04年金改革は?(本籍地 04nenkin kaikaku 040214)

 040214付けで、「○年金の受給者、受難の時代に?」は「メニュ-の5番目の
【得する年金情報−Fに「移しました」 主として、「年金の受給者」の質問に答えた
つもりでした。
 ここに、【年金財計算の年】である04年となりました。そうして、04年2月10
日に「04年年改革」は、閣議で決定されて、国会に送付されました。

 皆様 ご存知のように、03年の秋ころから週刊誌などで「年金問題」が多く取り上
げられています。また、最近はTV番組で「年金関連」の話題に事欠きません。
 国民の多くの人が「年金問題に関心が深まったのでしょう。良いことです。
 
 ここでは、時々刻々変わる「年金関係」特に、【04年の年金改革】を取り上げたい
と思います。
国会に提出された 法案は 「電話帳」ほどの大きさです。国会の審議の中で「修正」
もあるかも知れません。
修正の場合はそれなりに「新しい事態に」適応しますが、このあたりご理解して下さい。

 昨年秋の「マニフェスト」騒ぎはご存知のとおりです。細部は重複するので避けます。
本日【得する年金情報】に移しましたので そちらを ご覧下さい。
 さて、新しいこと。新聞報道では、04年2月12日の衆院予算委員会で基本的質疑
が行われました。
今国会の焦点である年金制度改革の関連法案をめぐり、民主党が独自案の今国会提出を
視野に論戦を挑みました。「総論は賛成」。「各論は平行線」みたいです。
 小泉首相は「いい案があれば与党も取り入れて」と柔軟な姿勢だったようです。
野党は、今回の政府案では年金への不信感が解消されないと政府に迫りました。

 2月14日の民放TV局 (最近は各TV局で,年金問題をとりあげている)では、
2人の専門家が「年金の将来」予測を手短に解説していました。一人は【将来は雨降り
です】もう一人は【こんな改革では年金の財政は破綻します】と。
お二人とも厳しい見方をしていました。私、市川も同じです。悲観的なことを言って、
皆様方を脅かしたくはないのです。
 しかし、どうみても、「年金制度の将来」は【暗い】と言わざるをえません。
日本経済経済新聞社の最新の「世論調査」でも、政府・与党がまとめた年金制度改革案
について、「評価しない」は23%、「どちらかといえば評価しない」は37%です。
 不支持はが60%に達して、「評価する」3%、「どちらかといえば評価する」21
%で、容認派の30%を大きく上回っています。
 年金制度そのものを「信頼していない」「どちらかといえば信頼していない」という
回答が59%で、「信頼派」は30%だった。
 「不信派」の年齢別では20代で80%、30代で82%を占めており、70才以上
では22%で世代間の違いが鮮明に数字に表れています。(2月16日の第2面)

