗客に手渡します。Fクラスの代金なので搭乗前に特別室でご馳走があり、その特別室から直ぐが「搭乗ブリッヂ」となっています。初めての搭乗時、隣はクリスマス休暇で帰るフランス人でした。食事時に配られたキャビアの小缶を開かずにボケットに。家族への土産と言っていました。私も真似てポケットにしまいました。

夫婦で乗った3回目と4回目は操縦室に案内されました。コックピットは計器類が多くここでもカメラで写しました。今は9.11事件後でコックピットに入れないが当時は「おおらか」でした。又、搭乗記念の書類(証明書)も渡されました。
以前にケネディ空港に着いた時にバスでホテルに移動する時に空港を離陸するコンコルドを眺めました。咄嗟のことでカメラを出すことも出来ずに眺めただけでした。コンコルドは騒音が大きく日本でサミット開催時にフランス大統領は例外的にコンコルドで来日した記憶はあります。

 騒音と燃費を食う事がコンコルの普及の「足かせ」でした。そう。今は無いものには懐かしいものです。

インターネットで調べると、いやいや、驚きました。私ごときものとは比較出来ない「マニア」の方がいて、驚きました。

私などAF社のバフレット保有だけだが、機内の食事の写真などもアリ感服の次第です。

 『音速マッハ2』の表示版の前で夫婦の写真を撮りましたが、その写真は「貴重な想い出」です。何で【M2】の前で写真を撮るのかと夫婦喧嘩寸前でしたが、コンコルド搭乗の記念です。

終わり

 TOP頁に戻る       市川の思いに戻る