幸福は何処にあるのか?


熊谷眞さんの勧めで数年前に「元気に百歳」クラブに入りました。同クラブの掲示板で熊谷さんは自分の「ブログ挑戦記」を掲載しました。熊谷さんがやるのなら私も・・・と真似ることにしました。その当時私は自分のホームページを開設していましたが、「簡易版のHPとはどんなものか」「トラックバック機能とは何か」にも興味があったからです。同クラブで「ブログ開設」の講習会があったので参加しました。その会場にはパソコンが数台あり、先生の指導で各自が「パスワード」を作成してブログのプロバイダーに登録の手続きをしました。生徒の数が多く、数台のパソコンを4交替位で各自がブログ開設の手続きをしました。

 私はパソコンを扱っていたのでスムースに進めることが出来ました。しかし、「何かを」作る必要があります。「百歳クラブ」と「新日鉄OB会」との共催で、明治神宮そばにある新日鉄代々木クラブにおいて「ブログの開設」の講習会に参加しています・・・と事務的に書くことも出来ます。しかし、私の初ブログ作成としては「月並み」な内容です。そこで少し格好をつけて「幸福の基準とは?」をテーマに選びました。他の参加者よりブログの設定は早くできたももの次にブログの開設手続きを行う人達が控えています。よって短い文章にしました。

 何故このテーマを選んだのかを考えますと、理由はありました。少し前に(私の記憶が正しければ)木の実ナナさんとか言う実力派女優(以前松竹歌劇団にいた・・・?)の文章を見たことがあります。彼女の子供時代、戦争に負けた後で住宅事情が悪くて「一間に親子数人で暮らしていた」そうです。狭くても「楽しい家族だった」そうです。

 今は時代も変りました。少子化時代です。親は何でも子供に与えます。学校や塾などから帰宅した小学生は直接自分の個室に入り、TVを見たりゲーム機で遊び、携帯電話で友人と連絡したりして親子の対話も少ないとか。空腹になれば母親の作った夕食を一人で食べる。全てがこのようであるのか否かは判りません。マスコミなどではこんなことが報道されていました。親や父祖母たちは「子供の欲しいモノを与え、子供たちの好きなことが出来る」と。

作今の核家族の状態と戦後間もない頃の、女優の子供の体験談を比べてみて、【幸福の基準って何なのか】【物質的に豊かであることが「しあわせ」なのか】などについて考えていました。関心のあった項目だったので,短く「この内容」を書いて市川の「初ブログ」にした訳でした。

 この背景にはこんなことがありました。医学博士・斉藤茂太さん著『肯定的人生観のすすめ』KKベストセラーズ社刊(195524日発行)の第6章「否定的な見方を捨てれば人生は楽しくなる」の中に次の文章がありました。【シェークスピアがこのような言葉を残している。「世界の中には幸福も不幸もない。ただ幸福だと感じた人が幸福で、不幸だと感じた人が不幸なのだ」同じことならば、今を幸福だと感じて過ごそうではないか。】と。 

《原文をそのまま転記しました》

 格好をつけた「市川の初ブログ」は斉藤さんの文章に起因しています。ただ、斉藤さんは源典を示していません。ただ、(シェークスピアの言葉)と述べただけで、どの戯曲なのか「源」は明示していません。私はこの言葉が大好きです。私はPREPその他で講演する時には、斉藤茂太さんの著書では「シェークスピアの言葉」と言っていますとだけにしています。「シェークスピアのどこの場面ですか?」と質問されても返答は出来ません。斉藤さんはこう言っていますと答えるだけです。しかし幸いにこの種の質問は未だ受けていません。

シェークスピアがどの場面でこの言葉を話したのか知りたいのですが、今現在は判らないままです。ツアーでバイロイト音楽祭にご一緒した東大の英文学者さんに聞きたいが、敷居も高く聞かないうちに亡くなられてしまいました。要するに「判らないまま」でした。