 この所、この欄の筆は止まったままでした。最大の理由は、市川の怠慢です。
しかし、言い訳を申しますと、「これで良いのか?」の「年金問題への不信感」もかなり
ありました。【木を見て森を見ず】の国会審議など少し以上書くことに「ためらい」が
ありました。3月18日現在、国会は依然として「モメ」ています。
 本人にとっては「善意」であっても、拘束された女性を含む3人と男性二人の追加の
行方不明の問題も、年金の問題を吹き飛ばすほどの、大騒ぎでした。幸いに二つとも
開放されて、「自己責任」が問われています。
 年金改革関連法案をめぐる民主党の審議拒否や、与党は大型連休の前には法案の成立
を図りたいために、「公聴会」抜きの構えの動きもあります。
 先の小泉首相の「一元化」発言で政党間の「駆け引き」劇もありました。
民主党は責任政党として、政府案に対抗する「対案」を提出しました。
 年金の問題は『極めて大きな問題』です。政争ではなく国民のために真摯に議論して
欲しい事柄なのに、子供のけんかのように足の引っ張り合いの有様です。
 ここで、少し違った観点で「年金の問題」を考えて見ます。
それは、社会保険庁が「国民年金の啓発広告」に起用した江角マキコさんのことです。
 事件となつたのは3月下旬でした。女優の「未払い」を確認しなかった、社会保険庁
に矛先が向かいました。確かにその通りです。女優は後で2年間分の納入(限度あり)
したそうです。また、受け取った謝礼は返したそうです。「将来泣いてもいいわけ?」
は自分に帰ってきたと言うことでした。一番の問題は「本人の自覚」と思います。
「加入していない」人がコマ−シャルに出てはいけません。
このあと、野党などでは本人を国会に呼び参考人として「聞きたい」とも新聞報道で
見た記憶ありました。
 こんなことよりも、もっと真面目に「年金の論議して欲しい」ものです。しかし、
政治の世界。何か裏もあるみたいです。日本国民は皆、「国民年金」に加入することに
なっています。しかし、余裕あるのに「加入」しない自営の方がいます。強制的に
納入の手立ても「やる気」なしみたいなのが現状です。若者たちの年金への不信感も
ぬぐいきれていません。
 最近のマスコミの「年金ブ−ム」で一際「注目」を引いたのは、【議員年金】です。
国会議員の年金は、10年以上在籍し、退職した65歳以上の元議員に支給されます。
掛け金は月に103.000円、年二回の期末手当の時に約3万円納めます。
 10年勤続した時は年に412万円(月約34万円)を生涯もらえると言う「おいし
い制度」です。今問題で実現しようとの掛け声だけで「避けてきている」【国庫負担】
は 、ここではなんと70%です。
 先ず「隗より始めよ」の故事のように、先生方は年金改革の前に姿勢を正す必要あり
です。お役人が国会議員の先生方に「知恵」を授けたのでしょう。
 さてさて、議員年金のことよりも、江角マキコ問題に関連したことをインタ−ネット
で見てしまいました。ある週刊誌の中吊り広告で、小泉首相は国民年金に加入していな
いのではないか?というものです。
 60歳過ぎますと「国民年金への加入」は終わります。
真実は私は判りません。しかし、週刊誌が「世間の注目を集めるため」に「ために
する」記事を出したのか否かも判りません。
 パソコンを習い始めてこの秋で満4年になる私は、やっとホ−ムペ−ジの書き換えや
Internetの活用も人様並みに出来るようになりました。 
 ニフティに加入していますが、mailの中で、「木村剛さん」の【ゴ−ログ】の
ことを知りました。正式には『週間!木村剛』と言うようです』
 このURLは 
http:kimuratakeshi.cocolog-nifty.com/blog/2004/03/_3html 
です。この中で、ある方が有力国会議員先生に、「国民年金に加入したか」の問い合わ
せしたところ、返事がなかったそうでした。
 もしも、「国民年金に入らず」に「おいしい国会議員年金に入る」なら「事」は大き
くなります。風評で確認したことではありません。直感として江角マキコの参考人は
こんなところに伏線があるのかとも「かんぐり」ました。
 大事な国民の選良たちが「不毛の年金論議」を行っていることへの私の反発です。

 なお、先の「週間!木村剛」の2004年3月5日号には、
   <厚生年金はネズミ講か?〔コラム〕>がありました。
    
 皆様ご存知の「年金ドタバタ国会」は先日閉会となりました。イラク問題に始まり、
後半は【年金問題の攻防】でした。しかし、諸外国のメデアでは、「笑劇」と揶揄って
いました。
『年金問題の本質』を置き去りにした、国会議員先生方の「未加入・未納の問題」でお終い。
なんたる「堕落ぶり」でしょう。あきれてこのHome Page 書き込みの意欲を
無くしました。私の怠慢が全てですが。言い訳です。
 この間、TVなどマスコミは社会保険庁の「堕落振り」を報じたものの、政府案は参院
でドタバタの内に「成立」してしまいました。
 この後に「1.92」と言う合計特殊出生率が公にされ、「シラケム−ド」は増幅中
です。年金資料の後だしで世間の「年金問題の不信感は深刻なものになっています。
 いよいよ、参院選挙近く、国民各位の「年金問題の不満」はどのようになるのか、関心
あるところです。
 年金問題は「ブラック・ボックス」でそう簡単には「作り直し・再構築」は不可能です。
今のことに関心のある若者は、将来のこと余り考えないことでしょう。
 このままで、「大丈夫と断言」=100年持つは政府与党の考え方です。しかし、言い
ながらも、本心は「心配している」と私は考えます。ここで、政治問題に深入りしたくない
のですが、年金問題は「死体」でしょう。
 政党間の争いでなくて、「国民的な論議」を「真面目に行い」国家百年の「志」をどうして
考えないのか不思議です。
 議員先生の「特権」の【議員年金】も「あの時話題」になったでお終いになりました。

 あの「3党合意」は何だったのでしょうか。

 どう見ても「税金」投入を考慮せねば、年金問題は避けて通れません。しかし、「国会」
でこの点を逃げているのでは、今後の若い人は希望もないことになりましょう。
 それでも、「私は無関心」と言い張るならば、それも一つの答えかもしれません。

 またまた、マニフェストの時期となります。「年金対決」を「封じ込める狙い」か?
小泉さんは、6月17日に「年金見直し・政府協議機関」を来月設置すると表明しました。
 真面目にこの国の「将来のこと」考えて欲しいものです。
どのような展開になるのか、こちらも、真面目にウオッチしましょう。

 参院選挙が近く、新聞・TVなどでは(自民+公明)が民主に追い上げられて「苦戦」し
ていると報道されています。今度の年金制度改正とイラク問題などが、与党の「苦戦」の
原因のようです。また、投票日近くの「予測記事」が当たったことも、外れたこともあった
そうで、どの様になるのかは、神様でない私などの管轄外です。
 
 ただ、お役所の資料の後出し、予測の外れ、「実はこうなる」などの年金問題の複雑さに
国民は怒っていることは、事実です。この上に、TVなどは年金保険料を「財源」として、
役人の宿舎、公用車、その他の「垂れ流し」を伝えております。
 議員先生の公的年金の未加入という、「資料の漏洩」は社会保険庁の「杜撰」とのことで
(二重支払い・請求漏れなどもあった)この役所に「カツ」を入れようとのことです。
社会保険庁のTopを民間人に変えるという、選挙目当てのことも行われています。
 
 さて、ここて、もう一度立ち止まって参院選挙の最大のテ−マである、「年金問題」について
再考してみましょう。年金の問題は事が長期にわたり、数学も入り込み文字通り【ブラック・ボ
ックス】です。こんな難しい大きな事を代議士先生は、果たして判っているのでしょうか?
 「未加入・未納問題」も知らなかったという先生方は厚生労働省のエリ−トの「説明」を
本当に「理解している?」のか聞いて見たいものです。
 結論を先回りして言えば、今回の衆議院の3党合意、参院の強行採決などは何処か可笑しい。

【将来像が判る・見渡せる「具体的な」年金改革の論議】が行われたのか?
過去の「ばら撒き」的な年金行政への「反省」は避けています。各方面に全て良いとの「明るい」
改革はありません。バラ色の改革案は存在しません。正直に認めましょう。
 どの世代も「まぁ仕方が無い」との苦しい・苦い案を受け止める「覚悟」が必要です。
政争でなく、真にこれからの日本を真剣に考える「社会保障」の中の一つとしての、「年金」を
考えませんか?社会保障審議会・年金部会の専門家が考えても幾つかの利害関係もあり、すっきり
しません。専門家が考えても「難問続出むです。26回の審議の結果を踏まえて、お役所と与党は
「保険料固定・給付自動調節」の案=今回の政府案 を選びました。
 しかし、最初から問題含みでした。「保険料を固定した上で、一定以上の給付を約束する」のに
は、「無理」があります。50%を保つとか、後で調べたら50%はキ−プ出来ないとかの報道が
国民に「年金の不信感」をあおります。
 小泉さんが「一元化も視野に」の本音の発言に、野党は「政府案の不備」を認めたとかの揚げ足
どりもでて来ました。
 そもそも【一元化】って、【なんでしょう】か?市川が頭が古いのか?バカなのか?
「公的年金制度の一元化」問題は、1984年(昭和59年)に「1995年(昭和70年)を
目途に公的年金制度の一元化を完了させる」旨を閣議決定しています。
 さらに、1996年(平成8年)3月と2001年(平成13年)3月にも【一元化推進の取り
組み】を決めています。ただ、やっていないと言うだげです。年金財政のおかしくなったJRなどの
救済などスポツト的に話題になっただけでした。私学共済はいやだと言い、公務員共済も勝手なこと
言い張るだけです。
 既に゜船員保険」は厚生年金となり、潰れたJR・JT農林漁業団体職員共済組合は大きな母体の
厚生年金に入っています。
 「一元化」は被用者年金のことなのか?閣議決定を何度も行って「実行したくない」問題なのか?
民主党の「一元化」は、被用者年金だけでなく、自営業者まで含めた(国民年金までも)ようです。
しかし、いくつかの問題点もあります。自営業者の所得の「把握」のこと。厚生年金と一緒になると
月収50万円では現行の13.300円が約5倍の保険料負担になる。肝心なところは示していない
みたいです。