 ところが今年になって新たな発展がありました。私の入っている「中野稲門会」に『知の技術研究会(略して知技研)』があります。パソコンなどを中心に据えた勉強会です。7月度の議題は「各人の蔵書の整理」・「最近読んだ良い本の紹介」の(どちらか)でした。私たちの多くは蔵書の整理でしたが、一人だけ「中村天風」の本を紹介した人がいました。彼は【今日一日を最高に幸福に生きる秘訣】を取り上げました。【古語にも言うではないか「幸せかどうかはその人の心の思い方によって決まると」 「これってシェークスピアも似たようなことを言っているみたいだ。私は長くシェークスピアが何処でこう言ったのか「知りたい」と思っていたが不明です。知技研の皆さんで知っている人いませんか?と発言しました。

ソレに対して、仲間の女性の方が「そんなの簡単よ。【Google Book Search】で検索すれば良い、私は仕事でよく使っていから」とのことでした。私は聞き流していたら翌日にメールで中村天風を紹介した方から「検索したら」Quick Wits -Page 81の中でリンカーンの言葉として出ていたそうです。“A man is just as happy as he makes up his mind to be" と。【Google Book Search】は素晴らしいですと伝えてくれました。ならば私もと検索したがダメでした。直ぐにはたどり着かないのです。悔しいので2〜3回トライしてみたらその通りでした。ここで、私は長年の(シェークスピアの言葉)探しを取りやめにしました。シェークスピアの他にもリンカーン・中村天風なども言っていてかなりポヒュラーなことであることにやっと気いたからです。

斉藤茂太さんの先の著書を買った前後に、家内の誘いで身延山にある「しだれ桜」を見に行ったことがありました。身延まで「しだれ桜」を見に行くことに私は乗り気ではなかったのでした。しかし、たまには家内に付き合うことも大切と思い同行しました。その時のことです。身延山のお寺の中で次の和歌(正式には「道歌」というみたいですが)を見つけました。面白い道歌なのでとその時にメモ書きしましたが、困ったことにそのメモを無くしてしまいました。このために正しい記録ではありません。道歌は「ひらがな」書きでした。それに近い言葉を想い出して書きます。

【しあわせは ひがしにもなく にしにも きたにもなくて 「みなみ」にぞある・・・】のような31文字でした。「みなみ」は「南」でなくて、「皆(ミナ)」「身()」と読むのでしょう。自分自身の中に在る。これは中村天風やシェークスピアもリンカーンも言っていることと同一です。

 ベルギーの人で1911年にノーベル文学賞を受賞した、メーテルリンクに「青い鳥」という作品があり有名です。チルチルとミチルの兄妹は、幸福を招くという青い鳥を求めていろいろな国に旅に出かけます。しかし、どこに行っても青い鳥を捕まえられずに帰りました。疲れ果てて眠り、夢から覚めると、家で飼っていた、薄汚れたハトが青い鳥になっていた・・・そんな内容の童話です。

 メーテルリンクの「青い鳥」を絵本や童話集で読んだ人は多いと思います。聞いた話ですが、子供むけのために、最後には「青い鳥」が見つかったと言うハッピーエンドで終わっているそうですが、原作は童話でなくて戯曲で家にいた「青い鳥」はどこかへ逃げていったところで終わっている・・・と話してくれた友人がいました。

思うに、「幸せは身近なところにある。この身近にある日々の幸せを大切にしよう」とのメッセージなのでしょう。身延で見た「道歌」の「皆(ミナ)」「身()」と「青い鳥」とは極めて近い関係にあると思います。

人間は欲の深いものです。「しあわせ」のその先を求めることなく、身近なにある少しの「しあわせ」に満足したいものです。市川の「ブログ作り」の最初の出だしから、普段に考えていたことが“どうやら落ち着くところに到着した”ように感じています。

 斉藤茂太さんの本の言葉=【シェークスピアがこのような言葉を残している。「世界の中には幸福も不幸もない。ただ幸福だと感じた人が幸福で、不幸だと感じた人が不幸なのだ」同じことならば、今を幸福だと感じて過ごそうではないか。】をこれからも大切にしたいと思っています。


        TOP頁「メニュー」に戻る                市川の想いに戻る