 国民年金未納率が最悪で、強制徴収も上手く機能してなく、お座なりの一罰百改みたいです。
しかも、徴収のコスト割れとか。いっそのこと、国税庁と社会保険事務所の合体で事務の効率化を
図ったらよいのでは。
 なにか 年金問題は 幾つかの点でおかしくなってきていますね。

 参院選挙はご存知の通りで自民は予定のラインを下回りました。国民の年金の問題への関心が高い
為だったからです。
 
有識者による「社会保障懇談会」が立ち上がりました。「明確な将来像」が課題です。年金の問題だ
けでなく、医療、介護から税制の問題とも密接に絡みます。政府は昨年来これらを甘く見たのが、選
挙の結果なのです。この「社会保障懇」始動も遅かったのです。民主党の年金攻撃をかわす狙いも
みえみえです。今までも学者・専門家・財界・労働組合幹部などの「年金審議会」でも「作文」か
「言い訳」で済ませてきたので、当てにして良いのか、「疑問」です。
 文句言うだけでなくて、新しい動きに 注目しましょう。

 あの選挙前の「熱気」は今いずこ?国会議員の「あの議員年金」も「あのまま」のていたらく。
やはり、「一度手にした特権は手離なしたくない」のでしょう。そして、厚生年金の負担はこの10
月から 有効 となりました。年金改革の「熱気」は失せたのでしょうか?悲しいことです。
 公務員の共済年金は「遺族年金受給」で厚生年金と違い、特権があるとか、官民の年金格差も少し
づつ明らかにされてきました。こんなことって、あっても良いのでしょうか?

 残念ですが 今は 年金問題は「無風状態」です。1年前のムンムンとした熱気は「今いずこ」?

消費税の取り扱いなどで 小泉さんが 任期中は 「手」をつけないで そのまま。一元化の問題も
今 何処にいる(?)そもそも、【年金の一元化】の「定義も」怪しくなっています。
根っこの部分からの「一元化なのか」又は 「厚生・共済の一元化なのか」も あやふやの ていた
らくです。1981年に年金制度の大改革が行われて「基礎年金」が出来ました。公務員の年金も
2階部分は「報酬比例年金」で 「こと」は終わったのでしょうか?
 被用者年金の一元化は閣議決定済みです。しかし、官の側は自分たちの既得権を隠しに隠して その
ままで、ポツリポツリと新聞などに問題が出てきます。格差の存在も知らん顔です。
 このような根本のところも怪しくなっており 年金の改革は『絵空事』みたいです。
まず、官が格差を素直に認めることと一般国民は厚生労働省(厚生年金・国民年金)「お上の側」は
財務省、総務省、文部科学省などと大まかに言って 二通りの 役所仕事 を一つにしてからと言いたい
です。この辺で 冷静に過去の事柄を「」大反省してみては如何?

 05年9月11日の国民投票みたいな「郵政選挙」は 小泉さん率いる自民党の圧勝でした.
年金問題・福祉・子育て・外交・その他もろもろを提案した野党の民主党は国民の支持を得られま
せんでした.小泉首相の「郵政オンリー」の訴え・・・つまり,改革の目玉は とりあえず 年金
よりも,「郵政を仕上げて」からに多くの国民は共感を示したのでしょう.
 こんな訳で,野党の岡田さんの訴える「総花的な訴え」は「かすんだ」のでしょう.
 私も,今は国民年金の空洞化という「年金問題も大切」だが,官僚による「お金のムダ使い傾向」
に歯止めをかけて,その上での挙党一致の(年金問題などを政争化としない)真面目な検討を
期待したいと思います.年金改革の道筋では二つの政党では,全く違っていますから.

 それにしても,この項目であげた,「議員年金」正しくは・・国会議員互助年金・・について
真面目に「取り組んで」貰いたい.すでに述べているので,一般国民の年金との「比較」問題は
ここでは繰り返しません.公約済みの「国庫負担の割合も」そのままにして,自分たちだけは
「特別よ」は全く「駄目」です.議員年金の廃止は当然です.
議員さんたちは今まで,何とか少しは検討したとの「見せ掛け」だけで,済ませてきた「前科」
がありました.行き過ぎた優遇は「政治の不信」を助長します.
 新しい議員さんの「ういういしい」発言.「料亭に行きたい」「グリーン車」乗り放題,歳費
など,政治に関心あって投票率をアップした投票者の世論などを良く考えて,この際,正しい
方向に動くことを祈っています.
 口先だけでなくて,実績を示しい欲しいです.今までの既得権にこだわらずにこれこそ
与野党ともに取り組んで下さい.みなが見ていますから.
 その上での,本格的な【年金構造改革】をそろそろ やるべきでしょう.国民は前に与党が
自画自讃した,「100年安泰」を誰も信じていないのですから.
 
 市川は「しかめ顔」で「今後の年金制度は暗くて希望が全く無い」などと,悲観的な言動
は務めて避けようとしています.何時までたっても「制度そのもの」に抜本的な改革を逃げて
いることは認めざるを得ません.仕方が無いので,「議員年金」で「ウサ」を晴らしているのです.

 先ほど,自民の大勝で急にこの問題が「新しい動き」が見えて来ました.少し悪口を言い過ぎた
かと反省したくらいです.しかし,それは,「全くのヌカ喜び」でした.小泉首相の発言で
改革に弾みがついたかと,喜びました.ただ それだけでした.動きは「ちょっとしただけ」
でした.民放のTV番組での「宴会総理だった森前首相」は金持ちだけが議員ではない.
廃止は問題だと「やる気のないこと」を嘯いていました.これが,本音のことでしょう.
そして時間がたちそのままになるのでしょうか.怒る意欲もなくなります.

 少しあきれてこの項目も筆が遅くなりました.色々と報道されていますが.どうやら「問題の
議員年金」はソツなく可決されたみたいです.TBSの”みの もんた”さんが 「けしからぬ」
と TVでまくし立てていますが,こっそりと決めてしまったみたいです.今回は余り新聞報道
など 見当たりませんでした.市川のアンテナの不具合のためでしょうか?
 事実を集めてみます.正直に言って,年金のこと【あきらめ】の境地です.
いっそまこと,100年安泰の事柄(政府自民の考え)から「目」をそむけて ライフプラン
の事柄に じゅく足をシフトしたい位です.こんなことなのですね.
 
 この項目について「少しお休み」していました.時の政府は「向こう100年間安泰」の制度
と豪語しています.私は「本気で言っていない」と考えていますし,お読みのように批判的な
意見を開陳しています.年金問題を良く討論する仲間とも話し合っています.
 為政者は「本気」か 「お役人の考えの鵜呑み」なのか,判りかねています.
 6チャンネルの 「みのもんた・キャスター」が盛んに「議員年金」問題などを取り上げて
います.この項目でもかなり批判しており,この点の勉強をしました.正直に言って,ますます
深みにはまり困惑しています.「根」は思ったよりも深くて複雑なこと判明しました.
 自分の整理が出来かねているので,暫くは 「逃避」するくとにしました.
これが,暫くお休みした「私の言い訳」です.同時に,自民党だけでなく野党第一党の民主党の
年金改革問題もこの間に改めて考えてみました.ここで言いたくは無いのですが,代議士先生
たちは本当にこの国の社会保障問題を真剣に取り上げているのか,否かが私には判らなくなって
しまいました.
 政権与党の自民党を批判していますが,民主党の政策責任者も年金問題の根本を「しっかりと」
捕らえているのか判らなくなりました.国民年金の空洞化対策で「消費税を」と言っています.
 しかし,細部については「お役所」が資料を「公にしないから」とも言い情けない話です.
この党でも根本のことについては不統一なものもあるのかとも勘ぐってしまいます.
 それだけ,年金問題は大きな問題です.私も含めてこの問題の本質を避けているのかとも
思ってしまいます.もしかしたら,大変大変と言うだけで「先送りしているのではないか」と
自己嫌悪に陥ってしまいます.


 年金問題に頭をを痛めている最中に,またまた厄介な事件が持ち上がってしまいました.
ソレは,「国民年金の不正な年金免除」のことです.この項目でも国民年金の空洞化について
何回も繰り返し”問題だ”と言い続けて来ました.組織挙げての「姑息なやりかた」には
【情けない】の一言です.今までも社会保険庁は,その存在が問題視されていました.
 自分たちの組織の温存を「気」にする余り,本来の事柄から「目」をそらして,自己防衛
に走ったのです.どうしようもない困った体質です.組織全体が腐ってしまっています.

 その上に,出生ま率が過去最低の1.25にまで下がってしまいました.
少子化が加速してしまい,年金の将来にまたまた,暗い事項が重なりました.
 今,年金を貰っている人は,現状維持で「なんとかなる」としても,これからの人のこと
想いますと暗澹たる事実にとのように対処するのか心配です.
 ここで,暗いことを話して良い子になろうなぞとは想いません.「評論家然として学者ぶる」
積もりはありません.では,貴方は今どのようにするのかと問われても自分一人で良い案を
持っているわけでもありません.
 今こそ国会の先生方が真剣にこの年金問題に取り組むべきです.
しかし,これだけでは「票」に 結びつかないと考えているのか,或いは怖くて逃げているの
かも判りません.ここで何度も言っている様に,04年の改正は「100年間安泰だ」と
逃げています.もし本当にそう考えているのなら大問題です.
 真に由々しき事柄です.

 最近,この項目は「お休みの状態」です。私の怠慢で大反省しています。
作った人が「100年間安泰」の改革と ”自画自賛”していたことは,ここで書きました。
 このことに対して 《暗い気持ち》になるのです。ここで市川の好まない「悲観的発言」
を「やらない」を考えると 発言を慎重にせざるを得ません。
 正直に言って この国の 年金の見通しは 暗い と 思います。

そこで,少し 最近の私見を述べたいと思います。
年金について真面目に考える 政治家 は いない。問題が大きすぎて 「避けて」いる
ようだと思います。では,お前ヤレ と言われても コレを行えばOKとの名案もすぐには
言えません。問題がありそうなので,言いませんが,政党の いまはやりの マニフェスト
見ても 「腰がふらついて」いると 見ます。ある程度年金に詳しい 代議士さんも
オフレコでは その政党が言うので 今までの経緯から 「そのように」なっているのだが
実際はどうかなぁ・・・なんて聞きます。コレではぐらついています。
 別に 前の首相の小泉さんを 褒める 積もりはありません。しかし,私の考えでは
小泉さんの発言には「ブレ」は無かったように思います。真剣に将来の年金制度像を
模索する 本物の政治家を求めたいです。
 もう一つ。【年金分割】について。よかれと結ばれた新婚さんも 時間の経過で「いろいろ
なこと」も発生し 結婚生活を反省するケースも 出てくるでしよう。性格の不一致。その他。
 そこで,一部のマスコミでは,「離婚したら 自分の年金が増えて」有利である・・・。
こんなように受け取っている妻がいると思います。
 ここで,有利・不利 などとは言いません。じつくりと調べます。
このところの熟年離婚の数が減っているのは,年金法改正の発効を 待っているためとか
TVなどで報道されています。
 社会保険事務所は年金の相談などで混み合っているとのことです。我が国の年金制度は
複雑です。これからは,この上に【民法】の専門知識も 年金の窓口の人は必要になる
と思います。世の中に男と女がいて,夫婦関係も 様々です。
 年金分割に批判の声を上げている積もりはありません。フランスなども行っています。
「損か得か」との観点のみで論じてはいけないと言いたいのです。
夫婦にはいろいろなケースがあるでしょう。マスコミの宣伝以前に「よく調べて」と
言いたいのです。このHPは 年金と「ライフプラン」の二本立てです。
 年金問題に 正直に言って 情熱を強く持ち続けることを反省中です。
もう一つの柱の 夫婦の問題(ライフプラン)にシフトしようかなぁ・・選択肢です。

最近,不要な図書・雑誌などの整理を行いました。数多くの受け取った手紙や押しつけの
ダイレクトメールなど,その都度破棄しますが,後でと一時とっておくこともあります。
 この機会にと これら不要の文書を捨てる機会に 新聞の「切り抜き」も捨てました。
 その時にこんな感想を持ちました。いかに「年金の記事の多いことか」と。

 公的年金の一元化。年金の改正の提議。国会議員年金の問題。政党の公約か
マニフェスト などなど。数年分の全て捨てました。何一つ改善されてない。不毛の内容
でした。空しい思いで 整理しました。この国は年金については(何も出来ない)みたい。
 では,貴方は 「何が出来るのか」と問われれは 頭を下げるだけです。
年金について 正しく説明して 年金について判らない方に判って貰うだけかも。
 ものすごい量の年金関係の「記事」を捨てて,空しいことと感じました。

 最近の年金の話題。離婚時の年金。所得の代替率。つまり,出生率1.26に落ち込んだの
で,厚生労働省は厚生年金を受給するモデル世帯の将来の年金受給見通しを纏めたこと。
   50%(公約) → 現役世代の43%に 2007年2月7日の日本経済新聞。
 年金の「繰り下げ」のこと。公的年金の一元化。など。
 私は基本的には【悲観的な あおり】など言わないようにしていました。
04年の年金の改正は 自民党さんのお偉方は「100年もつ」と言いました。
 信しる 信じないは 皆さんの裁量です。時間遅れて 「離婚の年金の分割」「繰り下げ」
などは,これからが本番です。熟年離婚など「得か 否か」など,民法がらみの 複雑な
ことも 巷での話題になっています。熟年離婚の数値が減ったのは,いよいよ始まるから
との話題性を狙った週刊誌・TVなどもあります。
 そう。いよいよ あの改正が動くのです。良く聞かれます。政府は離婚を奨励している
のかと。世間の話題では誤ったことも言われていて,不愉快です。
 新聞報道などで「年金一元化」問題などをを見ますと,「一体何をしているのか?」と
侘びしい気持ちになります。真面目に考えているのか。何かしないと いけない ので
お茶を濁すだけの 空虚な「時間稼ぎ」を 楽しんでいるのかと 疑います。
 また,現在以上複雑な(一般の国民にとって)年金制度を 繰り下げ など,更に
面倒にことに【年金ゴッコ】を「楽しんでいる」ように感じます。悲しいことです。
 
【離婚時の年金の分割】について。この内容について,「慎重に考えてみては!・・・」
との新聞記事を見かけられる様になりました。大変に良い傾向です。
 一部のマスコミではセンセーショナルな「話題」の提供の模様で 憤慨していました。
少し時間も経ち「この内容について」真面目に考えられて来たのかも知れません。
 最近の離婚件数の低下は,マスコミの「年金分割」の煽り のためだ・・・との
興味を「煽る」傾向もあって,夫族も心配していたとの報道も見られました。
 離婚したら単純に「年金の半分」を貰えるものと簡単に思っていた人も,自分の
思い違いだった・・・と 世間で判ってきたせいかもしれません。
 「離婚」が悪いなどと言う積もりはありません。どうしても「やり直したい」との
夫婦もいることでしょう。ただ,この年金の分割について 良く中味を知った上での
行動を取って欲しいと考えています。興味本位のマスコミの(うわべ)のPRに
乗らないで,本当に年金について詳しい人の意見・解説を聞いた上での「結論」として
欲しいと思っています。
 かなり以上難解な年金問題に「民法問題」も加わりますと 益々 「めんどう」に
なってしまいます。充分に「知識」を得た上での決断として下さい。

 ●【年金記録の空白】の 騒動。今 日本国中 大問題です。悲しいことです。
歴代の社会保険庁の長官,その上の当時の「厚生大臣」の責任を追及よりも,事実の
確認と その解決策を早く行い,”やたら”国民の 更なる「心配を解消する」こと
を,最優先にして欲しいと思います。
 この問題。政治問題にもなっていますが,お役人も 議員さんも 冷静に考えて
【何故こんな事になったか】【未だ隠された「もの」がないのか】などを調べる
事が大切です。(今まで 何故か ソノママ になっていた)
 私は以前に読売新聞の「年金欄」を担当していました。
この時に,「年金の貰い忘れ」をかなり 大きな項目と考え 皆様に 
「記録は大切と」しつっこく 書きました。
 この年金の記事を見て 「貰い損なった年金を頂いて」良かったと 感謝の手紙
を頂いたことが多くありました。その当時のことを思い起こしました。
 年金欄執筆の私の基本の方針こと。→ 「年金の記録」は基本で大切です。
コレは正しい判断でした。
 この機会に 今はやりの マスコミなどで煽るような 【脅かし】でない
私の考えを簡潔に記します。
◇この問題は 二つある。@1997年「基礎年金番号」移行時の トラブル。
 Aそれ以前の記録の ”ミス”のこと。(これは可なりりそうだ?)

 「紙」→「マイクロフィルム」→「磁気テープ」と「記録のやり方」の
落ち度など 大まかに言うと 二つの流れが あるようです。

 日本の厚生年金は 「社会保険方式」をとっています。一定額の徴収でない
コレが 納入記録(各人の収入で異なる)の 混乱の源です。
 週刊誌などでは,”年金騒乱”とセンセーショナルな見出し も あります。
国民 の大騒ぎは 良く理解出来ます。与党・野党とも 政治の道具よりも
「国民の不安の解消に 努めて貰いたい」と強く望みます。
 正しく(幸いにも)受給している人も「アレ なに 私も・・・・」と
心配になります。攻撃した野党の議員さんも 偉いと思いますが,「どさくさ」
の【年金時効特例法案】は 逆に皆の不安を呼び起こすと 見る人も多いのも
事実です。私は5年時効の撤廃には 賛成ですが。

▼ 年金の記録の消えたこと。毎日,TV・新聞等でで話題になっています。
参院選挙の時期です。政党の駆け引きにもなっています。
 とうとうここまで来たか・・・の「第三者機関」も動き出しました。
まともに支払ったのに,記録が消えて無い・・方には,同情します。
 新聞では徴収した会社がその保険料を着服した なんての実態も報道
されていました。「猫ばば」した会社に請求するとのことです。
 さて,この年金記録の管理については,「政争の材料」は【ふさわしい
問題】か 私は疑問に思います。このような事態を関係者は 知っていて
黙っていた のではないでしょうか。かく言う私は 「問題大あり」と
20年以上前から判っていました。「知らんぷり」した関係者のほうが
問題でしょう。この際一気に「膿(うみ)」を出したら良いとも
思っています。
マスコミあたりも冷静に どのようにしたら 自分の記録の確認が可能か
など 建設的な・前向きな内容を知らせて,国民を明るい方向に向ける
努力をお願いします。やや,最近は落ち着いたのか この傾向に向かって
いる気配を感じますが。
 保険料の支払いと 年金の受け取りとは 可なりの時間もあります。
私のHPの中で,厚生年金基金に在籍し,短期間で退職した場合のことを
書きました。市川のホームページ TOPペイジの【メニュー】の
○得する年金情報 の A {厚生年金基金の加入員が「短期間」の人の年金}を
見てください。そのままにしておくと,《中途脱退者》の部分の年金は
貰えません。ここでは 「厚生年金基金連合会」と書いてありますが,
2005年10月から【企業年金連合会】と名称が変りました。
【企業年金連合会】で検索して下さい。
自分の年金は自分で管理し,「貰い忘れのない」ようにしてください。

この年金騒乱の時「企業年金未払い 要注意はこんな人」なる朝日
新聞の記事もありました。
 ここで私が《自分の受け取れる年金は、自分で管理してね!》との
提案・呼びかけ通りの新聞報道です。身近な人には注意するように説明
していますが。「制度の複雑さ」のせいなのでしょうか?
 コレには行政の指導や「判りやすくする」方策を練るほかに、年金基金
や人事部門の”暖かい援助”などが必要になると思います。
 日経新聞(07年12月28日付け)によると、厚生年金基金で「13万7千
人の年金の未払い」があるそうです。【請求無く996億円】とあり、
住所不明、通知届かず・・・とのことです。25年ほど前に当時の
厚生年金基金連合会の担当者からこのことを聞きました。これを元に
私のHPの上でも、もう絶版になった読売新聞社から出した市川の年金
の本でも「貰い忘れ」の無いようにとの問いかけも、「カラぶり」たった
のかと心を痛めています。
 制度の複雑さ・本人の理解の不足など 理由は多くあると思います。
企業の人事担当者、年金基金、社会保険労務士さらには企業年金連合会
の皆さんの心温まる援助を期待しています。


【わかりにくいねんきん得別便】・・とか、今問題になって久しい。
大変に困ったことです。ハッキリさせる努力は買います。
しかし、混乱しているのも事実です。
 友達からも相談を受けました。その人は年金を既に受けています。
「正しい」と返事したのに「落ちはないか?」と催促の得別便が来た。
どうしたものか」の問い合わせでした。
社会保険事務所はこのためか大変に混雑し、大分待たされる・・との報道
も見られます。友人には「加入月数」が正確なら その旨を返事したら・・
と答えました。実はねんきんを受けている家内にも「特別便」が来ました。
 前からこのあたりを正確に抑えていたので 内容はをKと返事しました。
家内の場合はそのままでした。かえって混乱もあるのでしょうか?
 そもそも、「制度の複雑」が全ての原因です。
年金問題を政争の道具にしてはいけません。問題は判っていて其の侭にした
役人の体質でもあります。マスコミも読者を増やすため・・・と 騒ぎ立て
無い様にしてほしいです。




 この項 続く

   
          TOP頁に戻る